【麺屋はなび/西早稲田】極悪超重量級パンチ力の元祖台湾まぜそばを啜る!

スポンサードリンク

まぜそばのメリット”とは。
よく聞くのは「ラーメンに比べてヘルシー」という意見。確かにそれもあります。でも僕は思うんです。
スープが無い分まぜそばの方が暴力的なチューニングが出来る」…と。
今回はひたすら暴力的なまぜそばを求めてこちらのお店にお邪魔しました。

外観

東京メトロ副都心線東新宿駅から徒歩6分くらいのところにある『麺屋 はなび』さんです。

台湾まぜそばの元祖である『麺屋 はなび』さんの都内進出店です。
いつか本店にもお邪魔したいですねぇ…いつになるか分かりませんが…w

サーバー

外待ち中に嬉しい麦茶のサービスが…!
しかもめちゃくちゃ冷たくて美味いw 蒸し暑い日だったので嬉しいですね!ゴクゴク飲んでしまいました。w

店内はカウンター席のみで、清潔感があります。
荷物置き、ティッシュ、紙エプロン完備。

食べ方

到着までの間に食べ方の心得を読んでおきましょう…!
“追い飯”とか知らないと損ですもんね。“追い飯ありきの台湾まぜそば”だと思います。

…では本題に入りましょうか!

ど肉台湾まぜそば

今回いただいたのは『ど肉台湾まぜそば』(1130円)

THE 台湾まぜそばなルックスですね!…元祖だから当たり前ですけどw
綺麗に盛り付けられていますがレンゲと箸を使って容赦なく混ぜましょう…!

麺

良い絡み具合だ…!

麺は平打ちの縮れ太麺。
生パスタのようなモッチモチの食感で、タレをガシガシ絡め倒しています。

啜るとニンニク、ニラ、台湾ミンチのパンチがズドンと響きます…!
初手から極悪すぎるヘヴィ級パンチで堪らないですねぇ~w
二口目からは魚介の旨味や卵のマイルドさ、ネギの辛味のアクセントを感じました…!

さすが『はなび』だけあります。旨味が打ちあがって大輪の花を咲かせています
…忘れて下さい。

コロチャー

コロチャーは“豚そのまま”といった噛む度に豚の旨味を感じるワイルドタイプ
タレとニンニクのジャンクさもプラスされていて美味い…!

…さて、あっという間に麺を食べきってしまいました。
じゃあアレをお願いしましょうか…。

追い飯

追い飯投入…!
麺の時よりもダイレクトに、パワフルにタレのパンチが効いていて美味い…!!
これ以上言う事はありません。完璧です。

「なぜ誰もご飯の上にこのタレをかけた丼を商品化しないんだ」と思うくらい好きです…!w

超重量級パンチで極悪チューニングな一杯でした!
これを食べたらその日はもう人と会っちゃダメですね。確実に嫌われますから。
でもそれでも食べたくなります。だって“推し麺”なんだもん。

では今回はこの辺で。ごちそうさまでした!

関連ランキング:台湾まぜそば | 西早稲田駅東新宿駅新大久保駅

スポンサードリンク