餡も旨味もぎっしり!稲荷町『大和』のワンタン麺は白だし香る上品な一杯だ!

アイキャッチ

こんにちは。東京ラーメンタルヒビ機です。

今回ご紹介するのは、ミシュランにも掲載された名店『八雲』出身の店主が営む、ワンタン麺が人気のお店。
『八雲』のワンタンといえば小ぶりながら餡がぎっしり入っているのが特徴ですが、どうやら今回のお店もその味を踏襲しているとのこと。

ということはもう間違いなく美味しいだろうということで、早速食べに行ってきました。

ワンタン過激派
ワンタンの美味さは餡の詰まり具合に比例するもんな

名店「八雲」を踏襲したワンタン麺を食べに『大和』へ

外観

稲荷町駅から徒歩2分くらいのところにある『雲呑麺 大和 稲荷町本店(わんたんめん やまと いなりちょうほんてん)』。

2017年3月オープン。
ミシュランガイドのビブグルマンにも掲載された池尻大橋の名店『八雲』出身の店主が営むラーメン店で、出身元と同じく白だしと黒だしを使ったワンタン麺が人気です。

券売機

メニューはこんな感じ。
上半分が白醤油ベースの「白だし」、下半分が黒醤油ベースの「黒だし」のメニューで、その他トッピングやドリンクと言ったラインナップです。

今回は、左上の法則(ラーメン店のおすすめは左上にあることが多い)に従って、肉ワンタンとエビワンタンが3つずつ乗る「白特製ワンタンメン」をポチり。

魚介のいい香りと共に「白特製ワンタンメン」が到着!

白特製ワンタンメン

待つこと数分。魚介ダシのいい香りと共に「白特製ワンタンメン」(1,020円)が到着。

白醤油ベースの澄んだスープに細麺が綺麗に折りたたまれ、肉ワンタン、エビワンタン、チャーシュー、メンマ、海苔、ネギがトッピングされています。

スープは魚介と動物の旨味がじんわり染みる上品な味わい。

スープ

まずはスープから一口。

おぉ……染みるぅ……‼︎

スープが舌に触れた瞬間、魚介、乾物、鶏などのあっさりながらもコクのある旨味がじわじわと染み渡りました。
白醤油の繊細な塩味のバランスも良く、一口一口をしみじみ味わいたい美味しさです。

麺

麺は菅野製麺製のやや白っぽい角あり細ストレート。
細麺らしいしなやかさとコシのある麺で、噛んだ時の小麦の風味も上品です。

ヒビ機
スープも麺も品があって美味いな

肉ワンタンもエビワンタンも旨味がぎっしり詰まってて美味い!

肉ワンタン

肉ワンタンは少し肉の粒感を残しつつもなめらかな食感。
噛んだ瞬間に肉の旨味・甘みがブワッと溢れ出してくる逸品です。

エビワンタン

エビワンタンは、このサイズのワンタンなのにエビが数匹入っている豪華仕様。
やや塩分強めに作られているためプリプリっとしたエビの旨味が引き立っており、繊細なスープに対しても良いアクセントになっています。

ヒビ機
どっちもここに来たら食べなきゃ損だな
チャーシュー

昔っぽいフチがピンクのチャーシューは肉の旨味がひと噛みごとに溢れる美味しさです。

最後は一口雑炊でピリッと味を引き締めて〆るべし!

一口雑炊

最後は期間限定(期間は不明)で無料提供されている「一口雑炊」で〆。

少し振りかけられた七味から感じるピリッとした唐辛子の辛さや山椒の爽やかな香りが良いアクセントに。
そのままのスープでしみじみ終わるのもいいですが、味を引き締めて〆るのもいいですね。

まとめ

旨味がぎっしり詰まったワンタンが秀逸な、上品なダシ香るラーメンでした!

素材の旨味の引き出し方は出身元の『八雲』にも引けを取らない上手さですね。
「黒だし」や、白と黒の「MIX」も気になるので、また食べに行こう思います。

では今回はこの辺で。ごちそうさまでした!

【東京ラーメンタル】のTwitterフォローしてね!

●細かいチェックポイント●
味の重さ:あっさり
温度:熱すぎず、ぬるくなく
提供時間:17分(遅め)
お冷:2杯目からセルフ。冷たい
店内温度:適温
混雑具合:祝日12時過ぎで待ち時間なし
備品:紙ナプキン、つまようじ
卓上調味料:胡椒、酢、一味

タイプ:醤油
エリア:上野 / 浅草 / 日暮里
推し麺度:☆8

関連ランキング:ラーメン | 稲荷町駅新御徒町駅田原町駅

アイキャッチ