まさに贅の極み!神戸牛をふんだんに使った鉄板焼き屋のラーメン代官山『貴真』

アイキャッチ

こんにちは。東京ラーメンタルヒビ機です。

今回ご紹介するのは、代官山にある鉄板焼きのお店。
……ついにラーメンに飽きて高級肉を紹介するブログになったわけではありません。

最近では結構見かけるようになりましたが、ラーメン屋じゃないお店がランチだけラーメンを出しているパターンのやつです。
“代官山の鉄板焼き屋”というだけでオシャレで高級そうなイメージですが、スーツでビシッとキメて食べに行ってきました。

ヒビ機
スーツなんて持ってないだろ

ラーメンを提供する鉄板焼き屋『鉄板焼き 貴真』へ

外観

代官山駅から徒歩5分くらいのところにある『鉄板焼き 貴真(きしん)』。

メインメニューは真空低温調理のステーキをはじめとする鉄板焼きですが、神戸牛を使ったラーメンも人気というお店。
元々は裏メニューだったものが口コミで広がり、多くのメディアに取り上げられる名物メニューになったんだとか。

メニュー

ラーメンのメニューはこんな感じ。
味は「特製ダレの醤油」「トリュフ香る塩」「辛みにんにく味噌」の3種類。神戸牛が乗るのはスペシャルと元祖の2種類でしょうか。

スペシャルに目がくらみそうになりましたが、今回は人気No.1の「スタミナセット」を注文。

内観

ラーメンを食べるのに目の前には鉄板。
長いコック帽を被った“私すごいシェフです!”感満載の人がやってきたので「お! 鉄板でチャーシュー焼くか⁉︎」と思ったら、セットの餃子を焼き始めてくれました。

ヒビ機
こういうお店慣れてないのバレるからソワソワすんなよ

低温調理の牛肉がキラキラ輝く「特製ダレの醤油」が到着!

特製ダレの醤油

待つこと数分。まずは「特製ダレの醤油」が到着。

醤油と牛の甘さが香るスープに透き通った細麺が泳ぎ、低温調理され脂がキラキラ輝く牛肉、九条ネギ、メンマがトッピングされています。

牛肉に熱が入ったら風味が悪くなりそうなのでさっそく食べていきましょう。

牛肉は笑えるくらいどっしりとした甘みを感じる逸品!

神戸牛

まずは牛肉から一口。

超うめぇ。笑

思わず“笑”がつくほど美味しいです。
神戸牛のチャーシューではないと思うんですが、それでも和牛なんですかね。口に入れた瞬間にトロッと溶け、上品でどっしりとした牛の甘みがブワッと広がりました。

この手のラーメンは『MENSHO SAN FRANCISCO』で食べたことがありますが、それに匹敵するクオリティです(向こうはA5ランクの黒毛和牛が乗ります)。

スープ

続いてスープを一口。

口に含んだ瞬間にまず感じたのはフレッシュな醤油の香りと椎茸や昆布などの乾物系の旨味。
牛骨、牛テール、サーロインヘレなども使われているようですが、牛のこってりとした甘さは控えめに感じられました。

ヒビ機
牛肉の甘さを立てるためかな
麺

麺は透き通った細ストレート。

よく言えば繊細、悪く言えばそうめんチックな控えめな存在感。
高級がコンセプトのラーメンによくあるタイプの麺ですが、スープや牛肉の引き立て役という感じでしょうか。

TKGと餃子は“贅沢×贅沢”な面白い味わい!

トリュフ卵かけご飯

こちらは「トリュフ卵かけご飯」。

日本一のこだわり卵を使っているらしく、黄身は「150%濃縮した?」というほど濃く、香りの強い黒トリュフにも負けていません。
乱暴な言い方をすると“贅沢×贅沢な味”ですが、こんな機会じゃないと食べられないようなものなので個人的には満足です。

神戸牛餃子(3p)

神戸牛餃子(3p)」は目の前の鉄板で焼いたもの。

ニラが入ったスタミナ系の餃子ですが、普段なら豚の肉汁を感じるところで代わりに感じたのは牛の甘み。
小学生並みの感想ですが、「いい牛肉を餃子にすると甘くなるんだ〜」という感じで不思議な味わいでした。

まとめ

笑えるくらい上品な甘さの牛肉が乗った贅沢な醤油ラーメンでした!

「スペシャルラーメン」も食べてみたいと思いましたが、貴族にならないと厳しいのでもう少し先になりそうです。
普段使いではないものの、話のネタにはもってこいのラーメンだと思います。

では今回はこの辺で。ごちそうさまでした!

ペッパー君

やたらギラついたペッパー君によるお出迎えも見どころ。

【東京ラーメンタル】のTwitterフォローしてね!

●細かいチェックポイント●
味の重さ:ややあっさり
温度:熱すぎず、ぬるくなく
提供時間:3分(早め)
お冷:注いでくれる。冷たい
店内温度:適温
混雑具合:平日13時で待ち時間なし
備品:おしぼり
卓上調味料:なし

タイプ:醤油
エリア:渋谷 / 恵比寿 / 代官山
推し麺度:☆5

関連ランキング:鉄板焼き | 代官山駅中目黒駅神泉駅

アイキャッチ