池袋で濃厚豚骨魚介つけ麺が食べたくなったら『馳走麺 狸穴』で幸せになろう

アイキャッチ

こんにちは。東京ラーメンタルヒビ機です。

今回ご紹介するのは、池袋にある濃厚豚骨魚介つけ麺の人気店。
東京ラーメンタルをよく見てくださる方は気づいているかもしれませんが、ヒビ機は最近池袋のラーメンを積極的に攻めています。

「だったら定番も攻めなきゃダメでしょ」という謎の使命感に駆られたので、さっそく食べに行ってきました。

ヒビ機
誰からも必要とされない使命感だな

濃厚豚骨魚介つけ麺を食べに『馳走麺 狸穴』へ

外観

池袋駅から徒歩5分くらいのところにある『馳走麺 狸穴(ちそうめん まみあな)』。

2009年12月オープン。
今やド定番でありふれている濃厚豚骨魚介つけ麺が看板ですが、それでも連日行列のできるラーメン店。池袋を代表するお店の一つと言っても過言ではないと思います。

券売機

メニューはこんな感じ。
下段にある「肉盛つけ蕎麦」は中華そばではなく、日本の蕎麦です(茹でる釜が一緒なので蕎麦アレルギーの方は注意。言えば別釜で茹でてもらえるそう)。

今回は定番の「濃厚魚介つけ麺」をポチり。
並盛りも大盛りも同じ値段でしたが、並盛りでお願いしました。

スープが泡立つほど濃厚な「濃厚魚介つけ麺」が到着!

濃厚魚介つけ麺

待つこと数分。魚介の節節しい香りと共に「濃厚魚介つけ麺」(880円)が到着。

スープは表面が泡立つほどの見るからに濃厚そうな仕上がり。
麺鉢には麺が綺麗に折りたたまれ、2種類のチャーシュー、穂先メンマ、海苔、三つ葉、なるとがトッピングされています。

麺

麺には全粒粉が練りこまれていますね。
これは絶対美味しいやつ。

スープは鰹節の荒々しさと豚骨の旨味を感じる濃厚テイスト!

スープ

まずはスープを一口。

口に含んだ瞬間、鰹節のインパクトのある荒々しい風味とそれを包み込むまろやかでこってりとした豚骨の旨味を感じました。
濃厚豚骨魚介系の王道の味ですが、他店に比べて動物系のこってりさがやや強めですね。

ヒビ機
この手のタイプが好きな人は絶対好きな味だな
麺

麺は少し丸みを帯びた全粒粉入りの太縮れ。
全粒粉の粒が大きく、そのまま食べると小麦の香りと香ばしさがふわっと広がりました。

麺の風味がしっかりしているので濃厚なスープにも負けていません。

低温調理のレアチャーシューは箸休めにもなる逸品!

チャーシュー

チャーシューは豚と鶏の2種類で、どちらも低温調理のレアチャーシュー。

スライサーでスライスされたと思われる豚チャーシューは、シルクのようなしっとりとした食感。
肉の甘みが強く感じられる逸品で、スープの濃厚さに疲れた時に箸休め的に食べるのがオススメです。

チャーシュー

鶏は水っぽくてパサついていたのが少し残念。
こちらはスープにつけて食べた方が良さそうですね。

まとめ

ド定番ながら安定した美味しさの濃厚豚骨魚介つけ麺でした!

池袋周辺には星の数ほどラーメン店がありますが、つけ麺が食べたくなったらここに来れば間違いないですね。

では今回はこの辺で。ごちそうさまでした!

【東京ラーメンタル】のTwitterフォローしてね!

●細かいチェックポイント●
味の重さ:こってり
温度:少しぬるめ
提供時間:1分(早め)
お冷:2杯目からセルフ。冷たい
店内温度:適温
混雑具合:日曜14時で待ち時間30分ほど
備品:つまようじ、ティッシュ、ハンガー、荷物置き
卓上調味料:一味、酢、胡椒

タイプ:つけ麺
エリア:池袋 / 高田馬場 / 早稲田
推し麺度:☆8

関連ランキング:つけ麺 | 池袋駅東池袋駅東池袋四丁目駅

アイキャッチ