4/2オープン!醤油ダレにチーズと卵が絡む和風カルボナーラまぜそば渋谷『鶏トロRich』

アイキャッチ

こんにちは。東京ラーメンタルヒビ機です。

今回は、ヒビ機の中で不定期開催されている“アドリブでラーメン屋に入ってみよう”企画。
所用あって渋谷のセンター街を歩いていた所、ニューオープンを告げるお花が飾られているお店があったのでアドリブで入ってみました。

ヒビ機
どんなお店だろうな

4月2日にオープンしたまぜそば専門店『鶏トロRich』

外観

渋谷駅から徒歩3分くらいのところにある『NoodleHouse 鶏トロRich』。

2019年4月2日オープン。
店主はラーメン業界で15年以上修行した方。植物油をベースとしたヘルシーで健康的な油そばを提供するお店です。

券売機

メニューはこんな感じ。
看板メニューは店名にもなっている「鶏トロRich」だと思いますが、「カルボっちーSoba」に惹かれたので今回はこちらをポチり。

麺の種類は「中太ちぢれ麺」と「太平打ち麺」、量は「150g」「200g」「300g」から選択可能。
オススメは「中太ちぢれ麺」とのことなので、麺量200gでそちらをお願いしました。

内観

店内の雰囲気はこんな感じ。
食べログなどで大々的に宣伝していないためか、まだ空いていますね。

まぜそばをカルボナーラに昇華させた「カルボっちーSoba」が到着!

カルボっちーSoba

待つこと数分。「カルボっちーSoba」(950円)が到着。

丼を見る感じだと、タレと麺はあらかじめ混ぜられているようですね。
コロチャー、たまねぎ、チーズ、水菜、卵黄、紫キャベツ、のり、胡椒など、麺を隠してしまうほどたくさんのトッピングが乗っています。

カルボっちーSoba

こだわりが書かれたポップを見る限り、使われている油は植物由来のものだそう。
見た目はジャンクそうですが、サラッとしているんですかね。

弾力のある麺に卵とチーズのコクが絡む和風カルボナーラっぽい味わいだ!

混ぜた後

全体をよく混ぜてからいただきます。

麺

麺は少し弾力のある食感。
タレのベースはあっさりとした醤油にサラッとした植物油っぽいですが、チーズと卵が絡むことで和風カルボナーラっぽい味わいに。

ただ、野菜類の苦味や辛味、溶けきらなかったチーズの苦味が少し気になってしまいました。
たっぷり入っているコロチャーも、炙ったりして存在感を足してあげるとインパクトが出ていいかなぁという気も。

ヒビ機
もちろん、不味くはないんだけどね

まとめ

あっさり醤油ベースにチーズと卵のコクが絡む、和風カルボナーラなまぜそばでした!

個人的には少し惜しい部分を感じましたが、これからのブラッシュアップに期待ですね。

では今回はこの辺で。ごちそうさまでした!

↓渋谷のラーメンまとめはこちら↓

ラーメンライターが厳選!若者の街【渋谷】で本当に美味いラーメン店14選!

【東京ラーメンタル】のTwitterフォローしてね!

●細かいチェックポイント●
味の重さ:ややこってり
温度:ややぬるめ
提供時間:8分(標準)
お冷:セルフ。冷たい
店内温度:適温
混雑具合:日曜12時で待ち時間なし
備品:つまようじ、ティッシュ、ハンガー
卓上調味料:酢、ラー油

タイプ:まぜそば / 油そば
エリア:渋谷 / 恵比寿 / 代官山
推し麺度:☆3

関連ランキング:油そば | 渋谷駅神泉駅

アイキャッチ