【一条流がんこラーメン総本家/四谷三丁目】しょっぱ旨なのに不思議と優しくて沁みる一杯を啜る!

スポンサードリンク

“二郎”、“家系”、“中本”など、「ここでしか食べない!」みたいな熱狂的なファンが多いジャンルってありますよね。
今回はそんな熱狂的なファンが多いラーメン屋さんにお邪魔しました。

外観

四谷三丁目駅から徒歩3分くらいのところにある『一条流がんこラーメン総本家』さんです。

日曜日の10:40頃の訪問でしたがこの時点で20人強の並びが…!
知ってはいたものの、ものすごい人気ですね。45分くらい並んで店内へ。

店内はカウンター席のみ。
席に着くなり家元(店主)が「定番とスペシャルどっちにする?今日のスペシャルはね…」とラーメンの説明をしてくれました。
ちょうどスペシャルの日だったらしく、この日のスペシャルは浅利やかぼちゃやスイカ(!)を使ったスープとのこと。

めちゃくちゃ気になりましたが「来るの初めてなので…迷いますねw」なんて言うと「じゃあ定番にしようか!」と家元。
きっとすぐ再訪するのでそれでお願いしましょう…!w

家元もそうなのですが、隣に座っていた常連さんもすごく気さくに話しかけてくださって嬉しかったです。
雰囲気からすでにこの店の虜になりそうな自分が居ましたw

…では本題に入りましょうか!

自由が丘

今回いただいたのは『自由が丘』(800円)

事前情報として「綺麗なスープは“自由が丘”、濁ったスープは“下品”」というのは知っていたので、こちらは自由が丘ですね。
…それにしても特製でもないのにトッピングがすごいw
これだけ乗っているのに800円ってお得すぎるというか大丈夫なんですかね…w

スープ

スープは魚介と牛骨の旨味がギュギュッと詰まったしょっぱ旨タイプ。
すごく素朴で優しくてあたたかみがあり、個人的にはストライクでした…!

麺

麺は中細縮れ麺。
プリプリとした歯ごたえで綺麗なスープとよく合って美味い…!
デフォルトでも200gあるらしく、普通にお腹いっぱいになりますねw

チャーシュー

このチャーシューがすごかった。
肉の旨味、甘みがとても強く、驚くほどジューシーで肉汁がバンバン溢れてきます!!
その上大ぶりでぶ厚いなんて最高としか言えないじゃないか…w

他のトッピングはカニカマ、味の染みたジャガイモ、味玉、メンマ、海苔等。
先ほども言いましたがこんなに乗せていいの?というほど個性的でバラエティ豊か。
どれも素朴で温かみのある味がしてめちゃくちゃ美味しかったです…!

家元の人柄がそのままラーメンに表れている優しくて心に沁みる一杯でした!
これは確実に通ってしまう…w もちろん“推し麺”です!

では今回はこの辺で。ごちそうさまでした!

粋な一言

関連ランキング:ラーメン | 四谷三丁目駅曙橋駅四ツ谷駅

スポンサードリンク