池袋『まるはな』のタンメンってめっちゃ美味いのになんで行列できないの?

アイキャッチ

こんにちは。東京ラーメンタルヒビ機です。

今回ご紹介するのは、前回ご紹介した『麺処 花田』の姉妹店。
『麺処 花田』の濃厚なラーメンとは対照的に、あっさりとしたタンメンがウリのお店です。

そんな姉妹店は『麺処 花田』の隣にありますが、並びはほぼなく入れるとのこと。
「ということは味はイマイチ?」と安直に考えてしまいますが、気になったので食べに行ってきました。

ヒビ機
花田から出てそのまま入っていったよな

花田の姉妹店でタンメンが人気の『麺屋 まるはな』へ

外観

池袋駅から徒歩6分くらいのところにある『麺屋 まるはな』。

2015年6月オープン。
隣にある『麺処 花田』の姉妹店で、野菜をたっぷり使ったタンメンが人気のお店です。

花田の“トナリ”だからタンメンなんでしょうか。そんなことないですね。
ラーメン好きにしか伝わらないギャグ失礼しました。

券売機

メニューはこんな感じ。
他ではあまり見かけない「つけタンメン」も気になるところですが、今回は看板メニューの「タンメン」をポチり。

強火で炒めた野菜がたっぷり入った「タンメン」が到着!

タンメン

待つこと数分。「タンメン」(800円)が到着。

白濁したスープには強火で炒められた野菜が盛り付けられ、大判サイズのチャーシューが覆いかぶさるようにトッピングされています。
『花田』同様、少量のラー油も垂らされていますね。

スープは香ばしさとコクを感じるあっさり塩テイスト!

スープ

まずはスープから一口。

うっわ、うっま……!

鶏ガラと豚足とかぶ中心の野菜ペーストというスープ。
まず最初にくるのは炒め野菜から来ていると思われる香ばしさ。そしてすぐ後から野菜の甘みとコクのある動物の旨味が来ました。

塩気は丸みを帯びていますがビシッと効き、ラー油のピリ辛さとゴマの香りがいいアクセントになっています。

麺

麺は『花田』と同じであれば三河屋製麺製の太縮れ。
もっちりとした食感で、噛むほどに小麦の味がしっかり感じられる美味しい麺です。

チャーシューも野菜も食べ応え満点で美味い!

チャーシュー

チャーシューは大判のバラ巻きタイプ。
柔らかい肉質ながらも肉肉しい旨味と香ばしさがあって食べ応え満点です。

野菜

野菜は、もやし、きくらげ、キャベツ、豚の端肉などを提供直前に中華鍋でザッと炒めたもの。
シャキッとした瑞々しい食感で、こちらも食べ応え満点。

「野菜食ってんな〜」っていう満足感があるのでヘルシーなはずです。

ヒビ機
デブの言い訳だな……

中盤になったらレモンを絞ってさっぱり味変すべし!

レモン

別皿でレモンももらえます。

例えが下手で申し訳ありませんが、レモンを絞ると香ばしさと動物系の旨味と合わさってタン塩みたいな味に。
レモンとスープの相性もいいので、苦手じゃなければぜひ試して欲しいですね。

ヒビ機
中盤になると塩分に押されるから嬉しいね

まとめ

動物のコクと香ばしさを感じる食べ応え満点なタンメンでした!

「なぜこの味で行列ができないんだ?」と思うくらい美味しかったです。
『花田』に並ぶ時間がないor気力がない時のリカバリーとしてもいいお店だと思います(味噌のメニューもありますしね)。

では今回はこの辺で。ごちそうさまでした!

↓『麺処 花田』の記事はこちら↓

味噌と豚骨の旨味がずしりとくる濃厚味噌ラーメン池袋『麺処 花田』

↓池袋のラーメンまとめはこちら↓

ラーメンライターが厳選!激戦区【池袋】で本当に美味いラーメン店13選!

【東京ラーメンタル】のTwitterフォローしてね!

●細かいチェックポイント●
味の重さ:ややあっさり
温度:熱過ぎず、ぬるくなく
提供時間:4分(標準)
お冷:注いでくれる。冷たい
店内温度:適温
混雑具合:平日12時半で待ち時間なし
備品:紙ナプキン、つまようじ、紙エプロン、ヘアゴム、ハンガー
卓上調味料:酢、胡椒

タイプ:
エリア:池袋 / 高田馬場 / 早稲田
推し麺度:☆8

関連ランキング:ラーメン | 池袋駅東池袋駅東池袋四丁目駅

アイキャッチ