ドロ豚骨煮干しに溺れろ!立川『初代青樹』のラーメンはやり過ぎなくらい超濃厚

アイキャッチ

こんにちは。東京ラーメンタルヒビ機です。

今回ご紹介するのは、以前一度行ったことのある『煮干しらーめん 青樹』の姉妹店。
同じく立川にあり、同じくこってり豚骨煮干しな一杯ですが、同じ味だとしてもどっちにしろ食べたかったので行ってきました。

ヒビ機
あと、4週連続で立川の同じお店に振られたリカバリーも兼ねているよ

こってり豚骨煮干しを食べに『初代青樹』へ

外観

立川駅から徒歩3分、「らーめんたま館(やかた)」の中にある『初代青樹』。

2018年10月オープン。
様々な有名ラーメン店で修行した店主が、生まれ育った福岡の九州豚骨と上京した時に初めて食べて衝撃を受けた東京煮干を融合させた、濃厚なラーメンが人気のお店です。

元々「らーめんたま館」に1年間の期間限定で『煮干し青樹』として営業していたお店が北口の『煮干しらーめん 青樹』になり、また期間限定で『初代青樹』としてオープンしたんだとか。

内観

お店の場所は入ってすぐ右手。

券売機

メニューはこんな感じ。
基本は「こってり煮干しらーめん」「こってり煮干しつけめん」「あっさり煮干し塩らーめん」「あっさり煮干し醤油らーめん」の4本で、そこに限定が加わるみたいです。

今回は『煮干しらーめん 青樹』との比較も込めて「こってり煮干しらーめん」をポチり。
平日11〜15時は「煮干しご飯」か「白いご飯」が無料とのことだったので、「煮干しご飯」をお願いしました。

豚骨煮干し臭と共に「こってり煮干しらーめん」が到着!

こってり煮干しらーめん

待つこと数分。「こってり煮干しらーめん」(800円)が到着。

食欲を刺激する豚骨煮干し臭のする濃厚スープに中太麺が泳ぎ、チャーシュー、メンマ、ネギがトッピングされています。

『煮干しらーめん 青樹』とスープや麺は同じに見えますが、向こうが肩ロース(?)に対してこちらはバラっぽいですね。

スープは煮干しと豚骨がガツンとくる超濃厚テイスト!

スープ

まずはスープから一口。

やっぱり濃厚だわ! 美味い!

スープを口に含んだ瞬間、殴るような煮干しと豚骨の旨みのパンチを感じました。
粉になった煮干しのザラザラ感も濃厚豚骨にしかない口の周りがペトペトする感じもたまらないです。

ヒビ機
気のせいかもだけど、北口のお店より豚骨が強めに感じたよ
麺

麺は三河屋製麺製の中太ストレート。
モチっとした食感で小麦の風味も豊かな麺は、濃厚なスープとも張り合っています。

前にも思いましたが、この煮干しには中太麺がよく合いますね。

チャーシュー

チャーシューはおそらくバラの焼き豚タイプ。
柔らかい肉質で肉の旨みと脂の甘みのバランスが良く、焼いてあるためタレの香ばしさも感じられました。

『煮干しらーめん 青樹』との大きな違いはこのチャーシューですが、個人的にはこちらのチャーシューの方が好みですね。

煮干しがほわっと香る優しい味の「煮干しご飯」も美味い!

煮干しご飯

煮干しご飯」は、煮干しと醤油の香りがほわっと広がる優しい味わい。

こってりを食べた後だと煮干し感が弱く感じてしまいますが、あっさりを食べる時だとちょうどいいバランスになりそうですね。

まとめ

煮干しと豚骨がこれでもかと凝縮された、やり過ぎなくらい濃厚なラーメンでした!

味や駅からの距離を考えると、個人的には『初代青樹』の方がオススメですね(あんまり混んでないですし)。
次に来た時はあっさりを食べてみようと思います。

では今回はこの辺で。ごちそうさまでした!

↓『煮干しらーめん 青樹』の記事はこちら↓

立川『青樹』の“こってり”はドロ豚骨と煮干しの衝撃がエグいド濃厚なラーメン!

↓都内の濃厚煮干しまとめはこちら↓

ラーメンライターが厳選!東京都内の本当に美味い濃厚煮干しラーメン18選!

【東京ラーメンタル】のTwitterフォローしてね!

●細かいチェックポイント●
味の重さ:こってり
温度:熱すぎず、ぬるくなく
提供時間:4分(標準)
お冷:セルフ。冷たい
店内温度:適温
混雑具合:平日11時半で待ち時間なし
備品:紙ナプキン、つまようじ、紙エプロン、ハンガー
卓上調味料:醤油、にぼ酢、ラー油、一味、胡椒、ふりかけ

タイプ:ニボニボ系
エリア:立川市 / 八王子市周辺
推し麺度:☆8

関連ランキング:ラーメン | 立川駅立川南駅立川北駅

アイキャッチ