一口でニボ中毒に!煮干し全開なセメント色ラーメン『亀戸煮干中華蕎麦つきひ』

たまにありますよね。セメントを飲みたくなること。

きっと今の質問に共感した人はニボニボ系のラーメンの中毒者。
今回は、今年1月に亀戸にオープンした濃い~ニボニボ系のラーメンを食べて来ました。

ヒビ機
生コンも飲みたくなるよね

今年1月にオープンし、すぐに行列店になった『亀戸煮干中華蕎麦つきひ』

外観

亀戸駅から徒歩2分くらいの場所にある『亀戸煮干中華蕎麦つきひ』。

2018年の1月末にオープンするや否や、瞬く間に噂が広まり行列店へと成長したお店です。
言い忘れてましたが、『亀戸横丁』の中にあります。

 

内観

横丁の中に入るとこんな感じ。

店内はカウンター席のみで、和風で清潔感のある雰囲気。
横丁内というのも相まってか、屋内なのに屋台みたいな感じもしました。

 

卓上調味料

卓上の味チェン要員はこんな感じ。
ちっちゃいイカが入った酢があるのが気になりますね……!

ヒビ機
先に言っておくと使い忘れたよ

ニボニボ色全開なセメント色スープ 「特製濃厚蕎麦」

特製濃厚蕎麦

今回いただいたのは「特製濃厚蕎麦」(1,000円)

見てるだけでも煮干しの匂いがしてきそうなセメント色のスープの上に、味玉、レアチャーシュー、鶏チャーシュー、玉ねぎ、ねぎ、海苔がトッピングされています。

海苔がスープに浸からないように配慮されてるのもいいですね。

 煮干しのビターさがガツンとくるセメント色スープ

スープ

セメント色のスープは、見た目通り煮干しのビターさがガツンと前面にくるニボニボ全開なもの。

なのにニボニボ系特有のザラッとした舌触りやエッジの効いた塩味はなく、なめらかでバランスのいいスープに感じました。

ヒビ機
こりゃ一発でやみつきになるわ

 ニボニボ系に合うポキポキ食感の中細麺

麺

麺はストレート中細麺。
芯を残したポキポキ食感が楽しく、噛んでいるうちに口の中が煮干しのビターさから小麦の甘さに変化します。

やっぱりニボニボ系のラーメンにはこの手の麺が合いますね。

 煮干しのビターさにも埋もれないトッピングたち

チャーシュー

こちらはレアチャーシュー。
肉の甘みが強くて柔らかく、煮干しの苦味との相性もナイス。

ヒビ機
綺麗なピンクで色のコントラストもいいよね

チャーシュー

鶏チャーシューはほんのりハーブが香る柔らかい肉質。
ほんのり香るハーブは邪魔になることはなく、むしろいいアクセントに感じました。

 

玉子

味玉は黄身がぷるぷるのゼリータイプ。
しっかり中まで醤油の味が染みてて食べ応え◎

麺の甘みが引き立つシンプルな味わい の「和え玉」もマスト

和え玉

麺を食べ終えるくらいのタイミングで「和え玉」(200円)も注文。

魚粉の旨味と麺の甘みが引き立つチューニングで、シンプルだけど抜かりない逸品です。
そのまま食べても、つけ麺みたいにスープにつけて食べても、ドボンと丼ぶりに入れても楽しめるニクさ。

ヒビ機
隣の人が食券二つ出してダブルにしてたけど、確かにしたくなる美味さ

まとめ

煮干しのビターさがガツンと来る濃厚でニボニボ全開なラーメンでした!
最近では結構ニボニボ系のラーメン店が増えてきましたが、個人的には頭一つ抜き出ているように感じました。

では今回はこの辺で。ごちそうさまでした!

●細かいチェックポイント●
味の重さ:こってり
温度:熱すぎず、ぬるくなく
提供時間:10分(2ロット目だったので標準)
お冷:セルフ。冷たい。
店内温度:適温
混雑具合:土曜のオープン30分前で待ち3名。

タイプ:ニボニボ系
エリア:両国 / 錦糸町 /小岩
推し麺度:☆9

関連ランキング:ラーメン | 亀戸駅亀戸水神駅