渋谷『レンゲノゴトク』で排骨を100%楽しむなら“冷やし”にすべきたった1つの理由

アイキャッチ

こんにちは。東京ラーメンタルヒビ機です。

今回ご紹介するのは、つい先日渋谷に復活した担々麺のお店『Renge no Gotoku』。
つい先日復活してつい先日行ったばかりですが、他の人が食べていた“冷やし”のメニューが食べたくなったので、また食べに行ってきました。

ヒビ機
隣の芝生はなんとやら

“冷やし”の排骨担々麺を食べに『Renge no Gotoku』へ

外観

渋谷駅から徒歩3分くらいのところにある『Renge no Gotoku (レンゲノゴトク)』。

2019年7月8日オープン。
渋谷駅前の再開発に伴い閉店した“亜寿加”の元店長・原子 力(はらこ ちから)氏によって再現された排骨担々麺が食べられるラーメン店です。

余談ですが、まだオープンから1ヶ月経っていないにも関わらず閉店30分前に行っても店内は満席。
すごい人気ぶりですね。

券売機

メニューはこんな感じ。
今回は予定通り「排骨冷やし担々麺」をポチり。

サクジュワな排骨が乗った「排骨冷やし担々麺」が到着!

排骨冷やし担々麺

待つこと数分。「排骨冷やし担々麺」(980円)が到着。

ラー油の色が食欲を刺激するゴマベースのタレの上に麺が折りたたまれ、揚げたてで大判サイズの排骨(パイクー)、きゅうり、水菜などがトッピングされています。

麺はぷりぷり。ピリ辛ゴマだれを絡めながら口に飛び込んでくる!

麺

麺は加水率高めな中細縮れ。
ぷりぷりとした弾力のある歯ごたえで、酸味と辛味の効いたゴマだれをよく絡めています。

名前こそ“担々麺”ですが、汁なしテイストというよりは辛い冷やし中華と表現した方が近い味ですね。

排骨はスープに浸らない分ずっとカリカリでジューシー!

排骨

注文を受けてから揚げる排骨は、衣はサクサク中はジューシーな逸品。
温かい担々麺とは違いスープに衣が浸かることがないため、最初から最後までサクサク食感をキープしてくれています。

ヒビ機
タイトルの「たった1つの理由」は“サクサク感が失われない”ところだな

まとめ

サクサク排骨を最後まで楽しめる、ピリ辛冷やし中華テイストの一杯でした!

汗だくになるくらいの熱々辛旨が好きなら「排骨担々麺」、ピリ辛でサクサクの排骨を楽しみたいなら「排骨冷やし担々麺」がいいかなと思います。

では今回はこの辺で。ごちそうさまでした!

↓「排骨担々麺」の記事はこちら↓

渋谷の名店が復活!サクッとジューシーな排骨担々麺『Renge no Gotoku』

↓渋谷のラーメンまとめはこちら↓

ラーメンライターが厳選!若者の街【渋谷】で本当に美味いラーメン店14選!


【東京ラーメンタル】のTwitterフォローしてね!

●細かいチェックポイント●
味の重さ:ややこってり
温度:ぬるめ
提供時間:5分(標準)
お冷:2杯目からセルフ。冷たい
店内温度:適温
混雑具合:平日21時半で待ち時間5分ほど
備品:つまようじ、ティッシュ、紙エプロン、ヘアゴム
卓上調味料:辛子高菜、胡椒、酢、自家製ラー油

タイプ:担々麺 / 汁なし担々麺
エリア:渋谷 / 恵比寿 / 代官山
推し麺度:☆7

関連ランキング:ラーメン | 渋谷駅神泉駅代官山駅

アイキャッチ