【早稲田】強烈な旨味にノックアウト!鶏の全てを凝縮したラーメン『やまぐち』

アイキャッチ

なにを隠そう鶏清湯が一番好きなヒビ機。

都内で鶏清湯の名店と言えば西荻窪の『麺尊 RAGE』や三ノ輪の『トイ・ボックス』などが挙がりますが、一番知名度があるのは早稲田の『らぁ麺やまぐち』ではないでしょうか。

という事で今回は、「いまさら?」などという冷ややかな視線など気にせず、“ラーメンタル”のままに食べに行ってきました。

ヒビ機
超いまさらだな

TRYを始め、数多くの賞を受賞する鶏清湯の実力店『らぁ麺やまぐち』

外観

早稲田駅から徒歩10分、高田馬場駅から徒歩11分くらいのところにある『らぁ麺やまぐち』。

「食べログ ラーメン 百名店 TOKYO」2017、2018や「TRYラーメン大賞」や「ミシュランガイド」ビブグルマンなど、多くの賞を受賞する実力店。
鶏清湯の醤油ラーメンが人気で、写真のようにいつも行列ができています。

内観

店内はカウンター席のみで、木を基調としたモダンで落ち着いた雰囲気。

到着の瞬間から鶏の香りがムワッと香る「鶏ワンタンそば」

鶏ワンタンそば

鶏ワンタンそば(1,030円)

今回いただいたのは「鶏ワンタンそば」(1,030円)

琥珀色のスープに中細麺が泳ぎ、チャーシュー・鶏チャーシュー・ワンタン・メンマ・カイワレがトッピングされた綺麗なビジュアルをしています。

到着した瞬間にムワッと香る芳醇な鶏の香りに期待も高まります。

まずはスープを一口。その瞬間広がる鶏の旨味に驚くはず

スープ

まずはスープを一口。

最初に感じるのは表面に浮いた鶏油のブ厚い甘み。
その直後に豆のフレッシュさ・熟成(?)のコクを感じる醤油と鶏の旨味が広がります。

口に含んだ瞬間のインパクトは強く、舌に残る余韻も長いです。

ヒビ機
醤油を鶏が包み込むような一体感があるね
麺

麺は京都の『麺屋 棣鄂(ていがく)』製の中細ストレート麺。

しなやかでほんの少しのコシがあり、滑らかな啜り心地でのど越し◎
小麦の主張こそありませんが、啜り心地でしっかりと存在感を放っています

断面が長方形でスープに当たる面積を広くしているためか、スープとの絡みも良いです。

“鶏肉汁スープ”なほど肉汁溢れるやわらか鶏チャーシューも必見!

鶏チャーシュー

こちらは鶏チャーシュー。
かなりブ厚くカットされていますが肉質は柔らかいです。

味付けはシンプルに塩だけでしょうか。
肉汁と一緒に塩分がジュワッと溢れて“鶏肉汁スープ”になっているような印象です。

ヒビ機
さすが鶏の“とり”扱いが上手いね
チャーシュー

↑低温調理されたレアチャーシューは肉の甘みが強くてジューシー。

ワンタン

ワンタンの餡はおそらく鶏とほんの少しの柚子。
肉の旨味に柚子の爽やかな香りがアクセントとして効いています。

ワンタンなので(皮に包まれているので)柚子のアクセントがスープに移らないのもニクいですね。

ヒビ機
餡と皮のバランスもナイス

まとめ

鶏の甘みと旨味のインパクトがすごく、鶏を100%堪能できる醤油ラーメンでした!

ラーメン激戦区・高田馬場エリアで醤油ラーメンが食べたくなったら間違いないお店ですね。

では今回はこの辺で。ごちそうさまでした!

●細かいチェックポイント●
味の重さ:ややあっさり
温度:熱すぎず、ぬるくなく
提供時間:5分(標準)
お冷:セルフ。冷たい
店内温度:適温
混雑具合:平日18時でほぼ満席
備品:つまようじ・荷物置き
卓上調味料:なし

タイプ:醤油
エリア:池袋 / 高田馬場 / 早稲田
推し麺度:☆7

関連ランキング:ラーメン | 面影橋駅西早稲田駅早稲田駅(都電)

アイキャッチ