【検証】重箱入りの『銀座一蘭』と普通の『一蘭』との違いは?高級な分美味しいの?

アイキャッチ

こんにちは。東京ラーメンタルヒビ機です。

突然ですがみなさん。福岡発の豚骨ラーメンチェーン『一蘭』が、2019年10月10日に、高級業態となる『銀座一蘭』をオープンさせたのはご存知でしょうか。

公式HPによると『銀座一蘭』は、この店舗だけのために開発した“大吟醸麺”と“糸島一蘭の森 手巻き焼豚”を加えることで、今までにない特別な一杯が完成したとのこと。

しかし、食べる側として気になるのは「普通の一蘭と比べた時に明確にその差が分かるの?」という点。

と言うことで今回は、
『銀座一蘭』と『一蘭』は明確に味の差があるのか(誰でも差が分かるのか)。
『一蘭』より高い料金を払ってでも食べる価値はあるのか。
この2つの疑問を解決すべく、『銀座一蘭』の特別な一杯を食べに行ってきました。

ヒビ機
ラーメンの違いだけは分かる舌が初めて役に立つ時がきたな

比較の為にまずは普通の『一蘭』へ

外観

「よし! 早速『銀座一蘭』に行くぞ!」と言いたいところですが、まずは普通の『一蘭』の味を思い出すべく『一蘭 新橋店』に。

平日の12時頃に行きましたが、やはり『一蘭』は外国人観光客が多いですね。
入店までに約30分ほどかかりました。

オーダーシート

券売機で「ラーメン」の食券を買い、オーダー用紙を記入します。
今回は検証のため、全ておすすめ(点線の○のお好み)でオーダーしました。

赤い秘伝のたれが乗るおなじみの「ラーメン」が到着!

ラーメン

待つこと数分。「ラーメン」(980円)が到着。

クリーム色のスープに細麺が泳ぎ、チャーシュー、赤い秘伝のたれ、ネギがトッピングされた、おなじみのビジュアルです。

麺

麺は『一蘭』特製の細ストレート。
つるっとした麺肌なので啜り心地が良く、小麦の風味もしっかり立った麺です。

クリーミーでライトな豚骨の旨味を秘伝のたれの辛味でグッと引き締めるスープとの相性もいいですね。

チャーシュー

チャーシューは肉肉しい食感で、噛むごとに肉の旨味が溢れるタイプ。

まずは普通の『一蘭』を食べましたが、豚骨のクセがなく万人から愛される味ですね。
麺もチャーシューも、良くも悪くも食べ手を選ばない美味しさと言ったところでしょうか。

普通の『一蘭』の味が分かったところで、続いて『銀座一蘭』を食べに行きます。

↓次のページから『銀座一蘭』へ↓

アイキャッチ