【新小岩】食べログ一位!日本最高峰の濃厚鶏魚介つけ麺『麺屋一燈』

アイキャッチ

日本人、いや、もしかしたらすべての人が気になるであろうもの「ランキング」。
ラーメンだけをとっても色んなランキングがありますが、やっぱり一番知られているのは食べログのランキングではないでしょうか。

そんな食べログで全国一位のラーメン店。気になりますよね。
「ラーメンオタクのくせに一位の店行ったことなかったのかよ」というツッコミはとりあえず置いといて、今回初めて行ってきました。

ヒビ機
ラーメンオタクのくせに一位の店行ったことなかったのかよ

 食べログ一位の超人気つけ麺店『麺屋 一燈』

外観

新小岩駅北口から徒歩3分くらいのところにある『麺屋 一燈』。

2018年3月現在食べログのラーメンランキングで全国一位の超人気店。
「百名店」はもちろん、2017年、2018年の「The Tabelog Award Bronze」も受賞するなど、実力も折り紙付きです。

この写真では「待ち20人くらいか~」っていう感じがしますが、別の場所に50人くらい並んで居ます。
並んでいる間は店内からのいい匂い攻撃を受け続けることになるのでしっかり耐えて下さい。

店内はカウンター席のみで、活気はありますが空間は落ち着いた感じ。
ヘアゴム、つまようじ、ハンガー、紙ナプキン完備。

 

トロフィー

席について上を見ると数々のトロフィーが。
目立つところにババーンと飾らないあたりが謙虚ですよね。

ヒビ機
深読みがすぎる
卓上調味料

卓上の味チェンはこんな感じ。
お酢や一味など、特別変わったものはないですね。

着丼の瞬間から魚介の香りが爆発「特製濃厚魚介つけめん」

特製濃厚魚介つけめん

今回いただいたのは「特製濃厚魚介つけめん」(1,080円)の「中盛り」(+50円)。

着丼した瞬間から、もう食べているかと錯覚するほど魚介のいい匂いが漂ってきます
見るからに濃厚そうな濁ったスープの丼と3種類のチャーシューがきれいな麺の丼のセット。

 

麺顔

麺を見せろという声が聞こえてきそうなので麺顔もどうぞ。
シャンプーのCMの女優の髪くらい一本一本にツヤがあって綺麗に揃えられていますね。

 濃厚な鶏魚介の旨味を感じるのに超なめらかなスープ

スープ

スープは濃厚な鶏白湯に魚介や甲殻類の合わせて炊き上げたもの。

口に入れた瞬間にグワッと魚介の風味が広がり、動物系の重心の低い旨味がそれを包み込むような味わい。
かなり魚介が濃厚ですが舌触りはシルクのように超なめらかで、魚粉を使っているようなザラつきは全くないです。

ヒビ機
ちょびっとだけピリッとしたアクセントもあるね

 「心の味食品」製の小麦の味が濃いストレート太麺

麺

麺は「心の味食品」製の角のあるストレート太麺。

そのままでも完食できるほど小麦の味と甘みが濃く、しっかりしたコシがあります。
「心の味食品」は『とみ田』のブランドなので、ここら辺は間違いないですね。

 特製の名にふさわしいバリエーション豊かなトッピングたち

レアチャーシュー

まずはレアチャーシュー。
見た目通りのレアな感じの甘みがあり、スープ同様シルキーな食感です。

 

チャーシュー

続いてノーマルのチャーシュー。
こっちは肉肉しいタイプで旨味が強いですね。

 

鶏チャーシュー

続いて鶏チャーシュー。
シンプルな味付けでしっとりやわらか。

 

鶏団子

続いて鶏団子。
なめらかな部分と肉の食感が残っているところのコントラストが◎

 

味玉

最後に味玉。
黄身トロ白身プルンで味染み染みタイプ。

ヒビ機
駆け抜けるように紹介したな

まとめ

食べログ一位も納得の濃厚でなめらかな鶏魚介つけ麺でした!
普段あまりつけ麺を食べに行かない(ましてや並ばない)んですが、この味ならまた並んででも食べたいと思いました。

では今回はこの辺で。ごちそうさまでした!

●細かいチェックポイント●
味の重さ:ややこってり
温度:熱すぎず、ぬるくなく
提供時間:7分(標準)
お冷:セルフ。冷たい。
店内温度:適温(入口付近は気温に左右されるかも)
混雑具合:土曜の10時半で待ち50人くらい。約80分で着席。

タイプ:つけ麺
エリア:両国 / 錦糸町 / 小岩
推し麺度:☆8

関連ランキング:ラーメン | 新小岩駅

アイキャッチ