鴨の洪水!食べる前から鴨感が押し寄せる濃厚ラーメン浅草『中華ソバ ビリケン』

アイキャッチ

こんにちは。東京ラーメンタルヒビ機です。

今回ご紹介するのは、2019年7月5日にオープンしたばかりの鴨が主役のラーメン店。
人気店の2号店ということもあり、オープンまもなくから行列店へと成長したお店の一杯を食べに行ってきました。

ヒビ機
鴨は大体美味いから期待だな

鴨が主役のラーメンを食べに『中華ソバ ビリケン』へ

外観

浅草駅から徒歩3分くらいのところにある『中華ソバ ビリケン(Homemade Noodles BILLIKEN)』。

2019年7月5日オープン。
蔵前にあるシェルラー(貝ダシラーメン)の人気店『らーめん改』の姉妹店で、鴨をメインにした醤油ラーメンが食べられます。

ヒビ機が訪問した日はたまたま空いていましたが、普段は行列ができているみたいです。

券売機

メニューはこんな感じ。
基本は「中華ソバ」「担々麺」「鴨と鶏の油ソバ」の3本で、下の方はごはんものやトッピングの券ですね。

今回は「中華ソバ味玉入り」と、数量限定の「鴨チャーシューご飯」をポチり。
鴨尽くしの布陣で挑みます。

鴨脂の甘い香りと共に「中華ソバ味玉入り」が到着!

中華ソバ味玉入り

待つこと数分。鴨脂の独特な甘い香りと共に「中華ソバ味玉入り」(950円)が到着。

香りの強さからも分かりましたが、スープ表面を覆う香味油の層が厚いですね。
そんな鴨スープには自家製と思われる細麺が泳ぎ、鴨チャーシュー、メンマ、青菜、味玉、ネギなどがトッピングされています。

スープは鴨脂のインパクトがとにかくすごい濃厚テイスト!

スープ

まずはスープから一口。

鴨! めっちゃ鴨!

スープが舌に触れるか触れないかのところからすでに鴨の香りが爆発しています。
なんと言いますか、鴨特有のレバーっぽいムッとくるようなクセなんですが、個人的には効かせすぎて臭みに感じてしまいました。

香味油が減ってくる後半になってもインパクトは衰えませんが、このくらいになると臭みから旨味に変わったかなという感じですかね。

ヒビ機
スープに厚みが増しましたってツイッターで言ってたけど、好みは分かれそうだね
麺

麺は細めのストレート。
麺自体はしっかりとした小麦の風味を感じるものですが、鴨脂がまとわりつきすぎている感じで少し惜しい気がしました。

チャーシュー

鴨チャーシューはおそらく低温調理されたレアタイプ。
一般的な鴨チャーシューとは違い、割り下っぽい甘めの味付けがされています。

これはこれで美味しいのですが、目を瞑って食べると豚っぽく感じてしまう(鴨の良さが損なわれている)のが個人的には残念でした。

味玉

味玉は黄身がゼリー状の半熟タイプ。
黄身の甘みが強く、こちらは間違いない美味しさですね。

「鴨チャーシューご飯」も鴨っぽさは控えめ。

鴨チャーシューご飯

鴨チャーシューご飯」(350円)

ラーメンの鴨チャーシューとの違いは、カットの厚さと火入れ加減でしょうか。
ただ、味付けはラーメンのものと同じ(似ている)ため、こちらも鴨の風味が損なわれているように感じてしまいました。

まとめ

好みは分かれるものの、好きな人にはたまらない濃厚鴨ラーメンでした!

少し辛口の記事になってしまいましたが、これからのブラッシュアップで化けそうなお店だとも感じました。
少し時間をおいて、また食べに行きたいですね。

では今回はこの辺で。ごちそうさまでした!

【東京ラーメンタル】のTwitterフォローしてね!

●細かいチェックポイント●
味の重さ:ややあっさり
温度:アツアツ
提供時間:8分(標準)
お冷:セルフ。冷たい
店内温度:適温
混雑具合:土曜12時半で待ち時間5分ほど
備品:ティッシュ、つまようじ、ハンガー
卓上調味料:酢、胡椒、一味

タイプ:醤油
エリア:上野 / 浅草 / 日暮里
推し麺度:☆6

関連ランキング:ラーメン | 浅草駅(東武・都営・メトロ)田原町駅浅草駅(つくばEXP)

アイキャッチ