超濃厚!レンゲが沈まないほどドロドロの豚骨を食べに沼袋の『無鉄砲』に行ったが…

アイキャッチ

こんにちは。東京ラーメンタルヒビ機です。

今回ご紹介するのは、あまりにも濃度が高すぎてレンゲがスープに沈まないというマニア向けの豚骨ラーメン。
こういうタイプの豚骨ラーメンを食べるのは久しぶりなので胃が保つか心配でしたが、覚悟を決めて食べに行ってきました。

ヒビ機
おじさん無理すんなよ

レンゲが沈まないほどドロドロの豚骨を食べに『無鉄砲』へ

外観

沼袋駅から徒歩8分くらいのところにある『無鉄砲 東京中野店』。

2010年8月オープン。
京都に本店を構える、レンゲが沈まないほどドロドロで濃厚な豚骨ラーメンが人気のお店です。

券売機

メニューはこんな感じ。
「めちゃくちゃいっぱいある!」と思いきや、同じメニューが何個か並んでいるだけですね。

今回は「とんこつラーメン(半熟味玉つき)」をポチり。
麺の硬さ、スープの濃さ(こってりorあっさり)、ねぎの量などが選べたので、“ねぎ多め”とだけ伝えました。

卓上調味料

卓上には紅しょうがや自家製激辛タカナなど、そのままでもおつまみになりそうなものがズラリ。

見るからに濃厚そうなドロドロの「とんこつラーメン」が到着!

とんこつラーメン(半熟味玉つき)

待つこと数分。「とんこつラーメン(半熟味玉つき)」(880円)の“ねぎ多め”が到着。

丼を見ていただければこの濃度がどのくらいか分かっていただけると思います。
トッピングはチャーシュー、味玉、ねぎ、メンマ、のりと王道ラインナップですね。

スープは確かにドロドロで濃度は高し! でも苦味があってイマイチ。

スープ

まずはスープから一口。

「あ、スープ焦げちゃってるな」というのが正直な感想。
確かに濃度は高いですが、最初に感じてしまった焦げの苦味と骨っぽさがあってイマイチ。
塩味もなく、残念ながらボヤッとした味に感じました。

麺

麺はもちっとした中太ちぢれ。
スープの持ち上げは非常にいいので、スープさえ良ければなぁといった感じですね。

チャーシュー

チャーシューは薄切りで口に入れるとトロッととろけるタイプ。
タレがしっかり染みていてこれは美味しいです。

味玉

味玉は黄身が固まった固茹でタイプ。

あれ……? メニューには“半熟”ってついていたような……?
黄身のパサつきで水分を持っていかれる感があり、これもちょっと残念でした。

まとめ

下ブレに当たったのかもしれないので今回はまとめなしとさせていただきます。

本店の評判がいいものばかりだったので残念ですね。
中野店の再訪はないかと思いますが、機会があったら本店(もしくは関西店)には行ってみたいです。

では今回はこの辺で。ごちそうさまでした!

【東京ラーメンタル】のTwitterフォローしてね!

●細かいチェックポイント●
味の重さ:こってり
温度:熱すぎず、ぬるくなく
提供時間:3分(早め)
お冷:二杯目からセルフ。冷たい
店内温度:暑い
混雑具合:祝日18時半で待ち時間なし
備品:ティッシュ、つまようじ
卓上調味料:すりゴマ、紅しょうが、自家製激辛タカナ、にんにく醤油、醤油、胡椒

タイプ:豚骨
エリア:西武沿線
推し麺度:☆2

関連ランキング:ラーメン | 沼袋駅野方駅

アイキャッチ