8/12OPEN!貝柱の旨味がじわじわ染みるラーメン四谷三丁目『SALT AIR』

アイキャッチ

こんにちは。東京ラーメンタルヒビ機です。

今回ご紹介するのは、2019年8月12日にオープンした貝だしラーメン専門店。
貝だし、いわゆるシェルラーと呼ばれるラーメンはアサリやハマグリを使うことが多いですが、今回のお店はホタテやイタヤ貝も使っているとのこと。

そんな、貝エキスが凝縮されているであろう一杯を食べに行ってきました。

ヒビ機
染みるんだろうなぁ

貝エキスが凝縮されたラーメンを食べに『SALT AIR』へ

外観

四谷三丁目駅から徒歩4分くらいのところにある『貝だしラーメン専門店 SALT AIR (ソルトエアー)』。

2019年8月12日オープン。
同じエリアにある鯛塩ラーメンの人気店『鯛塩そば灯花』の系列店にあたる、様々な貝からダシをとったラーメンが食べられるお店です。

券売機

メニューはこんな感じ。
基本は「貝だしラーメン」1本で、他はトッピングの違いやサイドメニューですね。

今回は“炙り貝柱”の文字に惹かれたので「【スペシャル】貝だしラーメン」をポチり。

貝のいい香りと共に「【スペシャル】貝だしラーメン」が到着!

【スペシャル】貝だしラーメン

待つこと数分。貝のいい香りと共に「【スペシャル】貝だしラーメン」(1,000円)が到着。

透き通った黄金スープの上には、チャーシュー、味玉、イタヤ貝の貝柱の醤油炙り、5色あられ、サラダほうれん草がトッピングされています。

スープはホタテ主体の上品な旨味がじんわり広がって美味い!

スープ

まずはスープから一口。

うわぁ……染みるぅ……‼︎

スープが舌に触れた瞬間、ホタテの貝柱をメインとするような上品な旨味がじんわりじんわりと広がりました。
貝の旨味の後に奥の方に感じる甘みは野菜由来のものですかね。

この手のシェルラーはレンゲを口に近づけた時から磯のインパクトがくるようなイメージですが、このスープはそういう強い感じはしないですね(香味油で押してる感じはありますが、変なクドさはなかったです)。

麺

麺は丸山製麺製の加水率やや低めの細ストレート。
スープのタイプからして絡みにくいのは仕方ない部分はありますが、小麦の風味が少し優勢な感じも。

ヒビ機
啜り心地はいいね

旨味と醤油の香りが爆発するイタヤ貝の貝柱は絶対食べて!

イタヤ貝の貝柱

こちらはイタヤ貝の貝柱の醤油炙り。
ほっくりとした食感で、噛むと貝の旨味と香ばしい醤油の香りが口いっぱいにブワッと広がりました。

繊細な塩味のスープに対してキリッとした醤油がアクセントになっているのがいいですね。

チャーシュー

チャーシューは低温調理の肩ロース。
歯がクチッと入るしっとりとした肉質で、ややレア味はあるものの甘みと旨味のバランスが絶妙な逸品でした。

味玉

味玉はやや固茹でタイプ。
黄身がモソッとしているのが少し気になりましたが、味は中までしっかり染みています。

まとめ

じんわりと染みる貝エキスが凝縮された上品な塩ラーメンでした!

開店直後なので荒削りな部分は少しありましたが、他のシェルラーとは違った美味しさなので、一度は食べる価値アリだと思います。

では今回はこの辺で。ごちそうさまでした!

【東京ラーメンタル】のTwitterフォローしてね!

●細かいチェックポイント●
味の重さ:あっさり
温度:熱すぎず、ぬるくなく
提供時間:14分(遅め)
お冷:セルフ。冷たい
店内温度:暑い(8/19までエアコン故障中のため)
混雑具合:平日18時で待ち時間なし
備品:ティッシュ、つまようじ、おしぼり、ヘアゴム
卓上調味料:胡椒、バジル、レッドペッパー

タイプ:
エリア:四ッ谷 / 市ヶ谷 / 飯田橋
推し麺度:☆7

関連ランキング:ラーメン | 四谷三丁目駅曙橋駅四ツ谷駅

アイキャッチ