上品な和ダシ!クリアな煮干しと淡い白醤油が沁みるラーメン西台『寿製麺 よしかわ』

アイキャッチ

こんにちは。東京ラーメンタルヒビ機です。

今回ご紹介するのは、埼玉県の食べログラーメンランキングで星3.82の評価で2位(2019年5月現在)の人気ラーメン店。

……が、2018年11月に東京に開いた東京初進出となる支店。
ずっと行ってみたいと思っていたお店が向こうから近くに来てくれたので、さっそく食べに行ってきました。

ヒビ機
これで“東京”ラーメンタルとして堂々と書けるな(普通に埼玉のラーメン店も書いてるけど)

東京に進出した埼玉の人気ラーメン店『寿製麺 よしかわ』へ

外観

西台駅から徒歩3分くらいのところにある『寿製麺 よしかわ』。

埼玉県上尾市に本店を構える『中華そば よしかわ』の4店舗目にあたり、2018年11月に東京進出したお店です。
東京進出とはいえ、都心からは少し離れたところにあるので、見た感じ並びはキツくなさそうです。

券売機

メニューはこんな感じ。
今回は一番人気の「煮干そば 白醤油」と評価の高い「いわし丼」をポチり。

黄金色に輝く煮干しスープの「煮干そば 白醤油」が到着!

煮干そば 白醤油

待つこと数分。優しい煮干しの香りと共に「煮干そば 白醤油 並」(750円)が到着。

自家製の中細麺がはっきりと確認できるほど澄んだ黄金色のスープには、『よしかわ』のビジュアル面のキーとも言えるレアチャーシュー、そして、鶏チャーシュー、味玉、メンマ、三つ葉、のり、ネギがトッピングされています。

個人的な話ですが、この直前に『中華ソバ 伊吹』で濃厚煮干しを食べて来たので「同じ煮干しでもタイプが全く違うし、やっぱりラーメンって面白いなぁ」と気持ち悪めな思いにふけていました。

ヒビ機
麺伸びちゃうから早く食ってくれ

スープは煮干しの旨味と白醤油の淡い塩味を感じる繊細な味わい!

スープ

まずはスープから一口。

ほぉ〜! 優しいけどちゃんと煮干しの旨味が出てる!

エグみや尖った塩気のないクリアな煮干しの旨味がじんわりと広がりました。
白醤油はその旨味を淡い塩味で立たせているようで、繊細で上品な和の味わいです。

たっぷり乗った三つ葉も和のテイストに合っていて良いですね。

麺

麺は自家製の中細ストレート。

「この手のスープだったらしなやかで柔めの茹で加減だな?」と思ったら、意外なことに芯のある硬めの茹で加減。
ですが、それによって存在感が増し、柔めだと分からなくなっていたであろうかすかな小麦の香ばしさまで感じられました。

ヒビ機
意表を突かれたけど美味しいね

綺麗なピンク色のレアチャーシューは甘みがしっかり感じられる逸品!

チャーシュー

チャーシューは綺麗なピンク色のレアチャーシュー。
しっとりとして柔らかく、肉の甘みが強いという模範的な美味しさ。

デフォルトでも大判サイズが2枚乗るのは嬉しいですね。

チャーシュー

鶏チャーシューはシンプルな味付けでやや歯ごたえのあるタイプ。
水分量はやや少なめですが、決してパサついているという感じではなく、“肉肉しい”の範疇でした。

味玉

味玉は黄身の中心がトロっとした半熟タイプ。

「いわし丼」の鰯はめちゃくちゃ脂が乗ってて美味い! これは絶対食べて!

いわし丼

ラーメンとほぼ同じタイミングで「いわし丼」(400円)も到着。

生姜醤油に漬けられた鰯は見ての通りの脂の乗りよう。
美味しいのは言わなくても分かると思います。絶対食べてください。

ヒビ機
ラーメン屋でこのレベルの魚を食べられるのは感動モノだよ

まとめ

煮干しの旨味を白醤油の淡い塩味が立てる繊細な和ラーメンでした!

ベースの煮干しがしっかりしているので黒醤油も間違いなく美味しいと思います。
これはまた確かめに来なきゃですね(いわし丼は次も絶対食べる)。

では今回はこの辺で。ごちそうさまでした!

【東京ラーメンタル】のTwitterフォローしてね!

●細かいチェックポイント●
味の重さ:あっさり
温度:熱すぎず、ぬるくなく
提供時間:6分(標準)
お冷:セルフ。冷たい
店内温度:適温
混雑具合:祝日13時半で待ち時間なし
備品:つまようじ、紙ナプキン、荷物置き
卓上調味料:レモン酢、胡椒、醤油

タイプ:醤油
エリア:板橋 / 東武沿線
推し麺度:☆8

関連ランキング:ラーメン | 西台駅蓮根駅

アイキャッチ