毎日食べたい沁みる一杯。高円寺『山と樹』の手揉み麺は“啜れる快楽”だ!

アイキャッチ

こんにちは。東京ラーメンタルヒビ機です。

いやぁ、手揉み麺って、いいですよね。
普通の縮れ麺には出せない、手揉みならではのピロピロとした舌触りとたまにあるコシの強い部分。いいですよね。

ということで、今回ご紹介するのは自家製の手揉み麺を使ったラーメン。
“毎日食べても飽きない”と評判の一杯を食べに行ってきました。

ヒビ機
毎日でも飽きない一杯、楽しみだな

毎日でも飽きない手揉みラーメンを食べに『山と樹』へ

外観

高円寺駅から徒歩9分くらいのところにある『らぁめん 山と樹』。

2017年1月オープン。
自家製の手揉み麺を使ったラーメンが人気で、ラーメン業界で権威のある「TRYラーメン大賞」の2017-2018で新人賞2部門を受賞した実力のあるお店です。

券売機

メニューはこんな感じ。
基本は「らぁめん」「塩らぁめん」「つけめん」の3本で、2019年8月現在は「冷やし中華」が限定で加わっています。

今回はシンプルにスープと麺を味わいたい気分だったので「らぁめん」をポチり。
厨房が見えるカウンター席で仕事ぶりを見ながら到着を待ちます。

醤油の香りと手揉み麺が食欲そそる「らぁめん」が到着!

らぁめん

待つこと数分。鶏魚介醤油のいい香りと共に「らぁめん」(780円)が到着。

綺麗な琥珀色のスープにランダムに縮れた手揉み麺が泳ぎ、チャーシュー、メンマ、海苔、ネギがトッピングされています。

スープに全て沈められるのにあえて少し頭を出させる麺の盛り付け、ニクいですね。

スープは鶏魚介と醤油がじんわり沁みる優しい味わい!

スープ

いきなり麺をズズッと行きたいところですが、まずはスープから。

沁みる! 心にジワジワくる!

スープを口に含んだ瞬間、鶏と魚介の旨味、コク深い醤油がじんわりじんわりと舌に染みました。
旨味がグワッとくるような化学調味料のインパクトはなく、無化調ならではのホッとするような優しい味わいですね。

ヒビ機
優しいけどグイグイ惹き込まれる美味さだな

麺はコシとピロピロ食感が心地よく、スープとの絡みも最高!

麺

おまたせしました。お待ちかねの自家製手揉み麺です。

ズズーッと啜った時にくちびると舌に触れるランダムなピロピロ感、噛んだ時にたまにあるコシが強い厚みのある部分の食感が心地よく、小麦の風味も豊か。

この手の麺は揉みすぎるとビロビロになってしまいますが、この麺は揉みすぎない絶妙な揉み加減ですね。
心なしか麺もリラックスしています。

チャーシュー

チャーシューは箸で持ち上げようとするだけで崩れてしまうほどホロッホロ。
一口目は少し水分が少ないと思いましたが、後半まで沈めるとスープを吸って肉の旨味と水分量のバランスが良くなりました。

まとめ

麺の食感や喉越しが気持ちよく、じんわり沁みるスープに惹き込まれる醤油ラーメンでした!

これは確かに毎日食べても飽きなさそうです。
この麺はきっと塩で食べても美味しいと思うので、次は「塩らぁめん」を食べたいと思います。

では今回はこの辺で。ごちそうさまでした!

【東京ラーメンタル】のTwitterフォローしてね!

●細かいチェックポイント●
味の重さ:あっさり
温度:熱すぎず、ぬるくなく
提供時間:8分(標準)
お冷:セルフ。冷たい
店内温度:適温
混雑具合:日曜19時前で待ち時間なし
備品:つまようじ、ティッシュ、おしぼり、紙エプロン、ヘアゴム
卓上調味料:胡椒、七味

タイプ:醤油
エリア:中野 / 高円寺 / 荻窪
推し麺度:☆8

関連ランキング:ラーメン | 高円寺駅東高円寺駅新高円寺駅

アイキャッチ