ベッカムも絶賛!『MENSHO SAN FRANCISCO』の和牛ラーメンが震える美味さだった。

アイキャッチ

Twitterで知ってからずっと楽しみにしていたラーメン店。
アメリカ・サンフランシスコからの逆輸入『MENSHO SAN FRANCISCO』。

2018年7月13日にオープンするという事で、仕事をほっぽりだして初日に行ってきましたとも。

ヒビ機
どうかバレませんように

アメリカから逆輸入!『MENSHO SAN FRANCISCO』が「新宿ミロード」にやってきた!

外観

7月13日オープン。新宿駅直結、『新宿ミロード』7Fにある『MENSHO SAN FRANCISCO』。

『新宿ミロード』のレストランフロアがグランドリニューアルし、日本初上陸のスイーツ店や新感覚の韓国料理店など数多くの注目店がひしめき合う中、ラーメン好きの間でオープン前から話題になっているのが、アメリカ・サンフランシスコからの逆輸入店『MENSHO SAN FRANCISCO』です。

店内は見ての通りラーメン屋らしからぬオシャレな雰囲気。
初日の一回転目はラオタ的な人(ヒビ機含め)が多かったですが、その後は女性のお客さんの方が多くみられたそうです。

メニュー

メニューはこんな感じ。

仕掛け人の庄野智治さんは、ラムや山椒にフォーカスしたラーメンなど、個性的なラーメン作りを得意とする『MENSHO』グループの代表であり、Twitter社のゲストシェフの経験もある方。

今回オープンした『MENSHO SAN FRANCISCO』では、ベッカムも自家用ジェットで食べに来たという「和牛らぁめん」や、Twitter社でも振る舞った「抹茶鶏白湯」などをいただくことができます。

ヒビ機
メニューの肩書きが強すぎる

ベッカムも絶賛!ド迫力の黒毛和牛が乗った「A5黒毛和牛醤油らぁ麺」

A5黒毛和牛醤油らぁめん PREMIUM

A5黒毛和牛醤油らぁめん PREMIUM(1,980円)

今回いただいたのは「A5黒毛和牛醤油らぁめん PREMIUM」(1,980円)

……分かる分かる。
スープとか麺とかベッカムが自家用ジェットで食べに来たとか、そういうのの前にツッコんでおかなきゃいけないものありますよね。

和牛リフト

なにこれ。

ド迫力すぎるし、贅沢の2文字で片付けるには言葉が安すぎるインパクト。
庄野さんが運んできた瞬間笑っちゃいましたもん。ヤバすぎる。

鹿児島まで庄野さん自ら足を運んで仕入れてきたというA5ランクの黒毛和牛
熱が入ったら勿体ないのですぐさまいただきます。

和牛アップ

全ての人類を魅了するピンクの輝き。

美味すぎる。

あまりに美味しすぎて元々少ない語彙力が全部吹っ飛んでしまいましたが、舌に乗せた瞬間に体温で肉がトロけて強烈な旨味と甘みを舌の全細胞で感じられた気がしました

大トロくらい脂も乗っていますがクドさはゼロ。
体温でさらっとした上質な油に変わってむしろ舌が喜んでいます。

ヒビ機
これはベッカムも自家用ジェットで来るわ

こだわりが惜しげもなく詰まったスープも語彙力が無くなるほど美味い。

スープ

黒毛和牛の余韻を感じつつスープも一口。

……深い

牛の甘み、鰹の旨味と酸味、醤油のコクがぐいぐい惹き込むような深さ
和牛の上に乗っている柚子が結構効いていますが、その酸味も鰹の酸味に寄り添っていて強くなく、むしろ相乗効果を生んでいるような気さえしました。

そんな庄野マジック全開のスープ。
牛のゲンコツと枕崎産の鰹の節がメインのダシに250年続く香川の老舗醤油店『かめびし屋』の醤油(10年ものの「十歳造(ととせづくり)」だったかな)を合わせ、同じく『かめびし屋』の三年醸造醤油の粉醤油をトッピングしているそう。

ヒビ機
食材のこだわりも凄すぎる

麺

麺は自家製の中太縮れ麺。
スーパーフードのキヌアが練り込まれているとのことですが、全粒粉に見えるツブツブがそうでしょうか。

加水率が高めなのか、プリッとした食感でスープの持ち上げも良好。
麺の美味しさは『MENSHO』グループなので間違いないですね。

勿体なくて残しておいた黒毛和牛。熱が入ったらまた違う美味さが待っていた。

和牛リフト

あまりに美味しくてちまちま食べていたらスープの熱で火が通った模様。
それでも始めと変わらず美味いし、舌の上で容赦なくトロけます。

ただ、熱が入ると食感が生まれて肉肉しさがアップ
お店としては早めに食べることを推奨していると思いますが、個人的には1/3くらい残しておいて熱が入ったところを食べてみて欲しいです。

ヒビ機
いつ食べても美味いぞこの肉

まとめ

完飲完食

完飲完食してしまった。

美味い。とにかく一度食べて。ヒビ機からは以上です。

チラッと聞きましたが原価は相当ヤバいそう。
でも確かにこの肉この味で1,980円は相当頑張ってると思います。笑

ちなみに今回食べたのは「PREMIUM(厚切り)」で1,980円ですが、1,480円の「NORMAL」もあります。
ちょっといいご飯を食べる感覚で行ってみて下さい。

では今回はこの辺で。ごちそうさまでした!

鶏白湯らぁめん

鶏白湯らぁめん(860円)

↑同行者が食べた「鶏白湯らぁめん」。エスプーマしてるのか、ふわふわクリーミーで美味しい。

【東京ラーメンタル】のTwitterフォローしてね!

●細かいチェックポイント●
味の重さ:ややあっさり
温度:熱すぎず、ぬるくなく
提供時間:25分くらい(初日だから仕方ない)
お冷:出してくれるし注いでくれる。冷たい
店内温度:適温
混雑具合:オープン初日11時で満席(並ぶことは無さそう?)
備品:紙ナプキン・紙エプロン
卓上調味料:胡椒

タイプ:醤油
エリア:新宿 / 代々木 / 大久保
推し麺度:☆10

関連ランキング:ラーメン | 新宿駅新宿三丁目駅新宿西口駅

アイキャッチ