鶏の旨味と醤油の甘みがふわっと広がるミドル級鶏清湯ラーメン国分寺『鶏そばムタヒロ』

アイキャッチ

こんにちは。東京ラーメンタルヒビ機です。

今回ご紹介するのは、前回に引き続き国分寺を中心に展開する“ムタヒロ”グループのお店。
グループの中でも特に評価の高い2号店に行ってきました。

ヒビ機
ムタヒロ連食したんだな

グループ内でも特に評価が高い2号店『鶏そば ムタヒロ』へ

外観

国分寺駅から徒歩3分くらいのところにある『鶏そば ムタヒロ 2号店』。

2012年9月オープン。
国分寺を中心に展開する“ムタヒロ”グループの2号店で、鶏を使ったラーメンが人気のお店。
1号店同様、「食べログ ラーメン 百名店 TOKYO 2018」に選出されています。

以前来た時と雰囲気が変わっているなと思ったら、2018年11月にリニューアルしたそう。
写真からもチラッと確認できますが、明るい和の雰囲気に変わっています。

券売機

メニューはこんな感じ。
メインの味は、醤油、塩、担々、油そばの4つ。油そば以外はそれぞれラーメンとつけ麺の用意がありますね。

鶏を使った担々麺というのが気になりますが、今回は看板メニューの「醤油鶏そば」をポチり。

鶏と醤油の芳醇な香りと共に「醤油鶏そば」が到着!

醤油鶏そば

待つこと数分。鶏と醤油の芳醇な香りと共に「醤油鶏そば」(800円)が到着。

鶏油が張った琥珀色のスープに刻んだネギが浮き、2種類のチャーシュー、穂先メンマ、鶏そぼろ、のり、三つ葉がトッピングされています。

スープは甘みの強い醤油と鶏の旨味が広がるミドルな味わい!

スープ

まずはスープから一口。

お? 鶏油が厚いのに嫌なこってりさはないぞ……!

スープ表面の鶏油の層が厚いのでこってりな甘みが広がるかと思いきや、もたつきを感じる前に甘みのある醤油がふわっと広がりました。
鶏油で鶏感をブーストさせていないので一体感があり、味の重さもミドルですね。

ヒビ機
ネギの食感もいいね
生姜

別皿でもらえる生姜を入れると、生姜の香りがふわっと広がる長岡生姜醤油ラーメン風に(本家は豚清湯ですが)。
ツンとくる辛さではないので全部入れて大丈夫ですね。

麺

麺は全粒粉入りの平たい細ストレート。
つるつるとした麺肌なので啜り心地とのどごしがよく、小麦の甘みがほんわり広がる美味しい麺でした。

鶏清湯の定番、低温調理されたチャーシューも美味い!

チャーシュー

こちらは低温調理の鶏チャーシュー。

チャーシュー

こちらは低温調理の豚チャーシュー。

どちらのチャーシューも低温調理らしいしっとりとした柔らかさで、肉の甘みが引き出された逸品。
鶏の方はほんの少しだけ鶏臭さを感じましたが、気にしなければ分からない範囲です。

まとめ

鶏の旨味と醤油の甘みが強いミドル級の醤油ラーメンでした!

本文で触れ忘れましたが、鶏そぼろが麺と絡むのが特徴的で面白かったです。
次回は気になる「鶏担々麺」ですね。

では今回はこの辺で。ごちそうさまでした!

【東京ラーメンタル】のTwitterフォローしてね!

●細かいチェックポイント●
味の重さ:ややあっさり
温度:熱々
提供時間:4分(早め)
お冷:セルフ。冷たい
店内温度:適温
混雑具合:平日18時過ぎで待ち時間なし
備品:紙ナプキン、つまようじ、ヘアゴム、紙エプロン、ハンガー
卓上調味料:一味、胡椒、レモン酢

タイプ:醤油
エリア:小金井 / 国分寺 / 国立
推し麺度:☆8

関連ランキング:ラーメン | 国分寺駅

アイキャッチ