厚さ2cmの“丸太豚”!蒲田『ラーメン宮郎』の豚は確かに美味しかったが……。

アイキャッチ

こんにちは。東京ラーメンタルヒビ機です。

今回ご紹介するのは、以前ご紹介した蒲田の超濃厚煮干しつけ麺店『煮干しつけ麺 宮元』のセカンドブランドとなる二郎系ラーメンの人気店。

山のように盛り付けられたヤサイもですが、どうやらそのお店は丸太のような極厚カットの豚のインパクトがものすごいとのこと。
というわけで早速、極厚な豚が乗るという一杯を食べに行ってきました。

ヒビ機
二郎系における豚は第二の主役と言えるくらい重要だから楽しみだな

丸太のような極厚豚が乗る二郎系を食べに『宮郎』へ

外観

蒲田駅から徒歩5分くらいのところにある『ラーメン宮郎(みやろう)』。

2017年6月オープン。
同じく蒲田にある濃厚煮干しつけ麺の人気店『煮干しつけ麺 宮元』のセカンドブランドに当たる、二郎系のラーメンが人気のお店です。

券売機

メニューはこんな感じ。
基本は「ラーメン」「汁なしそば」「辛いラーメン」「辛い汁なし」「塩ラーメン」の5本で、その他季節の限定メニューやトッピング、ごはんものやドリンクと言ったラインナップですね。

今回は「ラーメン 並盛」と「豚1枚」をポチり。

コール表

二郎系でおなじみのコールは写真の通り。
食券を渡すタイミングで訊かれたので、“ヤサイマシニンニクアブラマシ”でお願いしました。

ヤサイの山に極厚豚が寄りかかる「ラーメン」が到着!

ラーメン 豚1枚

待つこと数分。「ラーメン 並盛」(840円)の「豚1枚」(130円)の“ヤサイマシニンニクアブラマシ”が到着。

ヤサイの山の頂上には味付きのアブラが乗り、サイドを極厚豚とニンニクがかためています。
“ヤサイマシ”はトング2〜3掴みくらいの量。一般的な二郎系の普通くらいと言ったところでしょうか。

スープは豚骨の旨味と醤油を感じるが、やや力不足な感じ。

スープ

まずは非乳化タイプのスープから一口。

あっさりめな豚骨の旨味に醤油がふわっと香る、比較的サラッとした飲み口。
二郎系にしてはやや力不足感が否めず、ニンニクの刺々しい辛味もモロに感じられてしまいます。

ただ、日によっては乳化していることもあるので、この日は下ブレだったかもしれません。

麺

麺は二郎系らしい平たい太縮れ。
ゴワゴワ・モチモチとした強靭なコシがあり、噛んだ時の小麦の風味も強烈な麺です。

ヒビ機
スープが弱いから勝ち過ぎちゃってるけど、ブレてなければ最高だろうな

豚は超厚いのにサクッと切れる柔らかさ! タレも染みてて美味い!

豚

豚はバラと思われる煮豚タイプ。

豚

厚みは1.5〜2cmくらいでしょうか。“丸太のような”という表現にも納得できる超極厚カットです。

しかし、かぶりついてみるとサクッと噛み切れる柔らかさ。
ニンニク風味でギリッと塩分の効いた醤油ダレがしっかり染みていて、ギュッと詰まった肉の旨味とのハーモニーがたまらない逸品です。

ヒビ機
これは増して正解だな

まとめ

豚や麺がかなりのレベルだっただけに、今回はスープのブレが気になりました。

次食べるとしたらスープのブレがない「汁なしそば」ですかね。

では今回はこの辺で。ごちそうさまでした!

【東京ラーメンタル】のTwitterフォローしてね!

●細かいチェックポイント●
味の重さ:ややこってり
温度:熱すぎず、ぬるくなく
提供時間:8分(標準)
お冷:セルフ。冷たい
店内温度:適温
混雑具合:平日12時で待ち時間なし
備品:紙ナプキン、つまようじ、紙エプロン、ハンガー
卓上調味料:胡椒、一味、酢、カエシ

タイプ:二郎 / 二郎インスパイア系
エリア:大井 / 蒲田
推し麺度:☆6

関連ランキング:ラーメン | 蒲田駅蓮沼駅

アイキャッチ