【上野】舌に染み渡る優しい和ダシ!お蕎麦のように上品なラーメン『多繋』

アイキャッチ

今回食べに行ってきたお店は、以前に一度オープン直後に前を通って気になっていたお店。カツオダシのいい匂いに釣られそうでしたが、その時は近くにある『さんじ』で帆立ラーメン三昧をしたためスルーせざるを得ませんでした。なので今回、やっとという事になります。

……オープンは4月、まだギリギリ新店の情報という事でスルーしたことを許してください。

ヒビ機
誰に許しを乞うてるのよ

淡路町の名店『麺巧 潮』から独立した店主が営む中華そば店『多繋』

外観

上野駅・稲荷町駅から徒歩3分くらいのところにある『自家製麺 中華そば 多繋(たけい)』。

2018年4月5日オープン。淡路町にある『麺巧 潮』から独立した店主が営むラーメン店です。『麺巧 潮』と言えば「食べログ百名店2018」にも選ばれた名店で、アスパラの肉巻きやポーチドエッグが乗る洋風鶏白湯が印象的なお店。そこで修業したとなったら、もう美味しいのは分かりきっています。

券売機

メニューはこんな感じ。今回は左上の法則(オススメは左上に配置されがち)に従って「醤油そば」をポチリ。

メニュー

券売機の横にはビジュアルでの説明も。イメージしやすくて良いですね。

内観

店内はカウンター席とテーブル席があり、オシャレなカフェのような明るい雰囲気。なにより嬉しいのが各席ごとにティッシュなど一通りの備品が揃っている事。食べてる最中、隣の人に調味料を取るために手を伸ばされると地味に気になるのでこれは嬉しいですね。

食券を渡す時に並(150g)か中(200g)か選べたので、並でお願いして到着までしばし待ちます。

「醤油そば」が到着。“ネオ中華そば”っぽい綺麗なビジュアルだ……!

醤油そば

待つこと数分。和風ダシの香りと共に「醤油そば 並」(780円)が到着。

深い色の醤油スープに細ストレート麺が泳ぎ、チャーシュー・メンマ・海苔・ネギ・かいわれ・柚子がトッピングされています。なんとも東京っぽいオシャレな感じというか、“ネオ中華そば”とか呼ばれる今風な感じですね。

スープはカツオ中心の上品な和ダシ。舌にじんわり染みる美味しさ!

スープ

まずはスープから一口。

カツオを中心とした魚介の旨味と甘みが、じんわりと舌に染み渡るような上品な味わい。いいとこのお蕎麦のダシみたいな感じですかね。ちなみにカエシに使っている醤油は「日本一醤油」とのこと。有名店でも多く使われ、風味と旨味が強い信頼と実績の醤油です。

ヒビ機
すごくまとまりがあって美味しい
柚子

刻んだ柚子のほのかな酸味と苦味も良いアクセントに。

パツパツとした食感の麺は小麦の香りが良く、スープとの絡みもバッチリ。

麺

麺は自家製のストレート細麺。

少し芯を残した茹で加減で、“パツパツパツッ”とした食感が心地いい麺です。啜って楽しいのはもちろんの事、噛んだ時の小麦の広がりやスープとの絡みもバッチリ。

ヒビ機
後半も食感が持続してたのが個人的にポイント高し
チャーシュー

チャーシューは低温調理っぽいややレアタイプ。

柔らかい食感で肉の旨味と甘みが強く、一杯の中にちゃんとまとまっている印象を受けました。

まとめ

カツオダシがじんわり染み渡る、上品で綺麗な醤油ラーメンでした!

偏見強めですが、港区とか目黒区あたりで評価されそうな醤油ラーメンって感じですかね(自由が丘の『三藤』みたいって言えば分かる人には分かってもらえる気がする笑)。

では今回はこの辺で。ごちそうさまでした!

【東京ラーメンタル】のTwitterフォローしてね!

●細かいチェックポイント●
味の重さ:ややあっさり
温度:熱すぎず、ぬるくなく
提供時間:3分(早い)
お冷:セルフ。冷たい
店内温度:適温
混雑具合:土曜の12時で待ちなし。先客1名。
備品:つまようじ・ティッシュ・荷物置き
卓上調味料:胡椒

タイプ:醤油
エリア:上野 / 浅草 / 日暮里
推し麺度:☆7

関連ランキング:ラーメン | 稲荷町駅上野駅京成上野駅

アイキャッチ