【新店】カルト的人気を誇る『元祖一条流がんこラーメン』が立川に!この一杯、中毒性がヤバいぞ…!

アイキャッチ

こんにちは。東京ラーメンタルヒビ機です。

今回ご紹介するのは、2021年10月に「立川らーめんたま館」内にオープンしたラーメン店。
そして今回オープンしたのはただのラーメン店ではなく、ラーメンマニアの間でカルト的な人気を誇る【元祖一条流がんこラーメン】の分店とのこと。

そうとなったら行かないわけにはいかないと言うことで早速、がんこの血が流れる一杯を食べに行ってきました。

ヒビ機
がんこはざっくり言うと二郎よりディープでアングラなラーメンだよ

※この記事では総本家および分店からなるグループ全体を【元祖一条流がんこラーメン】で統一しています。

たま館に誕生した『元祖一条流がんこラーメン』へ

内観

立川駅から徒歩約3分「立川らーめんたま館」内にある『元祖一条流がんこラーメン 立川たま館分店』。

2021年10月2日オープン。
家元(創業者)の一条安雪氏の弟である一条進氏が営む『元祖一条流がんこ総本家 相模原分店』で修行された方が運営する、【元祖一条流がんこラーメン】のひとつ(分店)です。

余談ですが、【元祖一条流がんこラーメン】は店頭に牛の骨が下がっている時が営業中です。

券売機

メニューはこんな感じ。
基本は「塩」「正油」「辛痛麺」「つけ麺」「俺様中華そば」の5本で、その他トッピングやご飯もの、ドリンクと言ったラインナップです。

今回は、看板と思われる「塩(モモ)」をポチり。

濃さ

選べる味の濃さは「基本のがんこ味」である“LEVEL4”でお願いしました。

魚介節のいい香りと共に「塩(モモ)」が到着!

塩(モモ)

待つこと数分。魚介節のいい香りと共に「塩(モモ)」(850円)の“LEVEL4”が到着。

澄んだ黄金色のスープに黄味の強い麺が泳ぎ、チャーシュー、メンマ、ネギ、海苔がトッピングされています(この日はチャーシューが小さかったそうなので2枚乗っています)。

スープは攻めの塩分がクセになる中毒性のある味わい!

スープ

まずはスープから一口。

しょっぱうめぇ〜!

スープを口に含むと、まずは魚介節の旨味と香り、そして丸みのある塩ダレの塩味が押し寄せてきました。
そしてそれらの後から、動物系と思われるふくよかな旨味が追いついてきます。

【元祖一条流がんこラーメン】は攻めの塩分が特徴のひとつですが、このスープ(LEVEL4)は「塩からい」のギリギリ手前の塩分バランスですね。
塩気も丸いので飲み進めても喉が渇かないですし、レンゲを運ばせる中毒性があります。

麺

麺は中細のちょい縮れ。
たまご麺のようなプリプリとした食感で、噛むと小麦の甘みがふんわりと広がります。

ヒビ機
ちょっと昔っぽくていいね

噛むごとに旨味が滲み出るモモチャーシューも美味い!

チャーシュー

モモチャーシューは肉質しっかりめで、噛めば噛むほどに肉の旨味が滲み出る逸品。

チャーシューはモモ、バラ、鶏から選べますが、肉の旨味重視ならモモ、甘みと口溶け重視ならバラ、しっとりさっぱりなら鶏と言ったところでしょうか。

まとめ

魚介節の旨味と強めの塩分がレンゲを進ませる、中毒性の高い一杯でした!

数年前に一度だけ四ツ谷の総本店に行きましたが、今回久しぶりに食べて(分店ですが)「そう言えば【元祖一条流がんこラーメン】ってこんな感じの中毒性あったな〜」って思い出しましたね。

他のメニューや他の濃さも気になるので、また食べに来ようと思います。

では今回はこの辺で。ごちそうさまでした!

【東京ラーメンタル】のTwitterもよろしくね!

●細かいチェックポイント●
味の重さ:あっさり
温度:熱すぎず、ぬるくなく
提供時間:3分(早め)
お冷:2杯目からセルフ。冷たい
店内温度:少し暑い
混雑具合:平日12時半で待ち時間なし
備品:ティッシュ、ハンガー、アルコール消毒液
卓上調味料:胡椒

タイプ:
エリア:立川市 / 八王子市周辺
推し麺度:☆8

関連ランキング:ラーメン | 立川駅立川南駅立川北駅

アイキャッチ