甘辛ジャンキー!ゴロッと乗る“肉塊”が旨すぎるまぜそば立川『コンドル』

アイキャッチ

こんにちは。東京ラーメンタルヒビ機です。

毎年お正月には『立川マシマシ』の限定メニュー「麺が餅」をお雑煮としているヒビ機。
今年も例に漏れずお雑煮を食べに『立川マシマシ』が入る「らーめん たま館」へ行ったのですが、以前『初代青樹』があった場所に見たことのないラーメン店が。

調べてみると(というより“マシライス”がある時点で察しましたが)、どうやら『立川マシマシ』の新ブランドとのこと。
リサーチ不足の自分が若干恥ずかしいですが、面白&美味しそうなラーメン店を見つけたら入らずには居られないヒビ機。急遽予定を変更して食べに行ってきました。

ヒビ機
お正月文化より好奇心を優先させる悪い男よ

立川マシマシの新ブランドの一杯を食べに『コンドル』へ

外観

立川駅から徒歩3分、「らーめん たま館(やかた)」内にある『まぜそば コンドル』。

2019年10月オープン。
同じく「たま館」内にあり都内に複数展開する人気二郎系ラーメン店『立川マシマシ』の新ブランドにあたり、同店の人気メニュー「マシライス」のルー“マシルー”を添えたまぜそばが人気のお店です。

(ちなみに写真の行列は全て『立川マシマシ』のもの。
もともと人気店ではありますが、お雑煮効果かウインズ立川が目の前にあるからか、「たま館」の外まで伸びています。)

券売機

メニューはこんな感じ。
基本は「まぜそば」「マシライス」「肉ネギカレー麺」の3本で、その他トッピングやドリンクと言ったラインナップです。

今回は様子見ということで、普通サイズと思われる「まぜそば 中」(中300g)をポチり。

肉がゴロゴロ乗った「まぜそば」が到着!

まぜそば

待つこと数分。「まぜそば 中」(890円)が到着。

あらかじめタレが絡んだ太麺の上には、軽くほぐしたチャーシューの塊、マシルー、ゆで卵、大葉、ナルト、ネギがトッピングされています。

さすが『立川マシマシ』の血が流れるだけあって、見た目はジャンキーですね。

スープとジンジャーマヨ

スープとジンジャーマヨはサービスでいただきました。

ヒビ機
外は寒いのでってことでいただいたけど、こういう気配りが嬉しいね

よく混ぜてから一口。甘辛ジャンキーでめっちゃ美味い!

麺

よく混ざったところで一口。

うっわ! ジャンキーで美味い!

タレのベースは醤油とラードあたりでしょうか。
そのタレにマシルーが加わることで、中華あん的な甘辛くもジャンキーな味わいに。

これはコシの強い麺を口いっぱいに頬張ってモシャモシャ噛みながら、一気に押し寄せる強い小麦の風味と一緒に楽しむのが正解ですね。
クドくなりがちなところを大葉の爽やかさがカバーしているのもポイントです。

ジンジャーマヨ

ジンジャーマヨの“マヨ”は比較的軽めなもの。
全体にコクが加わると同時に、シャクっと粗めな生姜の辛味がいいアクセントになっています。

もはや“肉塊”なチャーシューも肉肉しくて美味い!

チャーシュー

こちらは混ぜる前の写真ですが、混ぜた後はこの“肉塊”的なチャーシューも容赦なく口へ飛び込んできます。

チャーシューは甘じょっぱいタレが中まで染みていて、端肉にあたる肉肉しい旨みが詰まったものからトロットロな甘みの強いものまで様々。
次回は「肉ダブル」にしようと一瞬で決意したほどの逸品です。

ヒビ機
デフォルトでもゴロゴロ入っているけどね
スープ

スープはやや酸味の効いた“町中華で出てきそうな良い感じにチープな味わい”のもの。
油っぽくなった口をさっぱりさせてくれました。

まとめ

ゴロゴロ入った肉塊が食べ応え満点な、甘辛ジャンキーまぜそばでした!

本店でもまぜそばにあたる「汁なし麺」がありますが、個人的にはこちらの「まぜそば」の方が好みですね。
「ガリバタ」や「粉チーズ」などアレンジの幅も広そうなので、また食べに来ようと思います。

では今回はこの辺で。ごちそうさまでした!

【東京ラーメンタル】のTwitterフォローしてね!

●細かいチェックポイント●
味の重さ:こってり
温度:熱すぎず、ぬるくなく
提供時間:9分(遅め)
お冷:セルフ。冷たい
店内温度:適温
混雑具合:日曜11時半で待ち時間なし
備品:ティッシュ、つまようじ、紙エプロン、荷物入れ
卓上調味料:ニンニク、酢、ラー油、胡椒、ハバネロソース

タイプ:まぜそば / 油そば
エリア:立川市 / 八王子市周辺
推し麺度:☆8

関連ランキング:油そば | 立川駅立川南駅立川北駅

アイキャッチ