池袋『AFURI 辛紅』のラーメンは柚子と唐辛子が効いた“爽や辛旨い”一杯だ!

アイキャッチ

こんにちは。東京ラーメンタルヒビ機です。

今回ご紹介するのは、都内に広く展開する人気ラーメン店『AFURI』の辛旨専門店。
『AFURI』と言えばさっぱりとした柚子塩ラーメンが人気のお店ですが、新ブランドとなる辛旨専門店はどんな味なのか。

気になったと同時に店に向かう足が止められなかったので、さっそく食べに行ってきました。

ヒビ機
AFURIらしさのある辛さなのかな

辛旨いラーメンを食べに『AFURI 辛紅』へ

外観

池袋駅西口から徒歩2分くらいのところにある『AFURI 辛紅(からくれない)』。

2019年6月26日オープン。
世界中の様々な唐辛子や山椒をブレンドしたオリジナルの辛味に、『AFURI』自慢の鶏清湯を合わせた、『AFURI』の辛党向けの新ブランドです。

券売機

メニューはこんな感じ。

基本的には辛いメニュー推しですが、辛くないメニュー(これもAFURIとは違う味みたい)もありますね。

今回はお店イチオシの「柚子辛紅らーめん」をポチり。

券売機

辛さは1丁目〜10丁目まで(5丁目以降は別料金)。
今回は、これまたお店イチオシの4丁目を選びました。

内観

店内は『AFURI』らしいオシャレで落ち着いた雰囲気。
冷房もしっかり効いているので安心して辛いラーメンに挑めます。

見るからに辛そうな「柚子辛紅らーめん」が到着!

柚子辛紅らーめん

待つこと数分。見るからに辛そうな「柚子辛紅らーめん」(1,080円)が到着。

紅に染まったスープに細麺が綺麗に折りたたまれ、チャーシュー、万願寺とうがらし、唐辛子、岩のり、大根、ネギ、柚子皮などがトッピングされています。

スープはビシッとくる辛さの中に柚子が香る“爽や辛旨い”味わい!

スープ

まずはスープから一口。

ブフッ‼︎ ッッ‼︎

舌に触れた瞬間にまず感じたのは唐辛子のビシッと効いた辛さ。4丁目は気を抜いたら普通にむせるくらい(むせました)しっかり辛いです。

しかし、唐辛子の辛さの後には柚子の爽やかな香りが鼻を抜け、『AFURI』らしいあっさりながらも旨味の強い鶏が余韻として残りました。

柚子と唐辛子が効いた“爽や辛旨い”味は中々珍しく、クセになりそうです。

麺

麺は細ストレート。
少し芯のある茹で加減なので食感がよく、小麦の香りもしっかり広がりました。

ヒビ機
啜り心地もいいけど、勢いよく啜ると確実にむせるから注意な

チャーシューや万願寺とうがらしも辛さとマッチしてる!

チャーシュー

鶏チャーシューはしっとりジューシー。
そのままでも美味しいですが、スープと一緒に食べると肉の旨味に辛さが乗ってより美味しく食べられました。

唐辛子

万願寺とうがらしは“とうがらし”と付いていますが、甘味種なので辛くはありません(ピーマンやパプリカの仲間らしいです)。

味はピーマンに似ていて、苦味と瑞々しい甘さが感じられるいいアクセントになっていました。

まとめ

ビシッとくる唐辛子の辛さに柚子が香る、爽や辛旨いラーメンでした!

普通の『AFURI』も好きですが、個人的にはこっちの辛い方が好きですね。
今回食べた4丁目は結構辛かったので、適度な辛旨が好きな人は2丁目か3丁目あたりがいいかと思います(4丁目は蒙古タンメンのちょっと上くらいの辛さに感じました)。

では今回はこの辺で。ごちそうさまでした!

【東京ラーメンタル】のTwitterフォローしてね!

●細かいチェックポイント●
味の重さ:ややあっさり
温度:熱すぎず、ぬるくなく
提供時間:2分(早め)
お冷:2杯目からセルフ。冷たい
店内温度:適温
混雑具合:祝日12時前で待ち時間なし
備品:紙ナプキン、つまようじ、紙エプロン、荷物置き
卓上調味料:唐辛子酢、七味、花椒

タイプ:その他
エリア:池袋 / 高田馬場 / 早稲田
推し麺度:☆8

関連ランキング:ラーメン | 池袋駅東池袋駅

アイキャッチ