【完全解説!】家で二郎を食べられる!?仙川『ラーメン二郎』で「鍋二郎」してきた!

ジロリアンが一度は憧れる「鍋二郎」をするため、“鍋を持って”二郎へ

駅前

こんにちは。東京ラーメンタルヒビ機です。
いつもとは違う始まり、このブログ初の実写、そして駅前で鍋を持っているシュールな写真。
……もちろんこれには理由があります。

そう、今回はジロリアンなら一度は憧れるであろう“鍋二郎”をするため。

 

街中

鍋二郎の為なら鍋を片手に街を歩くことさえ厭わない。
周りからジロジロ見られた気がしますが、きっと気のせいでしょう。“ジロ”うだけに。

鍋二郎ができる『ラーメン二郎 仙川店』に到着!

外観

今回お邪魔したのは仙川駅から徒歩2分くらいのところにある『ラーメン二郎 仙川店』さん。

もともと「鍋二郎」は三田本店が始まりで、学生がサークルのみんなと食べるために持ち帰ったのが最初と言われています。
それが徐々に広がったわけですが、残念ながら全店で「鍋二郎」ができるわけではありません。
都内だと仙川店、上野毛店、目黒店、野猿街道店あたりが有名ですね。(目黒は予約制、野猿は期間限定とかだった気がします。)

 

鍋二郎準備

注文方法は至ってシンプル。
鍋を持って外にいると店員さんに「鍋?」と訊かれるので「鍋で。」と答えるだけ。
「鍋なら奥で待ってて。」と客席の奥に通されます。

この時、外に列ができていても関係なく奥に通されて作ってくれるので、ある意味ファストパス。

 

謎のポスター

客席の奥の空間には「HOW TO JIRO」と書かれた物凄く年季の入ったポスターが。
なぜかその隣にはかなり昔の小嶋陽菜さんのポスターも飾られていました。

支払いと注文はこの空間で行われます。
基本的に2人前(1,000円)から注文でき、そこから先は1人前につき+500円。
今回は4人前(2,000円)を全マシマシでオーダー。

 

製麺所

麺は「生麺」か「茹で麺」から選べます。
今回は持ち帰って家で二郎を食べたかった為「生麺」でオーダー。
「生麺」の場合だと袋に入れて渡してくれます。

二郎のオーション麺(オーションとはパンなどに使われる強力粉)は普通の製麺機で製麺すると製麺機が壊れると言われるくらい硬い生地なので、その生地を製麺できる製麺機が目の前にあるのはマニアにとっては垂涎もの……!

いざ“鍋二郎”を持って家に!……と思ったが、ここからが過酷だった。

生麺

初めて生の二郎の麺を持ってルンルンのまま鍋二郎会場に向かおうと思ったものの、ここからが過酷だった……。

 

佇むヒビ機

鍋二郎会場までは電車移動。
そして手には一歩間違えばテロリストになり得る鍋一杯の二郎のスープ。

 

改札

ICカードを出すのも一苦労。中身がこぼれない様に気を付けながらタッチするのも一苦労。タッチした後閉まる前に通るのも一苦労。

 

ホーム

なんとか無事に改札を通ってホームへ。
鍋を持って電車を待つのはもちろん人生初。

そして慣れというものは怖いもので、この時すでに周りからの奇異の視線は気にならなくなっていました。

 

ホーム二郎

周りに人が居ないことを確認してから中をチラ見。
「おーw二郎だw」と思った次の瞬間、駅のホームが二郎になりました。

 

電車

顔こそ隠していますが、電車の揺れでスープがこぼれないようにめちゃくちゃ必死でした。
もし、こぼそうものなら二度と京王線に乗れなくなりますからね。

人生で一番緊張感のある乗車体験でした。

苦労の末、鍋二郎パーティーがスタート!

鍋二郎セット

幾多の試練を乗り越え、無事会場に運ぶことができた鍋二郎。

4人前を「生麺」でオーダーすると大体こんな感じになります。

 

麺茹で

麺は大体7~8分茹でます。
滅多にない機会なので生のまま一本食べてみましたが、ゴムみたいなゴチゴチ食感で小麦がめちゃくちゃ詰まってる感じがしました。

“デロ麺”が好きならもう1分くらい茹でてもいいかもしれませんね。

 

麺投入

良い感じに茹でたらスープにドボン!

 

鍋二郎

お店で食べるルックスとはかなり違いますが『鍋二郎』完成です!

 

スープ

スープはいわゆる“非乳化系”とか“醤二郎”とか呼ばれるタイプ。
運んでいる時点でニンニクのパンチがスープに移ったためか、かなりエッジの効いた攻撃的なチューニングです。

非乳化系のお店でも中々味わったことのない感覚だったので、もしかしたらスープが“熟成”したかもしれませんね。鍋二郎をしないと味わえないスープでした。

 

麺

麺は7分茹ででちょうど芯が無くなるくらいの食感。例えるなら新小金井街道店あたりの食感ですかね。

ワシワシ食らえば小麦がガツンと香る、二郎のあの麺です。当たり前ですけど。
何回かに分けて茹でて、その都度茹で時間を変えて楽しめるというのも鍋二郎ならでは。
デロ麺、硬め、普通、全部楽しめて最高でした。

 

豚

鍋の底にはもちろん豚もあります。
スープがしっかり染みていて、これもお店では食べられない“神豚”になっていました……!

ちなみに4人前だと4枚くらい入っていました。

 

ヤサイ

ヤサイは度を超えた“クタヤサイ”。
基本的に“シャキヤサイ”派なんですけど、これ……めちゃくちゃ美味い!

お店みたいなのが食べたい場合は自分で用意した方が良いかと思いますが、ヒビ機はこれを推します……!

 

アブラ

忘れちゃいけないのがこのアブラ。
甘くてプリプリ。そして一杯の丼の量と違って心ゆくまで食べられる。神でしかない。

結論:鍋二郎パーティーは楽しいし美味しいし結構盛り上がる。

完食

みんなでワイワイしながら鍋二郎パーティー、この冬絶対流行って欲しい……!
……そう思えるほど結構盛り上がりました!

ヒビ機みたいにジロリアンの方なら新しい発見ができて面白いと思うけど、鍋二郎は初心者こそやって欲しい……!

「二郎には行ってみたいけど、中々勇気が出なくて行けない」っていう人って、二郎特有の「緊張感」や「ルール」がネックで中々行けないんだと思いますが、鍋二郎だと家で食べられるから緊張もしないし、ゆっくり食べられるし、暗黙のルールもないしね。

緊張感という点で言うと運ぶのには緊張感あるけど……。

……と、こんな感じで鍋二郎のマニュアルみたいな記事になりましたが、みなさん良かったらぜひ。

 

~追記~

へんグル八坂さん

今回、鍋二郎をやるに当たって「へんてこグルメガイド」の管理人であり、食べあるキングでもある八坂カズトシさんにいろいろと協力していただきました。
ありがとうございました!

「へんてこグルメガイド」はこちら

では今回はこの辺で。ごちそうさまでした!

●細かいチェックポイント●
味の重さ:こってり
温度:お好きな温度で
提供時間:お好きな時間で
お冷:お好きなものを
店内温度:お好きな温度で

タイプ:二郎 / 二郎インスパイア系
エリア:調布 / 府中 / 狛江
推し麺度:☆10

関連ランキング:ラーメン | 仙川駅つつじケ丘駅