隠れた名店。煮干の旨味と背脂の甘みが優しい燕三条系ラーメン武蔵境『一陽来復』

アイキャッチ

こんにちは。東京ラーメンタルヒビ機です。

今回ご紹介するのは、新潟5大ラーメンの1つである“燕三条系ラーメン”が食べられる武蔵境のラーメン店。
あっさり煮干しベース&粒感のある背脂が乗ったスープに極太麺を合わせるのが特徴の一杯を食べに行ってきました。

ヒビ機
ちなみに新潟5大ラーメンは“新潟あっさりラーメン”“燕三条系ラーメン”“長岡生姜醤油ラーメン”“新潟濃厚味噌ラーメン”“三条カレーラーメン”と言われているよ

燕三条系ラーメンを食べに『一陽来復』へ

外観

武蔵境駅から徒歩1分くらいのところにある『中華そば 一陽来復(いちようらいふく)』。

2019年2月オープン。
煮干しスープに背脂を浮かせた“燕三条系ラーメン”とオーソドックスな醤油ラーメンが人気のお店です。

同じ読み方のラーメン店が西八王子にもありますが、あちらは『一陽来“福”』でこちらは『一陽来“復”』。関係はなさそうです。

券売機

メニューはこんな感じ。
表の看板にも出ていた「背脂煮干」と「中華そば」の他、「煮干そば」「海老そば」「海老つけ麺」、サイドメニューやドリンクなんかもありますね。

今回は看板メニューの「背脂煮干蕎麦」と、50円という値段に惹かれた「チャーシュー炊き込みご飯」をポチり。

ちなみに「背脂煮干蕎麦」は背脂の量を小・中・大・鬼から選択可能とのこと(自己申告しない場合は中になるので、今回は中です)。

煮干しの香りと共に「背脂煮干蕎麦」が到着!

背脂煮干蕎麦

待つこと数分。煮干しのいい香りと共に「背脂煮干蕎麦」(750円)が到着。

背脂がたっぷり浮かぶ醤油スープの上には、チャーシュー、メンマ、岩のり、玉ねぎがトッピングされています。
750円のデフォルトでもチャーシューが4枚乗るのはすごいですね。

スープは煮干し・背脂・岩のりが広がるほっこりする味わい!

スープ

まずはスープから一口。

おぉ……あったけぇ……!

スープを口に含んだ瞬間、エグ味のないクリアな煮干しの旨味、プリッとした食感が心地いい背脂の甘み、岩のりからの磯の風味が絶妙なハーモニーを奏でながらふわっと広がりました。

舌にじんわりじんわり染みるほっこりする味わい。これは美味しいですね。

コシの強い麺は食感が心地よく、小麦の香りも豊かで美味い!

麺

麺は三河屋製麺製と思われる平たい極太手揉み。

歯が跳ね返されるような強いコシがあり、噛むたびに小麦の香りが広がります。
手揉みで縮れているのでスープとの絡みもいいですね。

ヒビ機
攻めのコシだけどこれくらいが美味いな
チャーシュー

チャーシューはバラの煮豚タイプ。
サクッと噛み切れる食感で、肉の旨味とタレのあまじょっぱさがジュワッと溢れる逸品です。

「チャーシュー炊き込みご飯」は50円のクオリティではないぞ……!

チャーシュー炊き込みご飯

麺の後は「チャーシュー炊き込みご飯」(50円)を。

味付けはチャーシューの煮汁と生姜でしょうか。
タレの旨味と生姜の爽やかさをほわっと感じる優しい味付けで、ゴロッと入ったチャーシューやメンマとの相性も抜群。

スープをかけても美味しいかと思いますが、個人的には交互にちびちび食べるのがオススメです。

ヒビ機
これだけちゃんとしていて50円は食べなきゃ損だな

まとめ

クリアな煮干しの旨味・背脂の甘み・岩のりの香りが絶妙なハーモニーを奏でる燕三条系ラーメンでした!

場所が分かりにくいからか食べログの点数は低めですが、これは隠れた名店だと思います(コスパもいいですし)。
他のメニューも期待できそうなので、次は「中華そば」ですかね。

では今回はこの辺で。ごちそうさまでした!

【東京ラーメンタル】のTwitterフォローしてね!

●細かいチェックポイント●
味の重さ:こってり
温度:熱すぎず、ぬるくなく
提供時間:6分(標準)
お冷:セルフ。冷たい
店内温度:適温
混雑具合:祝日18時半で待ち時間なし
備品:ティッシュ、つまようじ
卓上調味料:唐辛子、酢、胡椒

タイプ:醤油
エリア:吉祥寺 / 三鷹 / 武蔵境
推し麺度:☆8

関連ランキング:ラーメン | 武蔵境駅

アイキャッチ