名店の予感。清瀬『和凡』の煮干しラーメンはスッキリとした旨味で綺麗な味わい

アイキャッチ

こんにちは。東京ラーメンタルヒビ機です。

今回ご紹介するのは、2019年5月にオープンした煮干しラーメン専門店。
よく東京ラーメンタルで取り上げられるマニア向けの濃度のニボニボ系ではないものの、すでに煮干しマニアの間では煮干し感が強くて美味しいとの評判が。

オープンから1ヶ月と少し出遅れた感はありますが、評判の一杯を食べに行ってきました。

ヒビ機
オープンからちょっと経った方が味は安定してるしな(言い訳)

早くも煮干しマニアから評価の高いラーメン店『和凡』へ

外観

清瀬駅から徒歩5分くらいのところにある『中華そばや 和凡(わぼん)』。

2019年5月6日オープン。
ミシュラン掲載の煮干しの名店『中華そば屋 伊藤』を愛する店主が手がける、鰮(いわし)を中心とした無化調の煮干しをラーメンが食べられるお店です。

店名の“中華そばや”からもリスペクトが見て取れますが、ラーメンも『伊藤』のような味を目指しているんだとか。

券売機

メニューはこんな感じ。
どうやら煮干しマニアの間で話題になっているのは土曜日限定の「純ニボシラーメン」みたいですが、ヒビ機が訪問したのは平日。

今回は看板メニューと思われる「味玉中華そば(醤油)」をポチり。

銀色に輝く煮干油が美しい「味玉中華そば(醤油)」が到着!

味玉中華そば(醤油)

待つこと数分。煮干しのいい香りと共に「味玉中華そば(醤油)」(850円)が到着。

銀色に輝く煮干油が美しいスープから少し頭を出すように麺が折りたたまれ、2種類のチャーシュー、小松菜、ネギ、味玉がトッピングされています。

スープはスッキリとした煮干しの旨みを感じる綺麗な味わい!

スープ

まずはスープから一口。

おぉ! しっかり煮干しが効いてて美味い!

スープからはスッキリとした鰮煮干しの旨味と、それを支える程度の醤油の塩味が感じられました。
煮干しのエグみや苦味は後味にほんのり感じる程度の綺麗な味わいです。

ヒビ機
店主が伊藤好きって分かる綺麗さだね
麺

麺は細ストレート。
煮干しが効いているのでザクっとした硬めの茹で加減かと思いきや、プツッとした少し柔らかめの食感。

あまり攻めたスープではないので、麺も大人しめで揃えてありますね。

トッピングは煮干しスープによく合う逸品揃い!

チャーシュー

てっきり同じだと思いましたが、チャーシューは手前と奥で部位が違う2種類。

最近の煮干しはレアが定番ですが、ここは煮豚タイプですかね。
肉肉しい食感でタレと肉の旨味がしっかり感じられる逸品でした。

味玉

味玉はかぶりつくと黄身が溢れ出す攻めの半熟タイプ。
ゆるめなので黄身の甘みが強く感じられ、スープの苦味とのコントラストが良かったです。

まとめ

スッキリとした鰮煮干しの旨味を感じる綺麗なラーメンでした!

しっかりニボニボしいですが、決してマニア向けではなく万人に受け入れられそうな一杯だと思いました。
麺の茹で方やチャーシューでマニア向けに攻めないのは、いろんな人に食べてもらいたいというこだわりかもしれませんね。

では今回はこの辺で。ごちそうさまでした!

↓都内の濃厚煮干しまとめはこちら↓

ラーメンライターが厳選!東京都内の本当に美味い濃厚煮干しラーメン18選!

【東京ラーメンタル】のTwitterフォローしてね!

●細かいチェックポイント●
味の重さ:ややあっさり
温度:熱すぎず、ぬるくなく
提供時間:8分(標準)
お冷:セルフ。冷たい
店内温度:適温
混雑具合:平日11時半で待ち時間なし
備品:つまようじ、紙ナプキン、荷物かけ
卓上調味料:胡椒

タイプ:ニボニボ系
エリア:西東京市周辺
推し麺度:☆8

関連ランキング:ラーメン | 清瀬駅

アイキャッチ