中毒性MAX!濃厚味噌×カラシビが理性を崩壊させるラーメン池袋『鬼金棒』

アイキャッチ

こんにちは。東京ラーメンタルヒビ機です。

今回ご紹介するのは、以前にも一度ブログで取り上げたことのある“カラシビ”な味噌ラーメンの人気店『鬼金棒』

なんでまた同じ店なのかという話ですが、前回は神田店、今回は池袋店ということで微妙に違うだろうと思ったのがひとつ。
そしてもうひとつは単純に『鬼金棒』のカラシビ味噌にハマったから。

と言うことで、久しぶりにあの中毒性の高いラーメンを食べに行ってきました。

ヒビ機
食いたくなっちゃったなら仕方ないな

中毒性の高いカラシビ味噌を求めて『鬼金棒』へ

外観

池袋駅から徒歩5分くらいのところにある『カラシビ味噌らー麺 鬼金棒 池袋店(きかんぼう いけぶくろてん)』。

独自にブレンドした味噌を使ったスープに唐辛子スパイスと山椒油をプラスした、“鬼に金棒”な「カラシビ味噌らー麺」が人気のお店。
本店は神田にあり、神田店がオープンした5年後の2014年にこちらの支店ができたみたいですね。

券売機

メニューはこんな感じ。

基本は「カラシビ味噌らー麺」とトッピング違いの8本で、その他辛さや痺れ増しのトッピングやご飯もの、ドリンク、テイクアウト商品、お土産と言ったラインナップです。

今回は、神田店の時と同じく「特製カラシビ味噌らー麺」をポチり。

カラシビ表

唐辛子の辛さと山椒の痺れは前回の「次はカラシビを増しにして食べてみようと思います。」という締めの分を完全無視してどちらも“普通”でお願いしました。

スパイシーな味噌の香りと共に「特製カラシビ味噌らー麺」が到着!

特製カラシビ味噌らー麺

待つこと数分。山椒的スパイシーさと味噌の香りと共に「特製カラシビ味噌らー麺」(1,200円)が到着。

食欲を刺激するオレンジ色のスープの上には、角煮チャーシュー、味玉、ヤングコーン、ネギ、ニラなどがトッピングされ、仕上げにシビレオイルがかけられています。

スープは爽やかなシビれと辛さが効いた濃厚味噌テイスト!

スープ

まずはスープから一口。

あ〜! これよ! このカラシビ!

味の構成としては土台に甘みの強い味噌と動物系魚介系の旨味がどしっと構え、その上に爽やかな山椒のシビれと唐辛子の辛味がほどよく効いている感じですね。

系統としては辛味噌かもしれませんが、“辛い味噌”ではなく“中国のなんちゃら料理をベースにしたスパイシーな味噌”なイメージです。

ヒビ機
例えが意味不明だけど複雑で中毒性がある味ってことだな
麺

麺は公式HPを見る感じ自社製麺でしょうか。
少し平たく、中太・中細・細をMIXした“三種混合麺”なる麺とのこと。

啜ってみるとモチンモチンとした食感が心地よく、小麦の甘みや香りもしっかり感じられますね。
色んな形状が混ざっているので一口の中に色々なモチモチがいるのもポイントです。

八角がアクセントになるトロトロ角煮チャーシューも美味い!

角煮

角煮チャーシューは見た目からも分かる通りタレ染みっ染み。
そしてタレは醤油ベースに八角の甘みがアクセントになった中華な味わいで、トロントロンな肉から溢れる肉汁や脂の甘みとのハーモニーがたまりません。

ヒビ機
この甘みが箸休めになるんだよなぁ
味玉

味玉は黄身が固まりきる寸前の茹で加減。
意外とシンプルな味付けなので、口のリセット&辛さ緩和要員ですね。

ヤングコーン

シャキシャキで甘いヤングコーンもいい箸休めに。
余談ですが、このヤングコーンは鬼の金棒をイメージしているそう。

ヒビ機
可愛い豆知識だ

まとめ

甘くて低重心な動物魚介味噌にカラシビが効いた、相変わらず中毒性の高い一杯でした!

もう二回目なので特に付け足すことはありませんが、次こそはカラシビ増しですかね。
あと、肉増しなんかも気になるので覚えていたら食べてみようと思います。

では今回はこの辺で。ごちそうさまでした!

【東京ラーメンタル】のYouTubeやTwitterもよろしくね!

●細かいチェックポイント●
味の重さ:こってり
温度:熱すぎず、ぬるくなく
提供時間:2分(早め)
お冷:セルフ。冷たい
店内温度:適温
混雑具合:平日11時で待ち時間5分くらい
備品:ティッシュ、つまようじ、紙エプロン
卓上調味料:カラシビスパイス、酢

タイプ:味噌
エリア:池袋 / 高田馬場 / 早稲田
推し麺度:☆8

こっそり教える撮影機材↓

関連ランキング:ラーメン | 池袋駅東池袋駅東池袋四丁目駅

アイキャッチ