羽釜で炊いた濃厚ミルキー豚骨!TRY常連の名店『麺屋 庄太』が赤坂にオープン!

アイキャッチ

こんにちは。東京ラーメンタルヒビ機です。

今回ご紹介するのは、2019年6月17日に東京進出を果たした豚骨ラーメン店『麺屋 庄太』。
横浜市六浦に本店を構えるこちらのお店は、羽釜を使って炊いた豚骨スープが特徴的で、ラーメン業界で権威のある「TRYラーメン大賞」の豚骨部門において2012年から現在(2019年)まで連続で受賞している名店。

そんな名店が都内にできたら行かないわけにはいかないでしょってことで、さっそく食べに行ってきました。

ヒビ機
8年連続受賞ってもの凄いな

赤坂に進出した羽釜豚骨の名店『麺屋 庄太』へ

外観

赤坂駅から徒歩2分くらいのところにある『麺屋 庄太(しょうた)』。

2019年6月17日オープン。
冒頭でも書きましたが、羽釜を使って炊いた豚骨スープが特徴的で、ラーメン業界で権威のある「TRYラーメン大賞」の豚骨部門において2012年から現在(2019年)まで連続で受賞しているラーメン店です。

券売機

メニューはこんな感じ。
鶏油やほうれん草で寄せたと思われる「家系らぁ麺」や、マー油で熊本ラーメンに寄せたと思われる「庄太ブラック」など、ベースは豚骨でもいろんな種類がありますね。

今回は一番ベーシックな「らぁ麺(並)」をポチり。
平日のランチタイム(11:00〜15:00)は「小ライス」が無料だったので、それもお願いしました。

ミルキーで濃厚そうな「らぁ麺(並)」が到着!

らぁ麺(並)

待つこと数分。「らぁ麺(並)」(800円)が到着。

ミルキーで濃厚そうな白濁したスープに中太麺が泳ぎ、チャーシュー、メンマ、海苔、ネギがトッピングされています。

小ライス

小ライス」はスープに浸した海苔を巻いて食べることにします。

スープは濃厚ながらやや酸味が強め。これはブレか?

スープ

まずはスープから一口。

口に含んだ瞬間、臭みのないミルキーな豚骨の旨みがグワッと広がりました。
ただ、カエシの影響か新店ゆえのブレなのか、やや酸味が強めなのが気になりますね。

麺

麺は大橋製麺製の中太ストレート。
個人的にあまり馴染みのない製麺所ですが、家系で使われることが多い製麺所のようです。

ぷるぷる、もちもちの食感で家系ライクな短めの麺。
小麦の味はしっかり感じられましたが、スープとのバランスを見ると麺がやや勝ち気味な気もしました。

チャーシュー

チャーシューは少し豚のクセを感じる肉肉しい食感。

ヒビ機
全体的に下ブレっぽい感じかなぁ

まとめ

下ブレが気になるものの、今後に期待できそうな濃厚ミルキーな豚骨ラーメンでした!

オープン間もないので、これからのブラッシュアップに期待ですね。
少し間をおいてまた食べにきたいと思います。

では今回はこの辺で。ごちそうさまでした!

【東京ラーメンタル】のTwitterフォローしてね!

●細かいチェックポイント●
味の重さ:こってり
温度:熱すぎず、ぬるくなく
提供時間:5分(標準)
お冷:セルフ。冷たい
店内温度:適温
混雑具合:平日11時半で待ち時間なし
備品:紙ナプキン、つまようじ、紙エプロン、ヘアゴム、荷物置き
卓上調味料:練り唐辛子、おろしにんにく、炒りごま、フライドガーリック、自家製唐辛子、旨味酢、ミル胡椒

タイプ:豚骨
エリア:赤坂 / 永田町 / 溜池
推し麺度:☆7

関連ランキング:ラーメン | 赤坂駅赤坂見附駅溜池山王駅

アイキャッチ