新宿の『ajito ism』の「ピザソバ」は本店と同じ味なのか確かめてきた

アイキャッチ

こんにちは。東京ラーメンタルヒビ機です。

今回ご紹介するのは、創作系まぜそばの雄『ajito ism』が新宿にオープンした2号店。
つい先日、新レギュラーに加わった「ナルボナーら」を食べましたが、やはり『ajito ism』と言ったら「ピザソバ」でしょう。

2号店の「ピザソバ」は本店の味に忠実なのか、はたまた違いがあるのかを確かめに行ってきました。

ヒビ機
やっぱピザソバ食べなきゃダメだよな

本店との違いを確かめに新宿の『ajito ism』へ

外観

新宿駅から徒歩3分くらいのところにある『ajito ism shinjuku base』。

2019年4月25日オープン。
ラーメン業界で権威のある「TRYラーメン大賞」の名店汁なし部門で、2017年から3連覇を果たしている創作まぜそばの雄『ajito ism』の2号店です。

券売機

メニューはこんな感じ。
今回は本店との味の違いを検証(?)するのが目的なので、「ピザソバ」と「〆のリゾット」をポチり。

食券を渡す際にアンチョビとオリーブを入れていいかの確認があったので、もちろんお願いしました。

本店と変わらぬ綺麗な盛り付けの「ピザソバ」が到着!

ピザソバ

待つこと数分。「ピザソバ」(850円)が到着。

当然と言えば当然ですが、使っている食材は本店と同じで見た目はほぼ同じですね。
なんなら盛り付けは本店より凝っているような気がします。

ピザソバ

ほら! めっちゃ綺麗に撮れた!

ヒビ機
そんなことしてないで早く食え

味は本店と比べてやや大人しめというか大人っぽい気がした!

麺

勿体無い気もしますが、よく混ぜてから食べていきます。

トマトをベースに魚介や動物系のコクが感じられるのは本店と同じ。
ですが、トマトのフレッシュな酸味が抑えめなのか、本店に比べてデミグラスっぽい大人な味わいに感じました。

本店は味に遊びがあるけどこちらは大人しいと言うか、本店がアメリカのピザだとしたらこちらはイタリアンのピザと言うか。

麺の種類も同じかと思いますが、こちらは茹で時間が気持ち短いのか、しっかりとコシがあり“つけ麺の麺”っぽさがあります(本店はつけ麺の麺と生パスタの中間みたいな感じ)。

ヒビ機
こっちの味が好きって人も多そうだね

「〆のリゾット」は間違いない美味しさ!

〆のリゾット

麺を食べ終えたら「〆のリゾット」(200円)を注文。
ご飯、ソース、チーズ、半熟卵が入るのでソースを温存しなくても大丈夫です。

トマトソースとチーズと卵をまとったご飯の味については言わなくても分かると思います。
想像通りの間違いない美味しさです。

まとめ

本店とは微妙に違うものの、本店に劣らない確かな味の独創的なまぜそばでした!

本店の「ピザソバ」と新宿店のレギュラー「カルボナーら」は下にリンクを貼っておくので、良かったらあわせてどうぞ。

では今回はこの辺で。ごちそうさまでした!

↓本店の「ピザソバ」の記事はこちら↓

創作まぜそばの名店『ajito ism』のピザソバは“味のおもちゃ箱”だった!

↓新宿店の「カルボナーら」の記事はこちら↓

まぜそばの名店『ajito ism』が新宿に!新レギュラー「カルボナーら」にも注目!

【東京ラーメンタル】のTwitterフォローしてね!

●細かいチェックポイント●
味の重さ:こってり
温度:熱すぎず、ぬるくなく
提供時間:6分(標準)
お冷:セルフ。冷たい
店内温度:適温
混雑具合:平日18時過ぎで待ち時間なし
備品:つまようじ、紙ナプキン、紙エプロン
卓上調味料:特製醤油だれ、塩、ブラックペッパー、カイエンペッパー、カレー粉、にんにくのみじん切り、タバスコ

タイプ:まぜそば / 油そば
エリア:新宿 / 代々木 / 大久保
推し麺度:☆7

関連ランキング:油そば | 新宿西口駅西武新宿駅西新宿駅

アイキャッチ