豚の甘みがふんわり舞う。秋葉原『田中そば店』のラーメンは“染みる豚骨”だ!

アイキャッチ

こんにちは。東京ラーメンタルヒビ機です。

今回ご紹介するのは、喜多方ラーメンがベースとなった塩豚骨ラーメンが食べられるお店。
都内だけでも十数店舗展開する人気店なので知っている方も多いかもしれませんが、美味そうなラーメンだったらなんでも食べに行くがモットーの東京ラーメンタルということで、早速食べに行ってきました。

ヒビ機
チェーンだろうが個人店だろうがラーメンは等しくラーメンだしな

喜多方ベースの塩豚骨ラーメンを食べに『田中そば店』へ

外観

末広町駅から徒歩5分、秋葉原駅から徒歩10分くらいのところにある『田中そば店 秋葉原店』。

2012年3月オープン。
六町にある長浜ラーメンの名店『田中商店』の系列店にあたり、喜多方ラーメンをベースとした塩豚骨ラーメンが人気のお店です。

券売機

メニューはこんな感じ。
看板メニューの「中華そば」の他、山形の有名店をリスペクトしたという「山形辛みそ」やご飯ものなどのメニューもあります。

今回は、看板メニューの「中華そば」をポチり。
背脂が乗る“こってり”もありますが、ノーマルのままでお願いしました(何も言わなければノーマルになります)。

澄んだスープが食欲を刺激する「中華そば」が到着!

中華そば

待つこと数分。豚骨のいい香りと共に「中華そば」(770円)が到着。

澄んだ黄金色のスープに中太麺が泳ぎ、チャーシュー、メンマ、ネギがトッピングされています。
やや小さめの丼ぶりにスープがなみなみと注がれているのもいいですね。

スープは豚骨の甘みと柔らかい塩味を感じるコク深い味わい。

スープ

まずはスープから一口。

んん〜! 豚骨の旨味が染みるぅ〜!

スープを口に含んだ瞬間、豚骨の甘みと柔らかい塩味がふんわりと広がりました。
あっさりながらもコク深く、塩味もしっかり効かせてあるため、レンゲを持つ手を次へ次へと口に運ばせる牽引力があります。

麺

麺は平たい中太ストレート。
ちゅるんとした滑り心地のいい麺肌なので啜った時のスープの香りの広がりがよく、麺自体の小麦の甘みも強い麺です。

チャーシューは小ぶりながら肉の旨味が凝縮されてて美味い!

チャーシュー

チャーシューは喜多方ライクな小ぶりのバラタイプ。
肉肉しいしっかりめな肉質で、噛めば噛むほど肉の旨味がジュワジュワッと溢れ出す逸品です。

ヒビ機
このクオリティなら「肉そば」にすれば良かったな

ピリッと辛く香ばしい“唐華”を入れるのもオススメ!

唐華

後半になったら卓上にある“唐華”を入れるのもオススメ。
見た感じラー油を作ったあとのガラといったところでしょうか。香ばしい匂いがします。

スープ

スプーン一杯入れると、焙煎七味のような唐辛子のピリッとした辛さと香ばしさがプラス。
ふんわりした味がピシッと引き締まってまた違う美味しさになります。

ヒビ機
麺が残ってる時に入れたら良かったな

まとめ

豚骨の甘みと柔らかい塩味が染みる、しみじみ美味い塩豚骨ラーメンでした!

ラーメン好きの方からしたらいろんな場所にあるラーメン店というイメージかもしれませんが、覚えておいて損のない一軒ですね。
“こってり”は一度食べたことがあるので、次は「山形辛みそ」ですかね。

では今回はこの辺で。ごちそうさまでした!

【東京ラーメンタル】のTwitterフォローしてね!

●細かいチェックポイント●
味の重さ:ややあっさり
温度:熱々
提供時間:3分(早め)
お冷:2杯目からセルフ。冷たい
店内温度:適温
混雑具合:祝日18時前で待ち時間なし
備品:ティッシュ、つまようじ
卓上調味料:胡椒、唐華

タイプ:
エリア:秋葉原 / 神田 / 水道橋
推し麺度:☆8

関連ランキング:ラーメン | 末広町駅秋葉原駅湯島駅

アイキャッチ