キンキンに冷えた“フローズンつけ麺”!渋谷『麺屋武蔵』の限定が夏にピッタリすぎた!

アイキャッチ

またしても『麺屋武蔵』の社長からヒビ機の元へ一通のメールが。
過去には静岡まで行って筍掘りしてその場でラーメン作ったりラクレットチーズを鬼のようにかけたつけ麺を紹介してもらったりと、なにかと面白い事が起こるきっかけとなるのが社長からのメール。

さっそく開いてみると、まぁ今回もブッ飛んだ(誉め言葉)メニュー写真が飛び込んできました。

しかも今回は、エゲツないほど暑い今年の夏にピッタリそうなメニュー。
「お前は麺屋武蔵の回し者か」とヤジが飛んできそうですが、実際そうなので気にせず食べに行ってきました。

ヒビ機
いつもお世話になっております(媚)

エゲツないほど暑い今年の夏にピッタリなつけ麺を食べに『麺屋武蔵 武骨外伝』へ。

外観

井の頭線 渋谷駅から徒歩1分くらいのところにある『麺屋武蔵 武骨外伝』。

『麺屋武蔵』と言えば各店舗に“ここだけの味”がありますが、『麺屋武蔵 武骨外伝』の“ここだけの味”は、麺にかけられる外伝特製餡と温玉。

とはいえ、今日はエゲツないほど暑い今年の夏にピッタリなメニューを食べに来たので通常メニューはお預け。
通常メニューは近々食べに来るとします。

あと、全く関係ないですが時給1500円ってヤバいですね(写真見て気づいた)。働こうかな。

ポップ

めちゃくちゃ強いはずの宮本武蔵も(><)になるほど冷たいらしい。

……と、ありました。店の外にデカデカと掲げられたポップ。
社長からのメールに添付されていた画像はこれなんですが、左に見えるアレがもうヤバいですよね。

この日も猛暑日で倒れそうな程暑かったので、外の様子はほどほどに店内に入ると……。

ラーメン屋では見たことない“冷たくて美味いものが入ったマシン”があったぞ……!

フローズンマシン

冷たくて美味いものが入ったマシン(正式名称が分からない)

店内に入って厨房を見てみると、ラーメン屋では見たことない“冷たくて美味いものが入ったマシン”が。
中身はフローズンコーラ。ではなく、フローズン魚介スープ

ただ単純にスープを冷やしても氷にしかならないため、糖度が11%になるまでシロップを加えてフローズン状になるようにしているそう。

「糖度11~12%じゃないとフローズンにならない」という豆知識を教えてもらったところで、さっそく出してもらいます。

フローズン

「すぐ終わるんで連写してください!」と店長。

動物系ベースのスープが入った器をセットして……。

フローズン

ドボドボドボドボドボドボ~~~~~~~~!!!!!!!!

フローズンでキンッキンに冷えた「フローズン外伝つけ麺」が完成!

フローズン外伝つけ麺

フローズン外伝つけ麺(1,200円)

フローズン魚介スープが加わり、「フローズン外伝つけ麺」(1,200円)が完成!

涼しげな透明の器に盛られてスープはシャリシャリ。なんとも夏らしい爽やかなビジュアルですね。
顎の尖った人も「キンキンに冷えてやがる・・・!!」という事間違いなしでしょう。

スープ

スープにはラー油・鰹油・すだち・ねぎなどがトッピング。

麺

麺は綺麗に折りたたまれ、角煮・味玉・ねぎ・みょうが・三つ葉がトッピングされています。

さて、ぬるくならないうちにスープからいただいていきます。

スープは動物×フローズン魚介のWスープ。超冷えてるから超さっぱり!

スープ

シャリシャリが溶けちゃう前にスープを一口。

超冷たくて美味ぇ~~~~!!!

動物系素材の濃厚なスープに山芋を加えてとろみを出し、そこに煮干・かつお・あさりダシのフローズン魚介スープを合わせて爽やかさと深みを演出しているとのこと。

確かに最初に感じるのはかつおや煮干しのすっきりとした魚介の旨味
その後には醤油ダレや動物系のコクなどの重厚な部分が見えてきますが、キンッキンに冷えているからさっぱりしています。

ヒビ機
山芋のとろみもいいアクセントだね

麺はそのままだと柔らかめ。スープに浸けるとコシが生まれて面白い!

麺

スープは包丁切りのストレート太麺。

キンキンに冷えたスープに浸けた時に締まるように、少し柔らかめに茹でているそう(通常通りの茹で加減だとスープが冷たすぎてゴムみたいになっちゃうんだとか)。

確かにそのまま食べると多加水麺(今の時期は45%とのこと)らしい柔らかい食感ですが、スープに浸けると浸けた部分だけにコシが生まれて面白い食感になりました。
麺自体は小麦の甘みが強く出ていて、あっさりスープとの相性◎

ネギやみょうが

ねぎ・みょうが・三つ葉を麺に絡めて啜ると爽やかなアクセントに。

『麺屋武蔵』らしい角煮。ホロホロのトロトロでうまうま。

角煮

麺屋武蔵らしい角煮

チャーシューではなく角煮が乗るのは『麺屋武蔵』の“らしさ”。
ベタな表現ですが、甘じょっぱいタレが染みててホロホロのトロトロでうまうまです。

ヒビ機
角煮は冷えてないから脂もとろけるよ
味玉

味玉も味染み染みタイプ。いつ食べても間違いない味。

まとめ

夏にピッタリ、キンッキンで超さっぱりなフローズンつけ麺でした!

「フローズンつけ麺」の提供は9月上旬まで、1日の杯数制限はないとのこと。
冷やし中華を軽々と超えるキンキンのつけ麺はエゲツないほど暑い日にぜひ食べてみて欲しいですね……!

では今回はこの辺で。ごちそうさまでした!

【東京ラーメンタル】のTwitterフォローしてね!

●細かいチェックポイント●
味の重さ:あっさり
温度:キンキン

タイプ:つけ麺
エリア:渋谷 / 恵比寿 / 代官山
推し麺度:☆8

関連ランキング:つけ麺 | 渋谷駅神泉駅

アイキャッチ