【下北沢】スープカレー屋発!一口でガチだと分かる複雑な“スパイスラーメン”『点と線.』

下北沢と言えばカレーフェスが開催されるほどのカレー激戦区。
カレーを食べに来たはいいものの、一度は名前を耳にしたことあるような有名店からどこの国の人がやってるか分からない怪しげな個人店まで、いろんなカレー屋があって迷いませんか?

……迷いますよね。
では、今回はそんな下北沢にあるスープカレー屋発のカレーラーメンをご紹介します。

ヒビ機
お前は迷わずカレーラーメン屋に入るだろ。はナシで

 スープカレー屋発のカレーラーメンが食べられる『スパイスラーメン 点と線.』

外観

京王井の頭線 下北沢駅から徒歩3分くらいのところにある『スパイスラーメン 点と線.』。

札幌発のスープカレー店「路地裏カリィ侍.」が手がけるラーメン店です。

店内はテーブル席とカウンター席があり、白を基調としたカフェのような(というかカフェそのものの)雰囲気。
おしぼり、紙エプロン、ティッシュ、Wi-Fi完備です。

余談ですが、店員さんがかわいいです。

ヒビ機
マジで余談だから打ち消し線引いとくわ

カラフルなビジュアルながら複雑なスパイス感「スパイスラーメン」

スパイスラーメン

今回いただいたのは「スパイスラーメン」(950円)

見ての通りカラフルでポップなビジュアル。下北沢の古着屋とか大体こんな感じですよね。
パプリカ、キクラゲ、玉子、チャーシュー、ゴボウ、菊の花、糸唐辛子、紫玉ねぎ、ねぎ、カシューナッツ、レモンがトッピングされています。

 一口目で「あ、ガチなやつ」となるカレースープ

スープ

スープを一口飲むとカレーライクなスパイスがパッと広がります。
残念ながらスパイスにはそこまで詳しくないので「クミンは入ってるかな~」くらいしか分かりませんが、「あ、ガチなやつだ」って思える複雑なスパイス感です。

かつ、動物系のダシ(野菜も?)が効いているおかげでスパイスだけのペラい味ではないです。

ヒビ機
辛さはじわじわ系。自分メモには「点で置きに来る辛さ」って書いてあったけど、上手い事言ったろとか思ったんかな

麺

麺は短めの丸みを帯びた中太縮れ麺。
スープの絡みが良いため結構脇役な感じですが、それでちょうどバランスが取れています。

 柔らか美味しなチャーシューや香ばしいゴボウもナイス

チャーシュー

チャーシューは角煮系の厚めカットなもの。
スッと歯が入る柔らかさで美味し。肉肉しいのもまた美味し。

 

ごぼう

こちらはゴボウ。
香ばしさと甘さを感じられ、下手したらチャーシューよりも主役感のあるトッピングになっています。
ジャキジャキ食感もナイス。

ヒビ機
これは増したくなる

レモン

レモンと言えばさっぱりさせる味チェン要員ですが、「スパイスラーメン」の前だと結構控え目なさっぱり具合。
思いっきり絞っても良さそうに思えました。

 マヨのまろやかさとトマトの甘みが舌に嬉しい「スパイスチャーマヨ丼」

スパイスチャーマヨ丼

スパイスチャーマヨ丼」(350円)

こちらもまたカラフルでポップなビジュアル。
チャーシューと絡むマヨネーズのまろやかな酸味とトマトの甘みが、舌のピリピリを和らげてくれます。

スープをかけて「スープカレーだ!」って言いながら食べるやつかと思いきや、かけないのが正解なやつでした。

ヒビ機
あえてかけずにツウぶるんだ

 まとめ

カラフルなビジュアルながら、複雑なスパイスが絡み合うカレーラーメンでした!
カレー屋の多い下北沢らしい一杯ですね。怪しげなカレー屋に入るより確実に美味しい思いができると思います。

では今回はこの辺で。ごちそうさまでした!

 

外観

●細かいチェックポイント●
味の重さ:ややこってり
温度:やや熱い
提供時間:5分(早い)
お冷:セルフ。冷たい。
店内温度:ちょっと暑い
混雑具合:日曜15時前で待ち2名。10分弱で着席。

タイプ:その他
エリア:京王沿線(下北沢 / 明大前 / 永福町)
推し麺度:☆8

関連ランキング:ラーメン | 下北沢駅池ノ上駅世田谷代田駅