鮮魚系の新星!鯛の旨味が濃厚すぎるラーメン秋葉原『ウミのチカラ』

アイキャッチ

こんにちは。東京ラーメンタルヒビ機です。

今回ご紹介するのは。2019年9月14日にオープンしたばかりの鮮魚系ラーメンのお店。
鮮魚系といえば錦糸町や四ツ谷に展開する某グループが2強と言っても過言ではないほど勢いがありますが、今回の新店はそれらに匹敵するレベルなのか。

何気に鮮魚系好きのヒビ機、さっそく食べに行ってきました。

ヒビ機
濃厚は錦糸町、淡麗は四ツ谷が強いからなぁ

鮮魚系ラーメンを食べに『ウミのチカラ』へ

外観

秋葉原駅、御徒町駅から徒歩7分くらいのところにある『JAPANESE FISH NOODLE ウミのチカラ』。

2019年9月14日オープン。
千葉県船橋市に展開する『まるは』グループの手がける、日本近海の海の幸にこだわった鮮魚系のラーメンが食べられるお店です。

券売機

メニューはこんな感じ。
定番メニューは真鯛ベースの塩と鯖ベースの醤油で、そのほか限定メニューやご飯ものといったラインナップですね。

今回は左上の法則(ラーメン店のオススメは左上にあることが多い)に従って「真鯛らーめん(塩) 〆ご飯セット」をポチり。

ディスプレイ

券売機の横にはショーケースがあり、次回の限定に使われる魚などが陳列されています(この日は鯛、金目鯛、鰤が並んでいました)。

濃厚な鯛の香りと共に「真鯛らーめん(塩)」が到着!

真鯛らーめん(塩)

待つこと数分。むわっとくる鯛の香りと共に「真鯛らーめん(塩)」(単品:880円)が到着。

鮮魚系では珍しい白濁したスープの上には、チャーシュー、白身団子、小松菜、ネギ、柚子がトッピングされています。

スープは鯛の旨味がグワッと押し寄せる濃厚テイスト!

スープ

まずはスープから一口。

うっわ! めっちゃ鯛!

スープを口に含んだ瞬間、鯛の身の旨味がグワッと強烈に押し寄せてきました。
生臭さはないものの、想像以上に攻めた味ですね。鯛をそのまま飲んでいるような感じです。

ヒビ機
後に残るペトッとした甘みは動物系かな。自信ないけど
麺

麺は中細ストレート。

ちゅるんとした啜り心地がよく、スープとの絡みも良好。
ただ、麺同士がくっついている部分があったのが少しマイナスですかね(新店あるあるなのですぐに改善されると思います)。

大判のレアチャーや白身団子もかなりのクオリティだ!

チャーシュー

大判サイズのチャーシューは、低温調理と思われるレアタイプ。
肉の水分をしっかり含んだシルキーな口当たりで、肉の甘みが強く感じられる逸品です。

白身団子

こちらは真鱈を使った白身団子。
真薯(しんじょ)のようなふわっふわでとろけるような食感が面白く、鱈の淡白な旨味が感じられました。

ヒビ機
ラーメンには珍しいけど美味かったな

最後は「〆ごはん」で濃厚鯛茶漬けにするのがオススメ!

〆ごはん

最後は「〆ごはん」(単品:120円)にスープをかけて濃厚鯛茶漬けに。

鯛のダシ、そして濃厚ときたらご飯に合わないはずがないですよね。
薬味のネギや柚子、そして鯖節の乾いた旨味もいいアクセントになっていました。

まとめ

鯛の旨味がグワッと押し寄せてくる濃厚な鮮魚系ラーメンでした!

これだけ攻めたスープなのに生臭さを感じないのは、相当な技術がある証だと思います。
この感じだと、クエや鰤などの限定メニューも食べなきゃ損しそうですね。

では今回はこの辺で。ごちそうさまでした!

【東京ラーメンタル】のTwitterフォローしてね!

●細かいチェックポイント●
味の重さ:こってり
温度:熱すぎず、ぬるくなく
提供時間:7分(標準)
お冷:2杯目からセルフ。冷たい
店内温度:適温
混雑具合:日曜12時半で待ち時間なし
備品:ティッシュ、つまようじ、紙エプロン、ヘアゴム
卓上調味料:ホワイトペッパー、ブラックペッパー、割りスープ

タイプ:
エリア:秋葉原 / 神田 / 水道橋
推し麺度:☆7

関連ランキング:ラーメン | 仲御徒町駅末広町駅秋葉原駅

アイキャッチ