もはや味の暴力!三鷹『すず鬼』のアリラン×二郎なラーメンが破壊的な美味さだった。

アイキャッチ

こんにちは。東京ラーメンタルヒビ機です。

今回ご紹介するのは、三鷹の『鶏こく中華 すず喜』にて2019年11月18日から始まったセカンドブランド店。

事前情報を整理したところ、どうやらセカンドブランドでは千葉のご当地ラーメンである“アリランラーメン”と二郎をMIXしたようなラーメンが食べられるとのこと。

“アリランラーメン”自体「朝鮮半島の伝説の峠“アリラン峠”を越えられるスタミナがつくラーメン」から名前がついたほどのスタミナ満点なラーメンですが、そこに二郎の要素が追加されたラーメンは一体どんな恐ろしさを孕んでいるのか。

この手のラーメンには目が無いヒビ機、スタミナをつけるべく早速食べに行ってきました。

ヒビ機
文字のカロリーがまぁ高いこと

スタミナ満点なラーメンを食べに『すず鬼』へ

外観

三鷹駅から徒歩4分、「味の散歩道」B1にある『スタミナ満点ラーメン すず鬼(すずき)』。

2019年11月18日オープン。
冒頭でも触れましたが、千葉のご当地ラーメンである“アリランラーメン”と二郎をMIXしたようなスタミナ満点のラーメンが食べられるお店です。

『鶏こく中華 すず喜』と同じ場所にありますが、昼は『すず喜』、夜は『すず鬼』として営業しているとのこと。

メニュー

メニューはこんな感じ。
基本は「スタ満ソバ」と「辛いスタ満ソバ」の2本で、その他トッピングやライスといったラインナップです。

今回は、看板と思われる「スタ満ソバ」と「小ライス」を注文。
提供時に訊かれるニンニク・ショウガ・背脂の無料トッピングは全てありでお願いしました。

見ただけでスタミナがつきそうな「スタ満ソバ」が到着!

スタ満ソバ

待つこと数分。ニンニクと醤油のいい香りと共に「スタ満ソバ」(850円)が到着。

表面をラードが覆う真っ黒なスープの上には、玉ねぎ、ニラ、豚肉、背脂、ニンニク、生姜がトッピングされています。

背脂

プルップルな背脂しかりニンニクしかりスープしかり、見ただけでもスタミナがつきそうなほど暴力的なビジュアルをしています。

スープは意外にもあっさり! だがそこに加わるパンチがヤバイ!

スープ

まずはスープから一口。

うまっ! 味の攻撃力やっば!

意外なことにスープのベースは動物系の旨味とキレのある醤油を感じるあっさりテイスト。
ですが、そこにラードや背脂の甘みの暴力、生姜やニンニクの強烈なアクセントが加わることで、ものすごいパンチと中毒性を生み出しています。

麺

麺は平たい太ちょい縮れ。
高密度な小麦を感じる強靭なコシがあり、噛んだ時の小麦の味もかなり強いです。

口いっぱいに頬張るほど小麦の香りが広がるので頬張り甲斐がありますね。

ヒビ機
このスープとこの麺の中毒性マジでヤバイな

ゴロッと入った豚肉や玉ねぎも悪魔的な美味さだ!

肉

ゴロッと入った豚肉は肉の旨味と脂の甘みが心地よく、シャクっとした甘い玉ねぎも悪魔的な美味しさ。
麺と絡めつつもいただきますが、この後のライス用に少しセーブしておきます。

最後は余った具を「小ライス」に乗せたスタ丼を掻き込むべし!

小ライス

最後は余った具を「小ライス」(50円)に乗せた“ミニスタ丼”を作って〆。

ニンニクが効いた甘じょっぱいスープをたっぷり含んだ豚肉や玉ねぎがご飯と合うのはもはや説明いらず。
『すず鬼』のラーメンはライスもセットにしないと後悔しますね。

ヒビ機
生卵をかけても美味そうだな

まとめ

動物系の旨味にニンニクや生姜のパンチが効いた、スタミナ満点で暴力的なラーメンでした!

「味の散歩道」にあるラーメン店ですが、これを食べたらフルマラソンも余裕なほどスタミナがつきますね。
完全にハマってしまったので、近いうちに辛い方を食べに行こう思います。

では今回はこの辺で。ごちそうさまでした!

【東京ラーメンタル】のTwitterフォローしてね!

●細かいチェックポイント●
味の重さ:こってり
温度:熱すぎず、ぬるくなく
提供時間:6分(標準)
お冷:セルフ。冷たい
店内温度:適温
混雑具合:平日19時半で待ち時間5分ほど
備品:紙ナプキン、つまようじ、紙エプロン、ハンガー
卓上調味料:一味、タバスコ、胡椒

タイプ:その他
エリア:吉祥寺 / 三鷹 / 武蔵境
推し麺度:☆9

関連ランキング:ラーメン | 三鷹駅

アイキャッチ