【らーめん稲荷屋/稲荷町】フレンチ出身の主人が作る繊細で味わい深い一杯を啜る!

スポンサードリンク

フレンチ出身の主人が作るラーメン”って謳い文句、なんだかワクワクしませんか?
…僕だけ…みたいですね。いや、きっと僕と同じくオタクなら分かってくれるはず…!
今回はそんなフレンチ出身の主人が作るラーメンを啜りに行ってきました。

外観

東京メトロ銀座線 稲荷町駅から徒歩3分くらいのところにある『らーめん 稲荷屋』さんです。

この外観のインパクトよ…w
黄色ベースに赤字の看板を見るとどうしてもモヤシのタワーがちらつく…w

店内はカウンター席とテーブル席があり、シックな雰囲気。
ティッシュ、ハンガー完備でした。
中休みがある店が多い中、通し営業をしている点は利用しやすくていいですね!

稲荷屋さんといえば僕の中でのイメージは冒頭から言っている“フレンチ出身”という事と、“フレンチの技法満載の限定メニューが美味しい”という事。…ですが、今回限定はすでに売り切れ。残念。。
ちょうど次の限定に切り替わる前の日(最終日)だったので仕方ないですがw

…では本題に入りましょうか!

醤油(細麺)

今回いただいたのは『醤油(細麺)』(700円)

澄んだルックスのスープにカイワレ大根。洗練されている感じが出ていますね…!w
着丼した時にフワッと来る醤油の香りもいいです!

ちなみに写真の一杯は切り損じのチャーシューをおまけで入れて下さったものになります。
ありがたい…!!

スープ

スープはラードが先導する甘めの豚清湯(?)スープ。
動物系の旨味と角のない醤油の香りが広がる味わい深いスープです…!

麺

麺はストレート細麺。
つるんと啜り心地がよく、啜る際に勢いがつくためスープの風味をよく広げてくれます…!
クニュとした柔らかくて控え目な食感も良かったです。

太麺を食べていないので断言はできませんが、個人的には細麺の方がスープと合うかな~と思いました。

チャーシュー

チャーシューは低温調理タイプ。
箸で持ち上げるだけで切れてしまいそうな程柔らかくて、その上ジューシー。
口に入れた瞬間に肉の甘みを強く感じました…!めちゃくちゃ美味しいですよこれ!w

切り損じと思われるチャーシューは薄めのが一枚あったのでそれだと思うのですが、スープによって熱が入りワイルドな肉肉しさがあって美味しかったです…!
ただ、肉の甘みをより感じるのは通常の厚さのチャーシューだったので、「厚さって大事だなぁ…」とちょっと勉強にもなりました。w

一つ一つに繊細な仕事ぶりが見える味わい深い一杯でした!
次に来た時は絶対限定を食べよう…!もちろん定番メニューは“推し麺”ですよ!

では今回はこの辺で。ごちそうさまでした!

関連ランキング:ラーメン | 稲荷町駅新御徒町駅田原町駅

スポンサードリンク