あの『つけ麺 一燈』が新宿に上陸! 海老香る「伊勢海老つけめん」を食べに行ったが……。

アイキャッチ

こんにちは。東京ラーメンタルヒビ機です。

突然ですが皆さん、日本一の呼び声高いつけ麺店『麺屋一燈』の姉妹店『つけ麺 一燈』が2019年11月6日に新宿に上陸したのをご存知でしょうか。

『麺屋一燈』と言えば平日でも数時間待ちの超人気店。そんなお店の姉妹店が新宿にオープンしたとなったらきっとすぐにでも行列店になってしまうはず。
というわけで今回は、まだ行列ができていないオープン直後の『つけ麺 一燈』に行ってきました。

ヒビ機
ラーメンマニアの口コミの広がるスピードは恐ろしく速いからなぁ

濃厚な伊勢海老つけ麺を食べに『つけ麺 一燈』へ

外観

新宿駅から徒歩3分くらいのところにある『新宿 つけ麺 一燈(いっとう)』。

2019年11月6日オープン。
新小岩の人気店『麺屋一燈』の姉妹店に当たるラーメン店で、伊勢海老やサバカレーと言った本店とは違うテイストのつけ麺が人気です。

券売機

メニューはこんな感じ。
基本は「伊勢海老つけめん」「鶏魚介つけめん」「サバカレーつけめん」「鶏魚介ラーメン」の4本ですが、ラーメンはオペレーションが安定するまで準備中みたいです。

今回は、看板と思われる「伊勢海老つけめん」と「特製」トッピングをポチり。

海老の香ばしい匂いと共に「伊勢海老つけめん」が到着!

伊勢海老つけめん

待つこと数分。海老の香ばしい匂いと共に「伊勢海老つけめん」(900円)の「特製」(250円)トッピングが到着。

ドロっと濃厚な伊勢海老スープの鉢にはメンマやネギがトッピング。
麺が綺麗に折りたたまれた麺鉢には、レアチャーシュー3枚、鶏チャーシュー1枚、味玉がトッピングされています。

スープは口に含んだ瞬間に伊勢海老が炸裂する濃厚テイスト!

スープ

まずはドロっとした粘度高めのスープから一口。

めっちゃ海老! 濃い!

スープを口に含んだ瞬間に鼻を抜けるのは伊勢海老由来の甲殻類らしい香ばしさ。
その香りの後に豚骨の甘みや魚介の旨味がグワッと攻めてくる感じですね。

ただ、スープがぬるくて伊勢海老の香りが半減しているのがちょっと惜しいです。

麺

麺は全粒粉入りの丸みを帯びた太ストレート。
モチモチっとした食感なのは好みでしたが、全粒粉入りにしては小麦の香りが弱いのと、締めが甘くて表面がヌルヌルしているのがマイナスポイント。

ヒビ機
一燈らしくないな
チャーシュー

こちらは低温調理の豚レアチャーシュー。

分厚いカットにも関わらず歯がクチっと入るのは流石『一燈』ですが、ややレア味が気になる仕上がり。
個人的な好みの問題もありますが、レア3枚は飽きますね。

チャーシュー

鶏チャーシューはしっとりとした肉質で胡椒のアクセントが効いていますが、やや水っぽく旨味が薄いのが残念。

割りスープはさっぱりするが諸刃の剣かもしれない。

スープ割り

最後はつけ麺の恒例、スープ割りで〆。

割りスープはカツオ出汁なのでスープをさっぱりとしてくれますが、反面、伊勢海老の香りが失われる諸刃の剣でもあります。

まとめ

伊勢海老香る濃厚さではあるものの、惜しい点が見える一杯でした。

厳しい評価になりましたが、ブラッシュアップされたら化けるとも感じました。
オペレーションが安定した頃にまた食べてみようと思います。

では今回はこの辺で。ごちそうさまでした!

【東京ラーメンタル】のTwitterフォローしてね!

●細かいチェックポイント●
味の重さ:こってり
温度:ぬるめ
提供時間:12分(つけ麺の標準)
お冷:セルフ。冷たい
店内温度:適温
混雑具合:平日11時で待ち時間なし
備品:ティッシュ、つまようじ、紙エプロン
卓上調味料:胡椒、一味、酢

タイプ:つけ麺
エリア:新宿 / 代々木 / 大久保
推し麺度:☆6

関連ランキング:つけ麺 | 新宿西口駅西武新宿駅西新宿駅

アイキャッチ