鶏ガラ100%の“純白湯”!ふくよかな鶏の甘み広がるラーメン恵比寿『冠尾』

こんにちは。東京ラーメンタルヒビ機です。

今回ご紹介するのは、鶏ガラ以外の材料は一切使わないでとった、鶏ガラ100%の鶏白湯ラーメンが食べられるお店。

一般的な鶏白湯スープは臭みを取るために青ネギや生姜を一緒に煮込みますが、それらを排除した“純白湯”な一杯はどんな味なのか。
さっそく食べに行ってきました。

ヒビ機
ある意味“鶏と水系”な一杯なんだな

鶏ガラ100%の“純白湯”ラーメンを食べに『冠尾』へ

外観

恵比寿駅から徒歩2分くらいのところにある『らぁめん 冠尾(かむろ)』。

2016年11月オープン。
国産素材・無化調にこだわった鶏白湯・鶏清湯ラーメンが食べられるお店で、特に鶏ガラ100%で炊いた“純白湯”ラーメンが人気です。

余談ですが、こちらのお店は下北沢にある『らーめん 桑嶋』プロデュースとのこと。
月曜日には『鴨嶋』として間貸ししているなど、プロデュース業にも力を入れているお店ですね。

券売機

メニューはこんな感じ。
看板となる「純白湯」「鶏清湯」の他、鶏白湯と担々麺を合わせた「鶏担湯」や「辛和えめん」などのメニューもありますね。

色々と目移りしてしまいますが、今回は「味玉 純白湯らぁめん」をポチり。

鶏の甘い香りと共に「味玉 純白湯らぁめん」が到着!

味玉 純白湯らぁめん

待つこと数分。鶏の甘い香りと共に「味玉 純白湯らぁめん」(950円)が到着。

クリーム色のスープに中細麺が泳ぎ、2種類のチャーシュー、味玉、キャベツ、玉ねぎ、いんげん、マッシュルームがトッピングされています。

スープはクリーミーな鶏の甘みが引き立つ濃厚テイスト!

スープ

まずはスープから一口。

めっちゃクリーミー! これ美味いなぁ……!

スープを口に含んだ瞬間、クリーミーでふくよかな鶏の甘みがふわっと広がりました。
鶏ガラ以外の材料を使ってないということで鶏臭さが少し心配でしたが、全く臭くないです。

また、モミジ(鶏の足)や手羽先でガンガンに炊いた「鶏の甘みガツンと感じさせたるで!」みたいなタイプではないので、甘みに繊細さを感じますね。

麺

麺は村上朝日製麺製の角のある中細ストレート。
少し芯のあるポキポキとした食感が心地よく、小麦の風味もしっかり立った麺です。

ヒビ機
スープとの絡みもいいな

一手間加えられたトッピングも文句なしに美味い!

チャーシュー

こちらは炙りのももですかね。
口に入れた瞬間に炙りの香ばしさがふわっと広がり、噛むと肉の旨味が溢れる逸品です。

チャーシュー

こちらはむねでしょうか。

ほんの少し水分が抜けているような気もしましたが、肉質はしっとりやわらか。
この手のチャーシューでありがちな鶏臭さも感じません。

味玉

味玉は黄身の中心がトロッとした半熟タイプ。

黄身に少し酸味を感じる、なんというかマヨネーズ的な味がしました。
ヒビ機の舌がおかしいだけかもしれませんが、これはこれで面白くてアリだと思います。

ヒビ機
トッピングの仕事も抜かりないな

まとめ

クリーミーでふくよかな鶏の甘みが広がる鶏白湯ラーメンでした!

ヒビ機が鶏白湯を食べるときに一番気にする“鶏のムワッと感”がない食べやすい一杯だと思います。
この感じだと他も期待できそうなので、「鶏清湯」「鶏担湯」も食べたいですね。

では今回はこの辺で。ごちそうさまでした!

【東京ラーメンタル】のTwitterフォローしてね!

●細かいチェックポイント●
味の重さ:こってり
温度:熱すぎず、ぬるくなく
提供時間:3分(早め)
お冷:2杯目からセルフ。冷たい
店内温度:適温
混雑具合:平日11時半で待ち時間なし
備品:紙ナプキン、つまようじ、紙エプロン、ヘアゴム、ハンガー
卓上調味料:昆布酢、自家製辣油、青山椒、黒胡椒

タイプ:鶏白湯
エリア:渋谷 / 恵比寿 / 代官山
推し麺度:☆8

関連ランキング:ラーメン | 恵比寿駅代官山駅中目黒駅