贅の極み!“ふぐ”の旨味が力強すぎる高級ラーメン銀座『八代目けいすけ』

アイキャッチ

こんにちは。東京ラーメンタルヒビ機です。

今回ご紹介するのは、銀座にある“ふぐ”を使ったラーメンで人気を博すラーメン店『ふぐだし潮 八代目けいすけ』。
銀座というセレブな街にぴったりなコンセプトのラーメンは一体どんな味がするのか。
気になったので、早速食べに行ってきました。

ヒビ機
ふぐのラーメンって珍しいな

ふぐが主役のラーメンを食べに『八代目けいすけ』へ

外観

銀座駅直通「東急プラザ銀座」地下一階にある『ふぐだし潮 八代目けいすけ』。

2016年3月オープン。
フレンチや和食を経てラーメン業界へ参入した業界の革命児・竹田敬介氏が手がける人気ラーメングループ【肉そばけいすけ】の系列にあたるラーメン店で、店名通り“ふぐ”をふんだんに使ったラーメンが人気です。

券売機

メニューはこんな感じ。
基本は「ふぐだし潮らーめん」と「ふぐだし醤油らーめん」の2本で、その他セットメニューや一品もの、トッピングと言ったラインナップです。

今回は、”ふぐ茶漬け用ご飯”がつく「ふぐだし潮らーめん お茶漬けセット」をポチり。

食べ方

“ふぐ茶漬けの美味しい食べ方”を読みながら到着を待ちます。

上品なダシの香りと共に「ふぐだし潮らーめん」が到着!

ふぐだし潮らーめん

待つこと数分。ふぐダシの上品な香りと共に「ふぐだし潮らーめん」(単品1,120円)が到着。

少し濁りのあるスープに細麺が泳ぎ、ふぐの身、穂先メンマ、花麩、白菜、大葉、ネギ、柚子皮などがトッピングされています。

丼ぶりの左側にある注ぎ口はお茶漬けにスープをかける際に使うみたいですね。

薬味

味変用にすだちとわさびも付いてきます。

スープはふぐの旨みがブワッと広がる力強い味わい!

スープ

まずはスープから一口。

おわっ! めっちゃふぐ! 美味い!

スープを口に含んだ瞬間、ふぐをはじめとするダシの旨みがブワッと押し寄せてきました。
かなり力強い旨みながら荒っぽさは全くなく、どこまでも上品な味わいです。

麺

麺は全粒粉入りの細ストレート。
ぷるんとした滑りの良い麺肌と強めのコシが特徴的で、噛んだ時に広がる小麦の風味も上品です。

ヒビ機
ふぐ鍋の〆をそのままメニュー化したみたいな感じでめっちゃ美味いな

肉厚で旨みの強いふぐの身もめちゃくちゃ美味い!

ふぐ

チャーシューの代わりに乗るのはこちらのふぐの身。
はち切れんばかりにブリンブリンな身質で、昆布締めされているのか旨みがギュッと凝縮された逸品です。

ヒビ機
スープで熱を入れても美味いな

〆はふぐだし茶漬けで最後の一滴まで味わい尽くすべし!

お茶漬けセット

麺を食べ終えるタイミングで「お茶漬けセット」(単品500円)も到着。
お茶漬け用のふぐ飯、ふぐの身、わさび、漬物がセットになっています。

スープ

まずは店員さんが焼き石を入れてスープを温めてくれます。

お茶漬け

温まったらご飯にかけてふぐの身を入れて完成。

ふぐの炊き込みご飯(ふぐ飯)にふぐダシスープをかけ、その上にふぐの身をトッピングした贅の限りを尽くしたこの一口。美味しくないわけがないですよね。

ヒビ機
麺を少なくしてでもこの〆はやって欲しいな

まとめ

上品で力強いふぐダシの旨みが押し寄せる、贅の極みな一杯でした!

ふぐをふんだんに使っているだけあって値段の方も贅の極みですが、自分へのご褒美にはぴったりですね(ヒビ機は褒美を貰えるほど何かを頑張っている訳ではありませんが)。

また何かを成し遂げて自分を褒めたくなった時に食べに来ようと思います。

では今回はこの辺で。ごちそうさまでした!

【東京ラーメンタル】のTwitterフォローしてね!

●細かいチェックポイント●
味の重さ:あっさり
温度:熱すぎず、ぬるくなく
提供時間:1分(早め)
お冷:2杯目からセルフ。冷たい
店内温度:適温
混雑具合:土曜の11時半で待ち時間なし
備品:紙ナプキン、つまようじ、紙エプロン、ヘアゴム、荷物置き、ハンガー
卓上調味料:胡椒、柚子七味、一味、黄金一味

タイプ:
エリア:銀座 / 新橋 / 有楽町
推し麺度:☆8

関連ランキング:ラーメン | 銀座駅日比谷駅有楽町駅

アイキャッチ