驚異のコスパ!ワンコイン以下で啜れる豚骨ラーメン秋葉原『福の軒』

アイキャッチ

こんにちは。東京ラーメンタルヒビ機です。

突然ですが、“お金はないけど美味いラーメンが食べたい”なんてことありませんか?
ありますよね。ちなみにヒビ機は年中そうです。

さて、今回ご紹介するのは、そんなあなたにピッタリな“ワンコイン”で食べられる豚骨ラーメン店。
安くて美味いを実現し続けるラーメンを食べに行ってきました。

ヒビ機
安かろう悪かろうじゃダメだもんな

ワンコインで豚骨ラーメンを食べに『福の軒』へ

外観

秋葉原駅から徒歩1分くらいのところにある『福の軒』。

2011年7月オープン。
冒頭でも言いましたが、ワンコインで豚骨ラーメンが食べられるお店です。

秋葉原の駅チカという好立地でワンコインで2011年からずっと続いているというだけでもうすごいですよね。

券売機

メニューはこんな感じ。
基本は豚骨の「特製ラーメン」で、後の2つは味の違いですね(1番高いメニューでも580円という驚異のコスパ)。

今回は、基本の「特製ラーメン」をポチり。

お好み

麺の硬さも選べたのでバリカタでお願いしました(黒板にはありませんが、ハリガネも選べます)。

「特製ラーメン」が到着! これで480円だと……⁉︎

特製ラーメン

待つこと数分。「特製ラーメン」(480円)が到着。

お手本的な豚骨スープに極細麺が泳ぎ、チャーシュー、きくらげ、ネギがトッピングされています。

普通のラーメン店のかけラーメン(具なしラーメン)でも500円とかなのに、480円でちゃんとトッピングが乗るのはすごいですね。

スープはクセのないクリーミーな豚骨を感じる王道テイスト!

スープ

まずはスープから一口。

味は見た目通りといった感じ。クセがなく、クリーミーな豚骨の甘みがふわっと広がりました。
この価格なので骨粉を短時間で炊いているかもしれませんが、だとしてもフレッシュで美味しいです。

麺

麺は博多ライクな極細ストレート。
バリカタにしたこともあって、食感はボキボキ。小麦感こそ少なめですが、これは食感とのどごしを楽しむ感じですね。

トッピングは480円のラーメンのクオリティを超えている!

チャーシュー

チャーシューはおそらくバラの煮豚タイプ。
口に入れた瞬間、肉の旨味と甘味を残してトロッととろける逸品です。

ヒビ機
そもそもチャーシューが乗るのが嬉しいな
きくらげ

きくらげはごま油の風味とコリコリとした食感がアクセントに。

まとめ

フレッシュな旨味と甘味が広がるライトな豚骨ラーメンでした!

良い意味でワンコイン以下のクオリティーではないですね。
次はちょっと奮発して(?)マー油あたりを攻めてみようと思います。

では今回はこの辺で。ごちそうさまでした!

【東京ラーメンタル】のTwitterフォローしてね!

●細かいチェックポイント●
味の重さ:こってり
温度:熱すぎず、ぬるくなく
提供時間:1分(早め)
お冷:セルフ。冷たい
店内温度:適温
混雑具合:平日17時半で待ち時間なし
備品:紙エプロン、ヘアゴム、紙ナプキン、つまようじ
卓上調味料:胡椒、にんにく、紅生姜、ごま、醤油

タイプ:豚骨
エリア:秋葉原 / 神田 / 水道橋
推し麺度:☆7

関連ランキング:ラーメン | 秋葉原駅岩本町駅末広町駅

アイキャッチ