旨辛豚骨味噌×極太乱切り麺!府中『麺創研 紅』はやっぱり“究極の辛旨”だ!

アイキャッチ

こんにちは。東京ラーメンタルヒビ機です。

今回ご紹介するのは、以前一度行ったことのある辛旨の名店『麺創研 紅』。
「あれ? また同じところ行ったの?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、今回は府中の本店(前回は国分寺店)。

……というのは後付けで、本当は隣にある『麺創研 紅 BLACK』に行く予定が休みだったので(リカバリーの為に)訪問。
美味しいのは知っているので損はしないだろうということで、久しぶりに食べに行ってきました。

ヒビ機
定休日はちゃんと確認しような

辛旨な味噌ラーメンを食べに『麺創研 紅』へ

外観

府中駅直結「ル・シーニュ」1階にある『麺創研 紅(めんそうけん くれない)』。

2010年7月オープン(この場所でのオープンは2017年7月)。
濃厚辛みそ×極太乱切り麺×ドカ盛り野菜というガッツリ系のラーメンが人気で、過去には「食べログ百名店」にも選ばれた実力のあるお店です。

券売機

メニューはこんな感じ。
基本は「紅らーめん」「鬼紅らーめん」「みそらーめん」とそれぞれのつけ麺の6本で、その他ご飯ものやドリンク、おみやげメニューと言ったラインナップです。

今回は、前回の訪問時と同じく「紅がっつりセット」をポチり。
ライスの量は大・中・小から選べたので、大でお願いしました。

赤いスープが食欲を刺激する「紅らーめん」が到着!

紅らーめん

待つこと数分。味噌と唐辛子のいい香りと共に「紅らーめん」(単品840円)が到着。

こってり濃厚そうな味噌スープに、豚バラ、野菜、糸唐辛子がトッピングされ、仕上げに真っ赤なラードがかけられています。

スープは味噌と豚骨のズシッとした旨味に辛味が乗る濃厚テイスト!

スープ

まずはスープから一口。

おー! こってり! 辛い! 美味い!

スープを口に含んだ瞬間、重心低めな豚骨と味噌の旨味とビリリと効いたラー油の辛味がガツンと殴りかかってきました。
旨味・辛味の中にあるニンニクの風味もパンチがあってグイグイ惹き込んできます。

相変わらずどっしり構えた濃厚さ、ハードパンチャーなスープです。

麺は中太から極太まで。強靭なコシがあってめっちゃ美味い!

麺

麺は自社製麺製の縮れ麺。
太さは2〜10mmの7種類をランダムに散りばめているらしく、細い麺はスープをよく運び、太い麺は強靭なコシと強い小麦の風味を感じる“啜っても噛んでも楽しい麺”です。

ヒビ機
10mmの麺を噛んだ時の“当たり”感が楽しいな
豚肉

豚バラは前回同様ライスのために温存しておきます。

麺の後は豚バラと温玉で“紅スタ丼”を作って楽しむべし!

ライス

麺を食べ終えたら「ライス」(単品100円)の上に豚バラと温玉を乗せて“紅スタ丼”を作って〆。

ピリ辛こってりなスープを纏った豚バラがマイルドな甘みを持つ温玉を絡めながら米と一緒に飛び込んでくれば、そこはもう天国。
『麺創研 紅』に来たらここまでがワンセットですね。

ヒビ機
これが1番美味いまであるな

まとめ

ピリ辛こってりスープと乱切り麺がクセになる、濃厚辛旨味噌ラーメンでした!

久しぶりに食べましたが、相変わらず美味しいですね。
次は「紅つけ麺」あたりを攻めてみようと思います(国分寺店編で次食べると言った「紅まぜそば」はこちらにはないみたいですね)。

では今回はこの辺で。ごちそうさまでした!

【東京ラーメンタル】のTwitterフォローしてね!

●細かいチェックポイント●
味の重さ:こってり
温度:熱すぎず、ぬるくなく
提供時間:8分(標準)
お冷:2杯目からセルフ。冷たい
店内温度:適温
混雑具合:平日11時で待ち時間なし
備品:紙ナプキン、つまようじ、紙エプロン
卓上調味料:なし

タイプ:味噌
エリア:調布 / 府中 / 狛江
推し麺度:☆8

関連ランキング:ラーメン | 府中駅府中競馬正門前駅府中本町駅

アイキャッチ