ハッとするほど旨味が強い!地鶏を凝縮した芳醇塩ラーメン京成立石『自家製麺 純』

アイキャッチ

こんにちは。東京ラーメンタルヒビ機です。

今回ご紹介するのは、地鶏をふんだんに使った無化調スープ&自家製麺のラーメンが人気のお店。
東京にはもはや飽和状態と言っても過言ではないほどこの手のラーメン店が増えていますが、それでも人気ということはきっと美味しいはず。

ということで早速、地鶏の旨味が凝縮された一杯を食べに行ってきました。

ヒビ機
ここ数年で本当に増えたよな

地鶏の旨味が凝縮されたラーメンを食べに『自家製麺 純』へ

外観

京成立石駅から徒歩2分くらいのところにある『自家製麺 純』。

2019年6月19日オープン。
ラーメン職人養成学校『食の道場』出身の店主が営む、地鶏をふんだんに使った無化調スープ&自家製麺のラーメンが人気のお店です。

券売機

メニューはこんな感じ。
メインは「地鶏(醤油)」「地鶏(塩)」「煮干し」に、予告日提供となる「地鶏白湯」を合わせた4本。その他「和え玉」やごはんもの、ドリンクやおつまみと言ったラインナップですね。

今回は、“当店イチオシ”の札がある塩メニューの「味玉地鶏(塩)」をポチり。

鶏の芳醇な甘い香りと共に「味玉地鶏(塩)」が到着!

味玉地鶏(塩)

待つこと数分。鶏の芳醇な甘い香りと共に「味玉地鶏(塩)」(880円)が到着。

鶏油が浮かぶ黄金スープに自家製麺が泳ぎ、2種類のチャーシュー、味玉、つくね、穂先メンマ、海苔、ネギがトッピングされています。

スープはハッとするほど鶏の旨味が強いふくよかな味わい!

スープ

まずはスープから一口。

うおっ! この鶏はすごいぞ……‼︎

スープを口に含んだ瞬間、ふくよかで奥行きのある鶏の旨味と香りがブワッと押し寄せてきました。
ハッとするほど鶏の旨味が強いのに、嫌な臭みは一切なし。塩味も非常に柔らかいタッチなのでゴクゴク飲めてしまいます。

ヒビ機
温度が下がってくると乾物っぽい旨味がじわじわ顔を出すのもいいね
麺

麺は全粒粉入りで角のある細ストレート。
パツンパツンとした心地いい食感で、噛むたびに小麦の香ばしさがふんわり広がる麺です。

後半になっても麺のコシがバテないのもポイントですね。

しっとりジューシーな低温調理のチャーシューも美味い!

チャーシュー

こちらは低温調理の豚レアチャーシュー。
カリッと香ばしく焼き上げられた外側としっとりジューシーで甘みの強い内側のコントラストが楽しい逸品です。

チャーシュー

鶏も低温調理のレアタイプ。
歯が沈むようなもっちりとした柔らかい肉質で、噛むと肉汁がジュワッと溢れ出してきました。

この手のチャーシューの中でもとりわけ水分量が多く、“鶏を熟知していないと作れないチャーシュー”な感じがしますね。これは手放しに美味しいです。

味玉

味玉は黄身の中心がやや生な半熟タイプ。
もう少し火が通っていると黄身の良さが出る気がしたので、これだけは少し惜しく感じてしまいました。

ヒビ機
ここら辺は好みの問題だな

まとめ

ハッとするほど強い地鶏の旨味が感じられる、芳醇でふくよかな塩ラーメンでした!

冒頭で「東京ではこの手のラーメンは飽和状態」と言いましたが、このクオリティなら人気にならないはずがないですね。
次来た時は人気No.1の「地鶏(醤油)」を食べてみようと思います。

では今回はこの辺で。ごちそうさまでした!

【東京ラーメンタル】のTwitterフォローしてね!

●細かいチェックポイント●
味の重さ:あっさり
温度:熱すぎず、ぬるくなく
提供時間:4分(標準)
お冷:セルフ。冷たい
店内温度:適温
混雑具合:平日12時半で待ち時間なし
備品:柚子七味、一味、酢、胡椒
卓上調味料:紙ナプキン、ティッシュ、つまようじ、紙エプロン、おしぼり

タイプ:
エリア:千住 / 綾瀬 / 葛飾
推し麺度:☆8

関連ランキング:ラーメン | 京成立石駅青砥駅

アイキャッチ