マイルドな美味さ!中野で家系ラーメンを欲したら『五丁目ハウス』に駆け込め!

アイキャッチ

こんにちは。東京ラーメンタルヒビ機です。

今回ご紹介するのは、ラーメン業界で権威のある「TRYラーメン大賞」の2018-2019新人賞とんこつ部門で4位入賞を果たした家系ラーメンのお店。

他との差別化が難しい家系というジャンルにおいて賞を取るというのはかなりのレベルということ。
賞を取るほどの家系ラーメンはどんな味なのか。さっそく食べに行ってきました。

ヒビ機
どういうチューニングなのか見ものだな

権威ある賞を受賞した家系を食べに『五丁目ハウス』へ

外観

中野駅から徒歩5分くらいのところにある『五丁目ハウス』。

2018年3月オープン。
冒頭でも言いましたが、ラーメン業界で権威のある「TRYラーメン大賞」の2018-2019新人賞とんこつ部門で4位入賞を果たした、家系ラーメンが食べられるお店です。

店主は宮崎に本店を置く濃厚豚骨ラーメンチェーン『風来軒』や、立川などに店を構える人気家系ラーメン店『つばさ家』で修業をされた方。
『つばさ家』は『六角家』の系譜だったと思うので、きっと間違いない美味しさでしょう。

券売機

メニューはこんな感じ。
トッピングや麺の量が変わるだけで、基本の味はすべて一緒ですね。

今回は一番オーソドックスな「ラーメン並盛」をポチり。
ライスが無料でつけられるとのことだったので、そちらもお願いしました。

お好み

お好みは他の家系ラーメンと変わりないですね。
今回は初めてだったので、すべて“ふつう”でお願いしました。

基本に忠実な見た目の「ラーメン並盛」が到着!

ラーメン並盛

待つこと数分。家系らしい豚骨臭と共に「ラーメン並盛」(680円)が到着。

鶏油が浮いた豚骨醤油スープに平打ちの中太麺が泳ぎ、チャーシュー、ほうれん草、海苔がトッピングされた、家系の基本に忠実な見た目をしていますね。

スープはマイルドな豚骨の旨味を感じる王道テイスト!

スープ

まずはスープから一口。

豚骨のミッドローな旨味にエッジの効いた醤油、そして鶏油がこってり感を演出する家系の王道テイスト。
よく家系を“体育会系”と表現することがありますが、ここの豚骨はマイルドで醤油との一体感のある味わいなので“運動も勉強もできる優等生”なタイプですね。

ヒビ機
お好みで自分好みにしやすそうな味だね
麺

麺は三河屋製麺製の平たい中太ちぢれ。
家系と言えば酒井製麺の麺が使われることが多いので、三河屋製麺製の麺は中々珍しいですね。

食感はぷりっとしていて麺の長さも短く、小麦がしっかり感じられる王道な家系の麺でした。

チャーシュー

チャーシューはしっかりとした肉質で、噛むほどに旨味が広がるタイプ。
水分が抑えめなので中盤まで沈めておくとスープを吸ってより美味しく食べられました。

ほうれん草

ほうれん草は青臭くなく、箸休めにちょうどいいですね。

ライスはスープを浸した海苔を巻いて食すべし!

ライス

ライスはスープに浸した海苔を巻いて食べるのがオススメ。

ヒビ機
卓上調味料をフル活用してもいいね

まとめ

マイルドな豚骨の旨味を感じる王道な家系ラーメンでした!

嫌なクセもなく、丁寧に仕込まれているのが感じられたので、そこが評価されたんでしょうね。
中野周辺で家系ラーメンが食べたくなったら間違いなく満足できるお店だと思います。

では今回はこの辺で。ごちそうさまでした。

【東京ラーメンタル】のTwitterフォローしてね!

●細かいチェックポイント●
味の重さ:こってり
温度:熱すぎず、ぬるくなく
提供時間:5分(標準)
お冷:セルフ。お茶もある
店内温度:適温
混雑具合:日曜18時過ぎで待ち時間なし
備品:つまようじ、紙ナプキン、ティッシュ、紙エプロン、ハンガー
卓上調味料:にんにく、生姜、豆板醤、酢、ゴマ、胡椒、唐辛子、辛子高菜

タイプ:家系
エリア:中野 / 高円寺 / 荻窪
推し麺度:☆8

関連ランキング:ラーメン | 中野駅新井薬師前駅

アイキャッチ