六厘舎の精鋭たちによるラーメン店が新橋に誕生!通称“逆さ舎鈴”の味やいかに?

アイキャッチ

SPONSORED LINK

街を歩いていて、わざと逆さまに掲げている看板を見かけることってありませんか?

あれ、本屋の場合は“本を逆さにする=降る本=古本”みたいな意味があったり、広告看板だと“他より目立たせるため”だったりと、いろんな理由があるそうです。

が、今回見つけたのは看板を逆さにした『舎鈴』
『舎鈴』と言えば有名店『六厘舎』の系列。今更“他より目立たせるため”という理由は考えにくいし、ましてや本を売っているはずもない。

一体なぜ看板を逆さにしているのか。気になったので早速行ってきました。

ヒビ機
面白そうな状況だな

新橋に突如現れた“逆さ舎鈴”。一体どんなラーメン店なのか……?

外観

新橋駅から徒歩6分くらいのところにある『舎鈴 新橋西口店』……ではないんです。

よく見て下さい。『舎鈴』の看板が逆さになっていますよね。
この様子から“逆さ舎鈴”なんて呼ばれているそうです。

さっそく店内に入ってみると、そこは和風なBGMが流れるいかにも六厘舎系な雰囲気。

ヒビ機
看板は逆さだけど中は普通に『舎鈴』のままだし、目立たせるためだけか……?
シフト表

なんて思いながら席についたら答えが張り出されていました。

どうやらこのお店、『六厘舎』の創業者・三田遼斉氏を始めとする六厘舎系の精鋭たちが5月の中旬に突如始めたラーメン店で、まだ名前が決まっていないから看板を逆さに掲げているそう。

そして各精鋭たちのファンに向けてなのか、シフト表と一言コメントまで貼ってあります。

ヒビ機
“疲れたら帰ります”が強すぎる

答えが分かったところで来た「つけ」は、舎鈴っぽくないビジュアル

つけ

今回いただいたのは「つけ」の中盛(800円)

麺は『舎鈴』っぽい中太ストレートですが、スープは『舎鈴』っぽい魚介感ゼロ。
ナルトもなければ、海苔がスープに沈んじゃったりしています。

麺の量は並300g(750円)~株主1050g(1,000円)までと幅広く、すべて茹で前のグラムだそう。
ちなみに今回の中盛は茹で前450gです。

『六厘舎』系の十八番、濃厚魚介を封印した動物系スープ

スープ

まずはスープから一口。レンゲは無いので味噌汁スタイルで飲みます。

『六厘舎』の十八番である濃厚な魚介テイストは一切せず、豚骨(もしかしたら鶏も)のコクと野菜の甘みがベースのあっさりとした味わい。
唐辛子や大葉のアクセントも効いていて、かなりいい感じです。

ヒビ機
ちょっと昔ながらの感じかも
豚肉 キャベツ

↑スープの中から豚肉・キャベツ・メンマ・ネギがゴロゴロ出てくる。

余談ですが、魚介を封印した理由は「三田店主が魚介のアナフィラキシーを起こして味見ができなくなったから」なんだとか。

舎鈴らしいツルッとした中太麺がスープによく合う

麺

麺は中太ストレート麺。
ツルッとすすれてのど越しが良く、コシもしっかりあります。

『舎鈴』の麺を確認してみましたが、これはそのまま(?)使っているっぽいですね。

割りスープは“ほうじ茶”。サラッとして飲みやすくなる

スープ割り

スープ割りは申告制。ほうじ茶で割ってくれます。

スープの味はほとんどそのままにサラッとした飲み口になるので、ゴクゴク飲み干せます。

ヒビ機
ほうじ茶割りって珍しいね

まとめ

六厘舎色のない動物系のコクと野菜の甘みを感じるつけ麺でした!
『六厘舎』系の精鋭たちによる魚介を封印したつけ麺、食べてみる価値はあると思います。

ちなみに、ヒビ機が訪問したのは5月下旬だったので店名未定でしたが、今(6月現在)は『孫作』という名前に決まったそうです。

では今回はこの辺で。ごちそうさまでした!

 

看板

●細かいチェックポイント●
味の重さ:ややこってり
温度:熱すぎず、ぬるくなく
提供時間:2分(早い)
お冷:二杯目からセルフ。冷たい
店内温度:適温
混雑具合:日曜12時過ぎで待ち1名。10分で着席
備品:つまようじ・紙ナプキン
卓上調味料:酢・一味・胡椒

タイプ:つけ麺
エリア:銀座 / 新橋 / 有楽町
推し麺度:☆7

関連ランキング:つけ麺 | 内幸町駅新橋駅虎ノ門駅

SPONSORED LINK

アイキャッチ