刺激的でフルーティー!“ぶどう山椒”を使った唯一無二の麻婆麺『箸とレンゲ』

アイキャッチ

日本に数あるラーメングループの中でも特に個性が強いと思う【MENSHO】グループ。つい先日オープンした『MENSHO SAN FRANCISCO』なんかはA5ランクの黒毛和牛を贅沢に使っていたりと衝撃を受けました。

さて、今回行ってきたのは【MENSHO】グループの中でも一風変わった麻婆麺を提供するお店。実はオープン初日に一度行っていますが、色々進化しているとのことなのでその辺も確かめてみたいと思います。

ヒビ機
最近よく麻婆麺見るようになったよね

唯一無二のフレッシュさ?一風変わった麻婆麺を食べに『箸とレンゲ』へ

外観

阿佐ヶ谷駅から徒歩1分、「ビーンズ阿佐ヶ谷」内にある『箸とレンゲ』。

冒頭でも触れましたが、ラムや黒毛和牛など、独創的なコンセプトのラーメン店を多く展開するラーメンクリエイター・庄野智治さんが代表を務める【MENSHO】グループのラーメン店です。

そして、ここ『箸とレンゲ』の人気メニューは「ぶどう山椒の麻婆麺」。ぶどう山椒ってなんぞや? って感じだと思いますが、このぶどう山椒こそが一風変わった麻婆麺の味の決め手になっているんです(後で触れます)。

内観

店内はカウンター席とテーブル席があり、女性ひとりでも気軽に入れそうなオシャレな雰囲気。ちなみに、手前にある食器類はお土産として購入することが出来ます。

口頭で注文し、到着までしばし待ちます。

フルーティーな“ぶどう山椒”の香りと共に「ぶどう山椒の麻婆麺」が到着!

ぶどう山椒の麻婆麺

フルーティな“ぶどう山椒”の香りと共に「ぶどう山椒の麻婆麺」(M 税抜900円)が到着。

他の【MENSHO】グループでも言えることですが、まず見た目が綺麗ですよね。一般的に想像する麻婆の赤い色とはかけ離れた黄色っぽいスープの上に、茄子・絹豆腐・ネギ・ごぼうチップス、そしてぶどう山椒がトッピングされています。

ぶどう山椒の麻婆麺

横から見るとこんな感じ。ごぼうチップスが山のように盛り付けられています。訊くに、茄子などの野菜を含めて「大地の力強さ」をイメージしているそう。もはや芸術の領域。

こうして写真を撮っている間にもぶどう山椒特有の刺激的な香りがビシビシと食欲を刺激してきたので、さっそく食べていきます。

まずはスープから。柑橘類にも似たフルーティーな香りが鼻を抜ける!

スープ

まずは、鶏とケールで炊いたスープにぶどう山椒をふんだんに使用したというスープを一口。

うっわ、めっちゃ爽やか!

口に含んだ瞬間、ぶどう山椒特有のフレッシュで柑橘類にも似たフルーティーな香りがスーッと鼻を抜けました。そしてその直後に鶏や挽き肉などのコクが感じられ、スープの土台となる部分をしっかり支えています。

ちなみに庄野さんはこの“ぶどう山椒”に出会って、「これをベースにしたラーメンを作ろう」と思い立ったそう。

ヒビ機
その発想がすげぇな
酢

↑お酢を入れるとスカッと爽快な酸味がプラスされ、よりスッキリとした飲み口に。

麺は自家製の中太縮れ麺。ぷりっとして心地の良い啜り心地だ!

麺

麺は自家製の中太手揉み麺

ぷりっとした食感が心地よく、縮れによってサラッとしたスープをよく持ち上げてくれています。オープン初日(オープン当初)はちょっと縮れた細麺だったのでここが一番変わったなと思いましたが、これは正解。

麻婆と相性がよく、様々なアクセントを仕掛けるトッピングも美味し。

ごぼうチップス

ごぼうチップスはそのまま食べるとカリッとした食感と香ばしさがアクセントに。スープに浸すと噛んだ時にジュワッとスープが溢れ、ごぼうの香ばしさと相まって美味しいです。

ぶどう山椒(緑のツブツブ)はプチンと弾けるような食感で、弾けた瞬間口いっぱいにフルーティーな香りを広げます。

ヒビ機
この山椒はクセになりそう
茄子

茄子もごぼう同様揚げてあるため、噛むとナスの水分がジュワッと溢れ出ます。

茄子×麻婆は鉄板の組み合わせですが、『箸とレンゲ』の麻婆はぶどう山椒がベース。今まで味わったことのないような新しい組み合わせが面白いですね。

豆腐

絹ごし豆腐もまた麻婆と相性のいいトッピング。
ふわふわ・ぷるぷるとした食感と豆腐のまろやかさが良いアクセントになっています。

余談。フレッシュでフルーティーな“ぶどう山椒”って一体なんなの?

ぶどう山椒

そろそろ気になっているであろう“ぶどう山椒”の説明をチラッと。

“ぶどう山椒”とは、和歌山県の有田川町特産の山椒の品種名のこと。
実は山椒の全国収穫量のうち、和歌山県が約70%を占めていて、その中でも特に香り高い品種がこの“ぶどう山椒”なんだとか。ちなみに、その名の通りぶどうの房のように実るそうです。

ぶどう山椒

『箸とレンゲ』では、“ぶどう山椒”発祥とされる紀州有田川に沿った山間地にある「かんじゃ山椒園」の“ぶどう山椒”(つまり良いヤツ)を使っているため、驚くほどフレッシュでフルーティーな香りにも納得。

ぶどう山椒

「山椒水煮」(税込648円)はお土産として購入可能(念のため言っておきますが回し者ではありませんw)。

ヒビ機
アイスに乗せても美味いらしいよ

まとめ

ぶどう山椒を使ったフレッシュでフルーティーな味わいの麻婆麺でした!

推し贔屓ですが、やっぱり【MENSHO】グループは唯一無二ですね。それと、『箸とレンゲ』がオープンして以降ぶどう山椒を使ったお店が増えたように思います。少なからず影響受けてるんですかね。

では今回はこの辺で。ごちそうさまでした!

●細かいチェックポイント●
味の重さ:ややあっさり
温度:熱すぎず、ぬるくなく
店内温度:適温

タイプ:その他
エリア:中野 / 高円寺 / 荻窪
推し麺度:☆7

関連ランキング:ラーメン | 阿佐ケ谷駅南阿佐ケ谷駅

アイキャッチ