【銀座】シビれること雷の如し!花椒の爽快感がヤミツキになる『175°DENO担担麺』

銀座と言えば、グルメも街並みも高級なエリア。ヒビ機みたいなラーメンばっかり食べている人間には無縁なイメージがあるかもしれません。
……が、実は個性的なラーメン店や新店が進出する隠れ激戦区なんです。

そしてそんな銀座に最近、北海道から担担麺のお店がやってきました。
調べてみると店名もなんだか変わっていて美味しそうなビジュアルをしているじゃありませんか!

ヒビ機
そうなったら我慢できない だろ? はよ行くぞ

 北海道から来た担担麺専門店『175°DENO担担麺』

外観

東京メトロ銀座一丁目駅から徒歩1分くらいのところにある『175°DENO担担麺(ひゃくななじゅうごどでのたんたんめん)

札幌を中心に展開する担担麺の専門店で、本店は「食べログ ラーメン 百名店 EAST 2017」に選ばれる人気店です。
ちなみに店名の175°はシビれの元である花椒(ホアジャオ)を炒る時の温度、DENOは店主の名前だそう。

店内はカウンター席とテーブル席があり、モダンで落ち着いた空間。
アジアンテイストなBGMも雰囲気あってよかったです。
つまようじ、紙エプロン、ヘアゴム、荷物置き完備。

 

卓上調味料

卓上の味チェン要員は自家製のラー油。
「もし辛さが足りなかったら入れて下さい」とのこと。

ヒビ機
アホほど辛党だから後で使うよ

 花椒の爽やかなシビれがクセになる「汁なし担担麺 すごくシビれる」

汁なし担担麺 すごくシビれる

今回いただいたのは「汁なし担担麺 すごくシビれる」(900円)

辛さは「シビれない」「シビれる」「すごくシビれる」の3種類があり、「すごくシビれる」以外は850円でした。
食券を渡す際に素揚げ山椒を乗せるか訊かれ、今回はありでお願いしました。

 ひき肉、ナッツなどの汁なし担担麺の王道トッピングたち

ひき肉

混ぜる前にトッピングチェック。こちらは醤で炒めたひき肉(と素揚げ山椒)

 

海老やナッツ

こちらはカシューナッツとエビ。

汁なし担担麺の王道トッピングがデフォルトで乗っています。
追加でパクチー、チーズ、温泉卵、花椒三種盛などもありました。

 親の仇のようによく混ぜてからいただきます

混ぜた後

言うまでもありませんが、よく混ぜてからいただきます。
言うまでもありませんが、混ぜないと味にバラつきがでます。

ヒビ機
尺稼ぎパートか? ここ

 爽快なシビれをまとったピロピロ平打ち太麺

麺

ピロピロでモチっとした平打ちの縮れ太麺を啜ると、スカッと爽快な花椒の香りとシビれが広がります。
中華では辛さを辣味(ラーウェイ・辛味)と麻味(マーウェイ・痺れ)の2つで表現するのが一般的ですが、こちらは完全に麻味先行で口の中がビリビリ痺れます

ただ、シビれの中にゴマのコクや甘み、ひき肉の旨味、ナッツとエビの香ばしさがあるので、飽きさせない複雑な味わいです。

 辣味をブーストする自家製ラー油

自家製ラー油

少し食べたところで自家製ラー油を投入。
スプーン1杯分混ぜると辣味がグッと出てきて2種類の辛さのバランスがよくなります

ヒビ機
いわゆる辛党の人は2杯くらい入れてもいいかも

まとめ

花椒の爽快なシビれとラー油の辛さがクセになる汁なし担担麺でした!
帰り際に「シビれは大丈夫でしたか?」と訊かれ、「まだまだ行けますね」と言ったところ、花椒三種盛を勧められたので次回はもっとシビれるチューニングで食べたいと思います。

では今回はこの辺で。ごちそうさまでした!

 

外観

●細かいチェックポイント●
味の重さ:ややこってり(シビれる)
温度:温かい
提供時間:5分(早い)
お冷:セルフ。冷たくて美味しい。
店内温度:やや暖かめ
混雑具合:平日19時前で3割くらい

タイプ:担々麺 / 汁なし担々麺
エリア:銀座 / 新橋 / 有楽町
推し麺度:☆7

関連ランキング:担々麺 | 銀座一丁目駅銀座駅有楽町駅