深く繊細な和の味わい!鶏と魚介が分厚いハーモニーを織りなすラーメン北品川『和渦』

アイキャッチ

こんにちは。東京ラーメンタルヒビ機です。

今回ご紹介するのは、つい先日大井町から北品川に移転オープンした和を感じられるラーメン店。
大井町といえば『ajito ism』も二号店を新宿にオープンしましたが、ここ最近は大井町から他の地域に進出するのがブームになっているんでしょうか。

ヒビ機
それはないと思う

大井町から移転した和ラーメン店『中華そば 和渦 TOKYO』へ

外観

北品川駅から徒歩1分くらいのところにある『中華そば 和渦 TOKYO (ちゅうかそば わか とうきょう)』。

大井町にあった『中華そば 大井町 和渦』が2019年4月15日に移転オープン。
鶏スープと和風スープのWスープからなる和テイストのラーメンが人気のお店です。

券売機

メニューはこんな感じ。
メインは「醤油そば」「塩そば」「つけ麺」で、「三位一体」はある時とない時があるみたいです。

そしてサイドの丼物も豊富。
今回は「特製醤油そば」と「鶏おろしポン酢丼」をポチり。

内観

店内は広々としていて、カウンター席とテーブル席を完備。
家族連れでも心配なさそうですね。

フレッシュな醤油の香りと共に「特製醤油そば」が到着!

特製醤油そば

待つこと数分。フレッシュな醤油の香りと共に「特製醤油そば」(1,000円)が到着。

深い琥珀色のスープの表面には追い鶏油の油膜が見られますね。これはきっと鶏の初速がすごいでしょう。
トッピングは2種類のチャーシュー、穂先メンマ、味玉、2種類のワンタン、ネギ、三つ葉など、特製の名に恥じない豪華さです。

スープは鶏、鰹、乾物、煮干しが一体になった和テイストの深い味わい!

スープ

まずはスープから一口。

ん〜〜! 深ぇ〜〜!

予想通り、口に含んだ瞬間に広がったのは鶏の分厚い甘みですが、すぐに鰹、乾物、煮干しなどの和ダシが追いついてきました。
カエシは和歌山県産の生揚げ醤油をベースに5種類をブレンドしているそうですが、キレもありつつ、フレッシュな香りが感じられてかなり美味しいです。

ヒビ機
繊細で品のある味だね
麺

麺は自家製の中太ストレート。
むっちりとした密度の高い食感で小麦の香りも豊か。スープともよく合っています。

トッピングも個性が光る逸品揃いでめっちゃ美味い!

チャーシュー

こちらは低温調理のレアチャーシュー。
歯が抵抗なく沈んでいくような柔らかさで、肉の甘みが強い味わいです。

チャーシュー

もう一つは低温調理タイプではないものの、低温調理のようなモチっとした食感。
こちらは肉の旨味が強く、もうひとつのチャーシュー同様かなりのクオリティでした。

味玉

味玉は黄身が少しトロっとした半熟タイプ。
甘じょっぱいタレが染みた間違いない美味しさですね。

ワンタン

ワンタンは豚ワンタン(多分右)と鶏ワンタン(多分左)の2種類。

右のワンタンはシソが、左のワンタンは胡椒が効いていて、これがいいアクセントに。
シソは好みが分かれるかもしれませんが、和をコンセプトにしたこの一杯にはピッタリだなぁと思いました。

ヒビ機
餡に個性のあるお店は大体美味いよな

「鶏おろしポン酢丼」は〆にさっぱりあっさりと。

鶏おろしポン酢丼

鶏おろしポン酢丼」(50円)はこんな感じ。ハーフライスくらいのイメージですかね。

ポン酢のさっぱりとした酸味が口直しに。
美味しいのは間違いないですが、同じ50円だったら「ラー油玉子かけご飯」を試してみたかったなぁと言う気も。

それは次回のお楽しみですね。

まとめ

鶏、鰹、乾物、煮干しの一体感がすごい、深くて繊細な和テイストの醤油ラーメンでした!

ガツガツしてない魚介系が好きなら間違いなく好きなラーメンですね。
他のメニューの評価も高いのでまた近いうちに来たいと思います。

では今回はこの辺で。ごちそうさまでした!

【東京ラーメンタル】のTwitterフォローしてね!

●細かいチェックポイント●
味の重さ:あっさり
温度:熱々
提供時間:6分(標準)
お冷:セルフ。冷たい
店内温度:適温
混雑具合:祝日12時半で待ち時間5分くらい
備品:つまようじ、紙ナプキン、ハンガー、荷物置き
卓上調味料:胡椒(申告制)

タイプ:醤油
エリア:品川 / 大崎 / 浜松町 / 田町
推し麺度:☆8

関連ランキング:ラーメン | 北品川駅新馬場駅品川駅

アイキャッチ