【吉祥寺】8/1オープン!ガッツリなのにどこか上品な二郎系油そば『麺ハチイチ』

アイキャッチ

「2018年8月1日に吉祥寺にオープンした『麺ハチイチ』が、二郎系の油そばを提供しているにも関わらずオシャレで良かった!」

そんなツイートを見かけました。
決して「二郎系=汚い」という考えを持っているわけではないしdisる訳でもないですが、ジロリアンじゃない人が二郎に行きにくい理由の一つに店の清潔感ってあると思うんです。となるとどうせ行くなら綺麗なお店、なんならオシャレな方がいいじゃないですか。

という事で今回は、そのツイートを信じつつ、新しいラーメン店への好奇心を胸に吉祥寺に行ってきました。

ヒビ機
また燃えそうな前書きしよって……

8/1オープン!二郎系の油そばを提供する『麺ハチイチ』へ

外観

吉祥寺駅から徒歩5分くらいのところにある『麺ハチイチ』。

2018年8月1日オープンのこちらのお店は、吉祥寺「ハチイチホルモン」、西荻窪「はや人」、田無「油そば 5坪」の3つの店舗の姉妹店。オープン日は店名のハチイチに狙ったんでしょうかね。夜はヌードルバー『81 NOODLE BAR』としても営業しているとのこと。

外観は最近よくみるオシャレなうどん屋さんみたいな感じ。さっそく中に入っていきましょう。

券売機

店内に入るとまず見えるのは券売機。

左上の法則(お店イチオシは左上に配置されがち)に従うと「醤油豚骨麺」を押したいところですが、今回のお目当ては二郎系の油そば。なので右上にある「油そば野菜増し増し」をポチリ。

券を渡すタイミングでアブラとニンニクの量を訊かれたので「アブラ多め」にしてもらいました(マシと言ったら多めになったのでマシマシにできるかは微妙なところ)。

店内

店内はこんな感じ。ステンレス製のカウンター、店員さんはカフェ店員的な服装で、二郎系を提供しているとは思えないようなオシャレな雰囲気です。

白Tシャツを着ていたからか、そっと紙エプロンを用意してくれるなど、ホスピタリティの面でもかなり良い感じでした。

ヒビ機
ここまで二郎っぽさはゼロだな
姉妹店

卓上調味料の近くにあったポップには姉妹店の情報が。到着までしばし待ちます。

「油そば野菜増し増し」が到着!店の雰囲気に反してガッツリ体育会系だ!

油そば野菜増し増し

待つこと3分弱。「油そば野菜増し増し」(800円)が到着。

めっちゃ二郎じゃ~~ん!!!!

店の雰囲気が二郎系とかけ離れていたため「どうせオシャレなボリュームの二郎系が出て来るんでしょ?フンッ」と斜に構えていましたが、思わず正面に構え直しました。どこからどうみてもガッツリ体育会系のビジュアルです。

油そば野菜増し増し

横から見るとこのボリューム。モヤシとキャベツが8:2くらいの山・チャーシュー・味付きアブラ・メンマ・醤油漬けニンニクがトッピングされ、その下には麺とタレがあると思われます。

ちなみに写真を撮ろうとカメラを構えたら「こっち正面なんでぜひ」と店員さんが教えてくれました。なんて神対応なんだ。丼ぶりには「5」と書かれているので、さっきのポップからするに「油そば 5坪」の油そば(もしくはそれに近いもの)なんでしょうね。

取り皿

そうこうしていると再び店員さんが来て「食べにくいかもしれないので良かったら取り皿どうぞ」と。またしても神対応ですよ。

分けておく

せっかくなのでチャーシューとメンマを乗せておきます。

まずは野菜の山(実質サラダ)から攻めていくぞ……!

野菜

まずは野菜の山から倒していきます。

野菜はシャキシャキで水道水臭さもなく、味付きのアブラが甘じょっぱいので実質サラダ。量は大人の男の手で3掴み分くらいですかね。

半分くらい食べた

丼ぶりの「5」の真ん中くらいまで野菜なので結構あります。天地返し(ヤサイと麺をひっくり返す技)しないで食べると大体このくらいで麺を捉えられるようになる感じですね。

ヒビ機
見た目はすごいけど食べるとわりと軽めだよ

やっと出てきた麺は二郎系の麺ではなく油そばのプリプリ麺だった!

麺

やっとでてきた麺は丸みを帯びた中太縮れ麺。

二郎っぽい小麦感満載のオーション麺ではなく、モチっとした食感で甘みが非常に強い麺です。同じ吉祥寺で例えるなら「ぶぶか」の麺に近い“油そばっぽさ”がありますね。

ヒビ機
個人的には面白かったけど二郎系だと思って食べるとつんのめるかも
タレ

タレは二郎に例えるなら“醤二郎”タイプ。デフォルトで醤油漬けニンニクが入っていたからというのもあるかと思いますが、エッジの効いた醤油にニンニクがガツンと効いた体育会系の味です。

タレの量がちょっとしたスープくらいあるのは二郎系まぜそばあるある。

チャーシュー、メンマも二郎系っぽくなく、なんだかオシャレな味で美味い。

チャーシュー

写真は最初に戻りますが、ここでトッピング類もいってみます。

チャーシューも麺と同じく二郎っぽくなく、どちらかと言うと低温調理系っぽい“くちっ”とした柔らかい食感、甘みが強いタイプです。「二郎の攻略の鍵はヤサイの量ではなく豚の質」という格言がありますが、こういうチャーシューは個人的にはアリですね。

メンマ

メンマは甘じょっぱくて濃いめの味付け。ブラックペッパーがしっかり効いているので箸休め的な感じで美味しかったです。

まとめ

完食

綺麗に完食。

ガッツリ体育会系な部分とオシャレな部分のある二郎系油そばでした!

今回は野菜増し増しにしたのでドエライ感じになっていますが、増さなければ二郎っぽい味の普通の量の油そばになると思います。ちなみに夜営業は綺麗なラーメンを提供しているそうなので今度食べてみます。

では今回はこの辺で。ごちそうさまでした!

グラス

グラスがかわいい。

【東京ラーメンタル】のTwitterフォローしてね!

●細かいチェックポイント●
味の重さ:こってり
温度:熱すぎず、ぬるくなく
提供時間:3分(早め)
お冷:二杯目セルフ。つめたい
店内温度:適温
混雑具合:日曜12時で待ち、先客ゼロ
備品:紙ナプキン・紙エプロン
卓上調味料:醤油・酢・ラー油・胡椒・おろしニンニク

タイプ:二郎 / 二郎インスパイア系
エリア:吉祥寺 / 三鷹 / 武蔵境
推し麺度:☆6

関連ランキング:ラーメン | 吉祥寺駅井の頭公園駅

アイキャッチ