【新店】蔵前『昆布の塩らー麺専門店 MANNISH』は優しく、優しく、そして優しい。

アイキャッチ

こんにちは。東京ラーメンタルヒビ機です。

今回ご紹介するのは、2020年5月18日に蔵前にオープンしたばかりのラーメン店『昆布の塩らー麺専門店 MANNISH』。
そう、勘の良い方は気づいたかと思いますが、神田の人気店『塩生姜らー麺専門店 MANNISH』のプロデュース店(セカンドブランドではないそう)です。

そして何を隠そうヒビ機は『MANNISH』ファン。
「好きなお店の関連店なら行くしかない!」ということで早速、人気店の血が流れる塩ラーメンを食べに行って来ました。

ヒビ機
生姜レスのMANNISHって面白そうだな

マニッシュな昆布の塩ラーメンを食べに『MANNISH』

外観

蔵前駅から徒歩3分くらいのところにある『昆布と塩らー麺専門店 MANNISH (マニッシュ)』。

2020年5月18日オープン。
冒頭でも言いましたが、神田の人気店『MANNISH』がプロデュースする(公式Twitterには“ご縁があって”とあるので正確には違うかもしれませんが)、昆布をメインに使った塩ラーメンが看板のお店です。

券売機

メニューはこんな感じ。
基本は「昆布の塩らー麺」「冷たい昆布の塩らー麺」「昆布の塩つけ麺」「昆布の塩まぜそば」の4本で、その他トッピングやドリンクといったラインナップです。

今回は看板の「昆布の塩らー麺」と、目に入った「味変!味噌昆布」をポチり。

澄んだスープが美しい「昆布の塩らー麺」が到着!

昆布の塩らー麺

待つこと数分。「昆布の塩らー麺」(850円)が到着。

底まで見えそうなほど澄んだ黄金スープに中細麺が泳ぎ、鶏チャーシュー、青菜、海苔、ネギなどがトッピングされています。

神田の『MANNISH』(以下:本店)と関係のある一杯なだけに「似てるな〜」なんて思いましたが、どうやら本店で限定として出していたものがベースにあるみたいです。

スープは飲み進める内に昆布が強まる繊細で優しい味わい。

スープ

まずはスープから一口。

やっさしぃ〜…………!

(けど、ちょっと薄めか? もう一口飲んでみよう)

あれ? さっきより昆布が強まってる……!?

言葉にするのがかなり難しいですが、昆布と鶏の繊細な旨味が広範囲にやさーしく広がり、それが飲む回数を重ねるにつれてレイヤーして強まる感じでしょうか。

麺

麺は「三河屋製麺」製の中細ちょい縮れ。
加水率高めなのかプルプル・モチモチな食感で、小麦の風味はスープ同様ふわっと繊細に広がりました。

ヒビ機
もう気持ち塩気があってもいい気がしたけど、これはこれで染みるな

ふっくら炊かれた鶏チャーシューは本店同様に美味い!

鶏チャーシュー

チャーシューは鶏で部位はモモでしょうか。

本店と同じく調理炊飯器(電気釜?)で炊かれているのか、肉質はふっくら柔らかく、噛むと鶏の旨味と肉汁が溢れるジューシーな逸品です。

ヒビ機
焦がしネギの芳ばしさもいいアクセントになってるな

「味変!味噌昆布」を入れると塩→味噌になって面白い…!

味変!味噌昆布

中盤になったら「味変!味噌昆布」(100円)を溶かして味変。

この味変が結構面白く、繊細な昆布塩スープから甘くてクリーミーな味噌が前面に来る味噌スープに変化しました。
ただその分昆布のダシ感は引っ込むので、入れ時の見極めは必要そうです。

昆布酢

その流れで卓上の昆布酢も使ってみましたが、こちらは輪郭がシャープ(味がはっきり)に。

ヒビ機
順番的にはこっちを先にした方がよさそうだね

まとめ

昆布と鶏の旨味がやさーしく広がる繊細な塩ラーメンでした!

オープンして間もないのでまだ荒削りな点はありましたが、きっとすぐにブラッシュアップされることでしょう。
「つけ麺」や「まぜそば」も気になるので、オペレーションが落ち着いた頃また行こうと思います。

では今回はこの辺で。ごちそうさまでした!

YouTubeはこちら

【東京ラーメンタル】のYouTubeやTwitterもよろしくね!

●細かいチェックポイント●
味の重さ:あっさり
温度:熱すぎず、ぬるくなく
提供時間:5分(標準)
お冷:セルフ。冷たい
店内温度:適温
混雑具合:平日12時で待ち時間なし
備品:ティッシュ、紙エプロン
卓上調味料:一味、胡椒、昆布酢

タイプ:
エリア:上野 / 浅草 / 日暮里
推し麺度:☆7

こっそり教える使用機材↓

関連ランキング:ラーメン | 蔵前駅浅草橋駅両国駅

アイキャッチ